FC2ブログ

不安要素

 以前、履歴書を送ったところから採用試験をしましょうということで、ずいぶん待たせたなぁと思いつつ、断る理由もないので受けてみようと考えている。ただ、ここは複数職場になるので気にはなる。そして部屋の問題。病院見学しても構わないそうだが、ちょっと見学に行くのが面倒だ。また小屋みたいな部屋だったり、1つの部屋を共有とか、部屋自体がないとかあるかもしれないなぁ。僕は部屋運がないので。部屋の件ではこれでもかというばかりにつくづくがっかりさせられることが多かった。
 いたずらの病院と学校の件は保留。いたずらの病院は時給3000は無理だけど僕が言った最低条件の2500はなんとかなると言っていた。学校は仕事が決まるまで行っても構わないと思うけど、僕が行って合格率が上がるかというとそうではないので適度に関わっていたほうがよさそうだ。やっぱり時給が安いのでほとんどお金にならない。朝から夕方まで勤務してもいいんだけど、関われば関わるほど目標を果たせなかったときのショックが大きくなる感じなので長くいようとは思えない。
 僕が気になったのは過去問題を渡していないこと。学生に過去問題の本を個人的に買ってもらっているようだ。過去問題の本って数回分しか載っていないし、説明は書いてあるのだろうか。中身を見ていないのでよくわからないけど。過去問題がすべてとは言わないけど、持っていて損をすることはないと思う。学校のほうは希望者には渡すのかもしれない。
 僕は以前の記事に学校の試験対策はやりすぎだと書いた。やりすぎて中途半端になってしまうのではないかとも思っている。
 国家試験出題基準という本がある。これはそんなに高くはない。これに載っている項目を中心に自分で整理していくのもいいと思うし、整理された本も売られている。ただ、整理されすぎてわかりにくいところもある。僕は最初に国家試験出題基準の本があるかどうか確かめたんだけど、さすがにあったのでよかった。もしなかったらこの学校はおかしいのではないかと思っただろう。
 試験の問題文を読んだだけでもえっこれ何を問う問題?知らない、聞いたことがないというような問題も多々ある。
 これを出題基準に照らし合わせると、全く関係のない問題は出ていないような気がする。ただ出題基準は小項目でも出題者によって捉え方が変わってくるような項目なので、そこが難しいところじゃないかと思っている。難しいとはいっても100%合格率を出している学校もあるので、本当に難しいかどうかはわからない。学校も競争なのかもしれないけど、100%合格率を出しているところは勉強法を公開したらどうだろう。それをみんながまねをしてどこまで合格に近づけるのか見てみたい。
 大卒と高卒の学力の差や勉強に対する意欲の差はかなりあるだろうか。大学受験に失敗して専門学校に行くパターンもなくはない。
 専門学校自体の不備も多々あるかもしれないので合格率が上がらない要因はいろいろ絡み合っているものと思う。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ