FC2ブログ

どうして落ちるのか?

 STの国家試験は難しい。今年の合格率は62.4%。これは新卒と既卒の合計なので、新卒だけでみると73.8%、既卒だけでみると38.3%。既卒の合格率が低いのは、試験勉強に集中する時間がないのかもしれないし、他にも理由があるかもしれない。新卒だけみればそんなに悪くはない合格率だと改めて思う。平均以下の養成校をどうするのか?これが僕に託された課題だ。
 僕が暇そうにしているからこのような話が舞い込んできたと思うが、まだ具体的にどうこうするかは決めてはいない。僕が今更試験勉強しても仕方ないし、何をどうすれば合格率が上がるのか?学生に頑張ってもらうしかないと思っている。過去の試験問題を見て、知らない内容というか聞いたこともないことが出題されている。この試験問題で100%の合格率を出している養成校は本当にすごい。どんな勉強法で取り組んでいるのか知りたい。
 僕自身もそれなりに考えてはみるんだけど、やっぱり大変だ。僕が思いついた勉強法が採用されるとも限らないし、今後の話し合いにもよるけどあまり深くかかわっても僕のためにはならない。
 自分の過去を振り返り、学校を卒業すれば試験を受ける機会というのは減っていく。
 大手予備校ならつねに、有名大学に合格するためのプランの開発に取り組んでいるのかもしれない。STの試験に合格するプロなんてどっかにいるのだろうか。やっぱり合格率100%の養成校にはそのようなプロがいるのかもしれない。
 僕自身、試験勉強は苦手。高度専門士ができたおかげで4年制養成校が増えつつある中で4年間の在学中に心変わりする学生もいるかと思う。実際に自主退学する学生もいるし、2年制に比べると辞める学生も多いかもしれない。進級が比較的楽な学校もあれば、留年させる学校もある。進級が楽だと国試の合格率が下がりそうな気もするし、単に記念受験で受けられると合格率が下がってしまうのも仕方ないと思う。家の経済状況を考えると留年させるのは経済的負担が大きくなると思う。それなら国家試験は落ちても卒業だけはさせてくれる学校の方が良心的かもしれない。卒業さえすれば受験資格は得られるから都合のいい年に受験すればいいと思う。
 みんなが合格できるような簡単な試験ならいいんだけど、まだまだ難しそう。講師だって教え方は違うし、試験に出るところだけ教えるなんていうのも変だろう。まだ8回しか行われていないので、まだ出ていない項目から作ろうと思えばいくらでも新しい問題が作れそうな感じだ。範囲が狭いところは似たような問題がでるかもしれないが、範囲が広いところは予測が難しいと思う。
 STの試験じゃないけど予想問題っていうのを買ったことがあるけどちっともあたらない。僕には合わなかった。そしてテキストだけ読むというやり方も失敗した。やっぱり何か違う発想や考え方を取り入れていかないと失敗するのかなぁと今まで受けた試験を通して思った。それが得意分野じゃなければないほど、何らかの力をかりたほうが効率があがると思う。これもたまたまいい本を見つけたとかいい勉強法に出会ったとかいう偶然はあると思っている。
 ただ、STに関しては過去問題は売っているけど、合格に導くような攻略本は出ていない。8回分ではまだ作れないかなぁ。当時、講習会テキストがあって僕はこれを使って勉強したけれど、今は、いくつか似たような本が出版されている。例えば言語聴覚士テキストや言語聴覚障害学は国家試験出題基準にそってまとめられている本だと思う。ただ内容にはだいぶ差があるし、この本だけを読めば必ず合格できるというものではないと思う。時間があれば自分の苦手な分野の本を読むのも悪くはない。要領のいい人たちは短期間の勉強でも国家試験に合格できる。僕のように要領が悪い人は失敗すると何度も落ちてしまう。
 僕は国家試験の問題でこれがわからないから解き方を教えてとか問題の答えを教えてとか聞かれても答えようがないと思っている。もともと全ての分野の知識なんて頭に入ってるわけでもないし、苦手な分野も多々ある。僕が関わっても関わらなくても合格率はそんなに変わらないと思う。先月から仕事が決まらないせいで体調が悪くなり、この仕事の話のせいでさらに悪化してしまった。卒業認定・進級に甘い学校が試験の合格率もあげてほしいとうのは欲張りじゃないかと思う。そしてこの仕事の賃金が安い。何かと比較しようがないので高い、安いとは言えないんだけど、僕は不満だ。安いとは伝えたけど、安いから辞めるとは言っていない。
 どうせ試験勉強するなら他の勉強がしたい。教材を買って準備していた矢先だったので、買った本がもったいないなぁと思っていた。2006年版と書いてあるし、来年は使えない本なのかなぁ・・・。でも自分のやりたいことを優先させたいとは思っている。段々年をとると試験勉強も大変だし、若いときにやっておけることはやっておきたいと思う。
 僕は他の養成校の事情がよくわからないけど、実際、国家試験の合格率はつねに気にしているのだろうか?何らかの対策を講じているのだろうか?学校に勤務していて国家試験の合格率がどうすればあがるのだろうと悩んでいる人はいるのだろうか?僕はどこまで関われるかわからないし、新しい勤務先が決まるまででもいいので協力して欲しいということなので仕事がちゃんと決まれば関われなくなってしまうが、現在、養成校で僕と似たような問題を抱えている人がいれば少しでもいい解決策が浮かべばいいと思う。
 そして試験問題を作る人はあまりひねくれた問題を出して欲しくない。
 いずれ国家試験受験合格だけに特化したSTのプロが出てくるんじゃないかと思っている。ST予備校はビジネスとしても成立しそうだ。
 病院の収益が悪化しているところで勤務しつづけられる保障はない。高齢者の福祉施設の勤務に関しても、将来的にどうなるかはわからない。社会保障費を抑制すればそのしわ寄せがくる。そんなSTが今後どの領域で活躍できるのか、活躍できる場をどんどん開拓していかないとだめかもしれない。試験は難しい、就職先がないじゃお先真っ暗だと思う。医師のように産婦人科医が不足して困るとかそういう話題はSTにはまだないし今後も話題になるかどうかすら不明。医師不足に関してはニュースになる。離島に医師がいなくなったら大変だとか、確かに住んでる人にとっては大変だと思う。
 話が変わって、以前から来て欲しいと言っている病院のバイトの件だが家から遠いのでなかなか引き受ける気にはなれずにいた。常勤でも構わないようだが、家を出る気はない。家にお金を入れて生活していたほうが楽だ。週3日で勤務時間も通勤に支障が出ないように考慮してくれるようなことは言ってるが、給与の額がどのぐらいになるかが問題だ。僕の年収が低ければ低いほどいつまでたってもローンが組めないし、大きな買い物ができない。いきなりフルタイムで働くよりも、知ってる人と仕事して体をならしていったほうがいいんじゃないのと言ってくれるのはありがたいんだけどいたずらは困る。精神的に癒されたいそうだ。なんともかわいそうな話というか情けないというかどこまで本当なのかわからない話だ。電話でしょっちゅう話しているのにわざわざ会ってまで話したいことなんてないのにって思うけど。家から近ければ本当に悪くはない話だとは思っている。交通費だけでも往復4000円はかかるし、通勤時間もかかる。そして、数時間の勤務だけの時給を払ってもらうわけだが、いまどきどこにそんな余裕がある病院があるのかと疑ってしまう。その人の権限がある程度強いから交渉してもらえるとは思うんだけど、なんかこわい。
 また新たに履歴書を送ってみた。複数職場でうまくやっていける自信はない。1人の方が気楽。でも1人職場のところを探すのは大変。今まで受けてはきたけど落ちてきた。年齢の問題もあるし、今までいるスタッフが僕よりも若ければ書類選考落ちだろう。でも最低20万以上はないと今後の生活にかなり影響が出てくる。10万だけでいいというのは年内が限界だ。どんどんお金がなくなっている。最低健康保険と年金だけは払っていきたいと思っている。
 試験勉強なら最近合格した人を雇った方がうまくいくんじゃないかと思うし、病院のバイトの件もそこまでしなくてもいいんじゃないかと思っている。僕には悪い霊が取り付いているのだろうか。世の中無駄なことが多いと思うんだけど、無駄とは知りつつも生きていかなくてはいけない現実が嫌になる。僕が思う無駄なことが無駄ではないんだという気持ちに切り替わらない限り僕はずっと不満を抱え続けるだろう。気楽にやればいいんだろうけど気楽にできないのが辛いところだ。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ