FC2ブログ

リハビリ難民

 リハビリ難民なんていうことばが使われるようになるなんて思ってもみなかったけど今年の診療報酬改定により、算定期間に制限がもうけられたことにより、患者はリハビリを続けることができなくなる。
 維持は×で改善が期待できる場合は○。今後いろいろなデータを集めて来年以降その結果が出されるようだけど。
 僕の患者をみて、言語訓練に限っては本当に必要かと思うときもある。その中で診療報酬を請求しているわけだけど、全体の医療費のどのぐらいの割合がリハビリなんだろう。リハビリが必要かは医師が決めてというのは納得がいかないところもあるけど、ちゃんと本人、家族の確認をとってからではないとまずいと思う。なぜリハビリが必要なのかという根拠が明確ではないからなんでもかんでもリハビリしてお金をもらいましょうということになってしまうんじゃないかと思った。リハビリは維持でもなんでも続けてもいいとなるとリハビリの診療報酬を引き下げられるだけのような気もする。実際、リハビリが続けられればいいのだから。患者の問題は解決できても、今度はリハビリ従事者の給与が適正に支払われるかという問題が出てくる。いくら患者のためでも生活苦になってまで業務をし続けるのも大変だろう。リハビリ従事者の給与は職場によってまちまちだけど、これからは経験加算が減っていきそうな予感。
 話は変わってリハビリ従事者だけでも指示なしで診療報酬が自由に算定できるようになればいいと思っている。僕は注意事項以外の指示は絶対的なものとは思っていないし、言語訓練の適応が難しい患者に関しては難しいと返答してもいいのではないかと思っている。それでいい気をしないのはオーダーした医師だけかも。どうしても言語訓練を希望したいという人もいるけれど、ちゃんと話し合って必要でなくなる場合もある。そして、本人の希望が確認できない場合が結構多く、医師ー患者・家族間でリハビリの話を進められるよりも、患者・家族が直接リハビリ室まできて、リハビリ士たちが診断、評価すればいいんじゃないかと思っている。医師の業務負担も少しは減ると思うし、任せられるところはどんどん任せていくべきだと思う。リハ士たちにももっと強力な責任が発生するだろうし、診療の補助行為ばかりにしばられている今の医療体系が医師中心からコメディカル中心にならないかなぁなんて思う。各職種のスキルアップも少しずつ進んでいるようだし、コメディカルの学士、修士、博士課程も増えつつある。ただ学問的、技術的に深められても、実際の業務で生かすことができないと意味がないので、いつまでも医師が偉いんだぞというシステムを変えられたらいいと思う。
 医師の数を増やしても楽な業務を選ぶだろうし、准医師という表現も変だけど、高い学費を支払わなくても、頭が悪くても入れる学校ができれば理想。別にそんな学校を作らなくてもコメディカルスタッフに自由な裁量を与えてくれればいいんだけど。
 医療の専門化、細分化、コメディカル職種の増加の結果、少子高齢化で長期入院をせざるおえない高齢患者たちは医療がいくら発達してもどうしようもない問題ばかりを置き去りにしているだけという悲しい結末になっている。
 健康で長生きすることがいちばんいいことなのか?平均寿命が延びることがいいことなのか?長い予後を楽しめる人はほんのわずかじゃないかと思う。僕はそんなに長く生きたいとは思わない。単に仕事が嫌だからなのかもしれないけれど。
 また明日から仕事かと思うと憂鬱になる。夜の睡魔がかなり早く襲ってくる。23時まで起きるのが辛い。好きなドラマのストーリーがわからなくなる。
 通勤下車して僕の好きな家電量販店、本屋に先週は行くことができなかったけど、定期があるので休日も自由に行けることができる。
 髪をカットしてよく思うんだけど、美容室や理容室は人間が全員毛が生えてこなくなるまでは、必要な仕事だと思う。一生伸ばしたい人は少ないだろう。少なくとも、医療関連よりかは仕事内容が明確だし、絶対ないと困るという仕事だと思う。そういう暮らしにかかせなくて絶対ないと困るような仕事に就きたかったかも。そういう仕事って意外と少ないかも。
 また就職活動したほうがいいかと思っている。言語かそれとも別の仕事か?言語になるともう5度目の職場になるし、面接でいろいろ聞かれるのも辛いものがあるし履歴書に書くのも面倒になってくる。もうこの仕事は僕にはむいていないのかもしれない。今度は仕事が決まってから辞めたい。
 
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ