FC2ブログ

まだ仕事が・・・

 ハイペースで就職活動したけれど、まだ仕事はきまっていない。いろいろ振り返るといろいろな職場があった。僕の印象ではよくここで勤務できるなぁというところもあってショックを受けた。それでも頑張って働いている職員がいるので、不満がありつつもここだけは好きだというところを持っているのかもしれない。
 面接や見学を重ね、帰り道の足取りは重かったけれどなんとかこりずに言語聴覚士の仕事を探し続けている。言語聴覚士以外の仕事で話を聞きにいったこともあったけど業務が僕には合わないとのことで勤務するまでには至らなかった。
 僕は言語聴覚士の資格をもっている。言語聴覚士の養成校を卒業し、国家試験に合格した。いくつかの病院に勤務し、新人でもなくベテランでもなく中途半端なポジション。前の病院をやめてずっと就職活動しているがまだ決まっていない。他の医療の仕事に比べて求人数は少ない。求人数は少ないけれど、ここ数年で言語聴覚士の養成校が増え、毎年新しい言語聴覚士が増加している。
 今後卒業した言語聴覚士がどのようなところに就職するかはわからないが、場所を選ばなければあるとか、非常勤やパート、主に老人が入所している施設への求人がぽつぽつと出ているといった感じだ。病院に勤務している言語聴覚士は多いけど、医療費削減や診療報酬、介護報酬改定のたびに、病院の経営に影響することがあるので、余裕のあるところは雇えるし、余裕のないところは雇いたいけど雇えないというのが本音かもしれない。リハビリに力を入れている病院で言語聴覚士がたくさん勤務するところもあれば、1人しかいないところもある。病院で言語聴覚士を雇い、言語聴覚療法を行って患者さんからお金をもらうには8㎡の専用の訓練室が必要であることが決められている。このスペースの確保が難しい病院がある。専用の訓練室と決められているにもかかわらず、ロッカー室と兼用したり、物置と兼用したり、小屋みたいなところがあったり、よくこんなところで患者さんと訓練できるなと悲しく思う。訓練室の雰囲気も大切だと思う。空気は悪いわ、壁は汚いわ、狭いわじゃ衛生上悪い。
 こういう現場をみるたびに心を痛め続けた。部屋をどうにかしてほしいと病院側に訴えても改善は難しいかもしれない。患者さんからの投書でもあれば考えてくれるかもしれないけれど。
 言語聴覚室に限らず、老朽化した病院はすべてが古い。わずかの間だけ入院生活を送るにしてもきれいな病院のほうがいいと思う。今、病院の建て替えが増えているように思う。マンションの耐震の問題が話題になってから、病院の耐震問題もちゃんと考えていかなくてはいけないと思う。そんな病院新築時に言語聴覚室の設置をしてくれればいいんだけど、忘れられているというか、どうでもいいというか、まだまだこの仕事が知られていないんだなって思うことがある。これから病院を新しくするところはぜひ、言語聴覚室を設置してほしいと思う。水周りがあったり、景色が見える窓があったり、ある程度音がもれない静かな場所が用意できれば理想だ。
 このまえ、新築病院の見学会に行ってきたけど、残念ながら言語聴覚室はなかった。ただ病室はきれいで、ホテルのようだった。この病院にはもともと言語聴覚士はいなかったし、これからも雇う予定はないんだと思った。診察室には窓がなかった。いくつも診察室があって裏の通路で行き来できるようになっていたけど、空気がにごりそう。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ