FC2ブログ

頭痛

 朝から頭痛だ。電車は遅れ、降りたら前にいたおじさんがおじさんに対してすごい怒っていた。肩で相手の体を押し、何が理由で怒っていたのかわからなかったが不快な思いをした。乗車のマナーをきちっと守れる人もいれば守れない人もいるし、我慢できずに注意する人もいれば、何も気にしないようにする人もいる。通勤にこんなに気をつかっていたら疲れる。
 今日はなぜかインフルエンザの勉強会に参加した。ちょっと場違いじゃないかと思ってしまった。ワクチン接種で70%予防できるようだ。効果が出るまで2週間かかるようだ。そんな初めての知識を製薬会社の人から学んだ。
 その後、院長につかまり、僕がもっと嚥下に関われるように、看護師と勉強会をしていこうとかうまくいけば学会発表もとかいろいろ勝手に構想しているようだった。僕は、看護師が忙しくて嫌がってるならそんなことする必要はないと言った。看護師からぜひにといってこない限り難しいと思う。元気になったらいけない病院なんだから。重症の患者さんを集めないといけないのだから。院長は僕に働きやすい職場を作ってあげたいとは言ってくれている。PT室からいきなりカラオケが聞こえてきて、僕はちょうど構音の検査をしていたところだったのでいらいらしてしまった。丸聞こえだった。来週、ドアだけ交換するが、音は遮音されるかどうかが疑問だ。
 右半球損傷の方でOTがコミュニケーションにも問題があるから見て欲しいとのことで確かに問題があった。一点集中とういうか挨拶程度の言葉は発するが、それ以外の言葉はでなかった。ぼんやりしている感じだ。診断名には高次脳機能障害とある。CTを撮ったみたいで見ようかと思ったら読影の医師のところにまわされていて見れなかった。院長に読影の非常勤の先生を紹介してもらおうと診察室まで行ったがもう帰っていた。読影の先生の所見が読みにくいと院長に言っておいた。この右半球損傷の方の主治医に家族がもしSTを希望するなら僕に言ってくださいと伝えておいた。僕が関わってもどうなるものでもないというのも伝えてはおいた。医師は形だけでもかかわっていたほうがいいだろうという考えだ。僕はここの病院に来て本当によくしゃべっていると思う。医師としゃべる機会なんてほとんどなかった。院長なんてまずしゃべる機会がない。こういう病院もあるんだなと関心している。院長がこの病院の医師はみんな一匹狼でよそで勤めてきた寄せ集まりのような感じだといっていた。
 僕は金に困っている。1年半以上も仕事をしていなかったのだから貯金もなくなる。ただ僕自身の意欲の低下が止まらない。Xも意欲が低下している。親にも申し訳ないが、僕が仕事を辞めれば家を追い出すようだ。それも困るなぁと思うけれど、今は実習生もいるからなんとか頭痛でものどの痛みがあっても通勤しているけど、実習が終われば、僕はますますいる意味がないということに悩まされるだろうと思う。
 少しずつ症例報告書を書いてもらっているけれど、書き方忘れた。院長に食事でも連れて行ってもらいたい。
 風邪薬のPLでももらおうかと思ったけど、やめた。やっぱりお金はかかるけどかかりつけ医のほうが安心する。
 そろそろカレンダーが欲しいんだけど、この病院はどこでもらえるのかがわからない。
 早く体調がよくなりますように。マイナス思考が止まらないし、少しはやりがいも求めたいんだけど、求めてはいけないのかなぁ。
 新人のリハスタッフはどう感じているんだろう。実習生と話しているほうが気楽なんだけど、いつまでもいるわけでもないし、スタッフとの会話がうまくいくかどうかが心配だ。やっぱり話題が合う人ってなかなかいない。
 先週の土曜あたりの朝日の朝刊で麻酔科医の記事があり、医師の仕事にとって大きな報い、エネルギー源は感謝されることだと述べている。STの仕事も同じだと思う。患者に感謝されないどうでもいいような業務内容でこのまま続けられるとは思えない。
 今朝の朝日新聞には失語に関する記事が載っていた。シリーズもののようだ。
スポンサーサイト



ひねくれた僕

 実習生の運構の検査の手際の悪さにいらだってしまった。最終実習で初めてというのだから仕方がないのかもしれないけど、ひどすぎる。
 僕が絵カードの説明をしている患者を担当させたところ、僕が指示したプログラム以外のことを勝手に考え出し、歌をやることを考えていたようだ。僕は歌は邪道だと言っている。今までの実習先では歌が多かったようだが僕は歌をしたことがない。僕はGさんが勤務して担当患者さんをうけもったら歌でも何でも好きにしたらいいと言った。歌が好きな学生なのかな。
 患者もいないし、暇だし、ほとんど2人でST室にいるけれど学生のためにはならない実習先だとつくづく思った。なるべく雑にならないように、改めて丁寧に指導しないといけないなとは思った。
 辞めるかも知れない・・・なんて実習生に話はするけれど、どうなることやら。僕はまだまだリハビリたちになじめていない。実習生が去ったら一気に緊張感が抜けて、ますます仕事をする気がなくなるかも。
 xが仕事を辞めたがっている。僕はもったいないと言ってるんだけど、憂鬱みたいだ。そんな時期も乗り越えられたらいいんだけど。今、辞めても再就職は難しい。そう伝えてはいるんだけど、辞めたいようだ。僕も辞めたいけれど、昼食時に院長がここで勤務していてご両親はどう思っていますか?みたいなことを聞いてきたので、ずっと仕事していなかったし、なんとか続けて働けるようにと思っているんじゃないかみたいなことを言った。僕は親不孝かもしれないけれど、仕事が続かない。今回も、患者層が悪いというのが大きな理由だ。シリンジと綿棒頼んだけどいっこうに来ない。僕が勤務する病院はいかに重傷度の高い患者さんを入院させるかで売上が維持できるかどうかが決まってくる。だから訓練してよくなられても困るような感じだ。すごい矛盾というか、やっぱりSTはいらないんだと思う。給与泥棒だけど、しばらくいさせてもらおうかな。実習生が去ったあとリハビリたちが総攻撃してきたりして。うちの病院はリハカルテがあるけれど、なぜか主治医じゃなくてリハ医が訓練のある日のすべてに何らかのコメントを書いてる。これって必要なことなの?って疑問に思ったけど前の病院ではなかった。院長がSTのカルテを見て不思議そうに感じていた。僕はカルテにはたいしたことは書いてない。普通の人が見たら何をやっているのかわからないかもしれない。院長お疲れさま。
 僕はまだのどが痛いけれど、あさってまでよくならないとまた薬をもらわないといけない。
 すごーく1日が経つのがおそいんだけど、学生と話をしたりしながら時間をつぶしている。もう実習生はこれで最後にしたい。慢性期で実習っていったって何も学ぶことはない。

アンラッキーデー

 あいかわらずのどが痛い。嚥下痛もある。そして今日はアンラッキーデー。3時前に起きてしまい、ずいぶんはやないなと思いつつ、仕方なく起きている。実習生よりもバイザーのほうが眠れないなんて変かも。僕の場合常時飲んでいる薬の影響なのかななんて思っている。
 友達のXが職場をやめたがっている。リハスタッフの増員の計画があるらしく、大所帯は嫌だと。他にも辞めたい理由はあるんだろうけど、通勤は楽だし、1人職場だし、ずっといたらどうって言ったけれど、どうするんだろう。僕も辞めたいけれど、お金がないと困るし、これがしたいというものがない。

のどの痛み

 今日ものどが痛かった。少し熱もあったかもしれない。ST室が寒くて、体がだるかった。疲労度もまし、気分は落ち込む。患者に関してはまかせるところは実習生にまかせて僕は休んでいる。患者と関わるとさらに熱が増しそうだった。
 実習生の教員がきて、いろいろ話を伺い、教員の仕事はどの人たちも大変なんだなと思う。なのに教員をやっているのか不思議でしかたがない。
 お互い初対面で、僕は経歴を書いた紙を差し出し、大体のことを把握してもらった。僕よりも年上の方だったので、運構の検査のやり方等聞いていた。
 リハ科長が実習生のおつかれ会をやりましょうかと提案してくれたけどお断りした。僕は実習生と飲み会を開くつもりはない。
 実習を引き受けて後悔しはじめている。なるべく実習生は受けたくはない。
 今日も家族に予後等の説明をしたけど、どうしてそこまで期待するんだろうって思ってしまった。この家族たちは毎日のように患者に面会し、元通りになることを願っているようだ。まだ訓練日を決めてないのに、ご主人が昨日来て、今日は訓練ありませんか?なんて聞いてくるものだから、今日はないんです、また他の日に行くと伝えた。失語の本を読んだらしく、50音表は使ってはだめなんですよねとか言っていた。
 自分にお疲れ様。

体調不良

 朝からのどが痛いので、手持ちの炎症を抑える薬を飲んで様子をみてたけど、うがいぐすりが欲しいなと思い、勤務先で頼んでみた。そしたら僕の希望したうがいぐすりが置いてなくて、抗生物質とPLとイソジンを処方していたものだから全部いりませんと言っておいた。ここの病院のシステムは紙に症状を書いて受付に出し、それを見てドクターが薬を処方するという感じなので診察は希望者しかしないようだ。たまたま僕の紙を目を通したのが院長だったわけだけど、院長から電話がきて、僕が処方して欲しいうがいぐすりは置いてないってことでイソジンはだめか?というので僕はいらないですと答えた。それから気になったので院長のところまでいって、外来の看護師に処方取りやめしてくださいと伝え、カルテにはバッテンがつけられていた。
 勤務先は治療代、薬代がただだ。だから薬名や量がわかる人は好きに書いていいと思う。僕も、だいたいのどの痛みのときはこの薬っていうのがあるのでそれがあればそれを処方してもらいたいと思っていた。医師によって処方が違うのでやっぱりかかりつけ医に診てもらった方がいいかと思った。お金はかかってしまうけど。院長には悪いことしたかなぁとあとで思いつつ、院長がこの病院に長く勤務していただきたいですからというものだから、この院長は本音でそんなことを言っているのかと疑ってしまった。
 朝、患者をみて、この患者はよく拒否をするので、今日はどうかなと思いつつ近づいたらやっぱり拒否で、筆談ができるので、言語訓練希望しますかとたずたところ、希望しないと紙に書いていた。そして僕はサインも書いてくださいというと名前を書いていた。この主治医が週1でも2週1でもいいから関わってほしいと言ってたんだけど、改めてお断りしようかと思っている。
 これからこんなことの繰り返しじゃ売り上げもあがらないし、体調はおかしくなるし、もうだめかなって思った。年内もてばいいけれど、苦しい。
 僕は、失語にしろ、運構にしろ、長々と訓練をやる必要はないと考えている。失語には算定制限はないけれど、何年もやる意味があるのかどうかは疑問に思う。単に訓練に依存しているだけにしか思えない。ベテランSTは何年も同じ患者をみているけれど、そこまで患者さんをつなぎとめないといけないのかなと冷ややかな目でどうしても見てしまう。
 病棟のクラークにPTを目指してる僕と同じ年の人がいるので思い切って話しかけてみた。夜間で勉強しているようだ。まだ1年生だけど大学は中退したようだ。僕とは違って見た目も悪くはない。結婚もしていると思う。これから4年後のリハビリなんてどうなっているかはわからない。
 僕はますますリハビリの業界が悪化するのではないかと思っている。それでも勉強したいと言うのだから本当にすごいと思った。
 のどの炎症、皮膚の炎症、心の炎症・・・僕は疲れている。昨日もリンカーンを見れずにテレビをつけたまま眠ってしまった。今朝も3時おきで足がいきなりつって痛かった。
 今日は今の病院に勤めて初めての給与日だったけど、20万の壁は大きい。僕の給与はいつになったら20万を超えるのか?面接の時に給与はこのぐらいでって言えばよかった。僕はそちらの規定にお任せするといってしまったから。売り上げがあがるとは思えなかったし、前と同じようになっても困るなぁと思いつつも今の病院に決めてしまった。20万ない給与なんてあっというまになくなってしまうと思う。僕は新人さんじゃないけれど、本当に安い。でも稼いでないし、物品も強引にきてしまい、防音工事も始まるし、何かとお金はかかる。僕の次の人が働きやすくなればいいかななんて実習生にも話している。実習生には僕のぐちを聞いてもらっている。こんな僕でもSTなんだよっていう感じですべてをさらけ出している。きっとそれはいけないことだろうってきっちりしたSTは思うかもしれない。でも僕はどんなに飾りたてても、嘘はばれてしまうし、本音で学生に接するしかないと思っている。学生のボールペンの持ち方が悪いので最近気になったときに注意をしている。日誌に関してはたいして指導していない。症例報告書がなければどれだけ楽なことか。
 確かに新人が、1人職場でやっていくことは大変かと思う。僕の後任を任されたからといって、国試に必ず受かるという保障はない。国試浪人がまた増えそうだ。一度国試を落ちると、ST以外の仕事もしないといけないし、勉強する気が持続するかというとそれは難しいと思う。
 やっぱりお金かなぁ。命よりもお金なのかもしれない。
 僕と同じ年のPTを目指すクラークさんの目は輝いているように見えた。僕はもう死んでいる。
 PLを飲んだのでまた眠たくなってきた。頭がふらふらする。これからドラマみたいのに。
 院長とうまくいかなくなればますますいづらくはなる。
 療養の病院は重症患者をかきあつめるのに躍起になっているが、重症患者ばかりになるとSTの患者層がますます悪くなり、STなんて不必要じゃないかと思ってしまう。経口より経管のほうが儲かる仕組みなので、ずっと重症のままのほうが病院側としては点数が取れるような感じだ。なんか変わったシステムだなと思いつつ、リハビリたちは急性期か回復期に勤務したほうが専門性を発揮できていいのかもしれない。

今だから

 あぁ今日も疲れた。患者はほとんど見てないけど、指示書の出し方の説明をある医師にしたり、この医師が海外に留学経験があるらしく、英語で話しかけてくるのでこっちはわからない。英会話はできたほうがいいとは思う。
 それから防音工事の打ち合わせで、僕は大げさにしなくてもいいと言っておいた。別に工事なんて必要ないのに、扉だけ交換することにした。通気のためのすきまがあいているのでそれをふさぐようだ。だから室内の空気がよどむようだ。僕は空気がよどんでまで遮音してほしいとは思わない。院長がST室は防音にしないといけないという固定観念にとらわれているような感じで辛かった。僕に、何もお金とか心配する必要はないとか言ってたけど、話が終わってから事務長に院長が大げさに言ってたけど、大丈夫かと聞いて、大丈夫とのことなので、僕が勤務しなくてももともと工事する計画はあったようなので、全部の壁の防音はさすがにしないけど、ドアだけの交換という中途半端な工事の予定になってしまった。
 昼過ぎて、階段をのぼっていたらこの前食事をした医師が話しかけてきて、最近どうみたいな感じで話をしてたら結構時間が経ち、また食事に誘ってくれるようだ。
 リハスタッフもスタッフルームに行けば話しかけてはくれる。
 いずれも今だけなのかなって思うんだけど。
 PCも入れてもらえないことはないんだけど、スタッフルームにもあるし、ST室にいれなくても間に合ってはいる。ネットも回線はきているので、つなげられなくはない。
 xは入れてもらえばいいのにって言うんだけど僕は売り上げもないし、いつ辞めるかわからないし、そんなにあつかましい性格ではないと伝えた。
 少しのどが痛い。

憂鬱

 新患がでたけど発症から20年ぐらい経ってる運構の患者だ。どうしよう今日は算定してしまった。180日どころの騒ぎじゃない。主治医と話して今後のことを決めるしかない。もともとSTがいない病院でSTが介入して効果があるかどうかなんて僕も予測できない。ちゃんと運構の検査ができる人じゃないと効果判定は難しいかと思った。こんな患者がたくさんいるんだろうなと思う。失語には算定制限がないけど、運構の場合、改善の見込みがあれば算定はできると思う。よその病院ではどういう対応をしているのか気になる。もう180日でばっさり打ち切ってしまったのだろうか?
 今日は東洋経済という雑誌を買った。病院の現状を特集している。定価が600円以上するので買うのにためらったが、どこ病院が儲かっているかとか病院経営者の記事が面白い。
 実習生はもひとつぱっとしない。僕の話し相手にはいいんだけど、勉強ができないというか、なぜなんだろうって思うときがある。課題の手際の悪さが目立つし、怠けているわけじゃないんだろうけど、要領が悪いのか?落とす気持ちはないけれど、なんとかしてあげないといけないと思った。
 明日は防音工事の話で業者と打ち合わせをするようだけどまだするとは決まってない。鼻息鏡は来週くるようだ。
 運構か失語かわかりにくい患者がいたけど、運構の検査をすると顔面、舌、口唇にマヒと運動低下がみられた。
 PTが少し担当患者の言語訓練を見たいというので10分ほど見てたけど、僕はすごく緊張した。だってやりがいもないし、単に絵カードを渡して、説明してもらってたぐらいだったから。説明といっても何を言ってるのかわからないぐらい聞き取りは難しい。20分もたすのが大変な患者だ。PTもこんなSTで大丈夫なの?って思ったかもしれない。僕はとても苦しかった。他のスタッフがSTに興味をもってくれるのはうれしいんだけど、辛い訓練場面をみられるのは苦しみだ。
 院長は僕のことを気に入ってくれているのか、今のところは大目にみてくれている感じだ。ただ患者数も少ないし、売り上げには貢献できていないので、いずれだめだしがあるかと思う。辞めるとか直接的なことは言ってないけど、続けていくのは難しいかもしれない。

3時起床

 ちょっと仕事以外のことでも不安なことがでてきてしまい、昨日から調子が悪い。今日は3時起き。たまった番組録画を見ている。テレビを見る時間と読書の時間がだいぶ減っている。もう少し病院になれたら少しは余裕が出てくるとは思うけど。この不規則な睡眠時間をどうにかしたい。
 PTたちが学会発表するようで、うらやましいなぁと思った。僕も発表したいけどやり方がわからない。Ⅹが発表したいと思う気持ちがわからないという。人前で発表するのは緊張するんだけど、いろいろ経験したい気持ちは変わらない。こうやって思っていたらいつかそういう機会をもつことができるだろうか?
 なんか他の知らないSTとも交流してみたいという気持ちが少しあるんだけど、やっぱり僕はういてしまうかなと思ってしまう。人恋しいのだろうか?交流といっても僕は大勢が集まるのは苦手だけど、1人でもSTの友達が増えたらいいかなと。Ⅹといたずらがいるけれど、もう少しSTの友達がいてもいいなと思う。他職種の友達は全くいない。リハスタッフたちの中には他職種の友達もいるそうだ。

大勢よりも2人

 僕は2人で会って話をするほうが楽なんだけど他の人たちは大勢と集まって話をするほうが楽なのだろうか?
 2人といっても嫌いな人はだめなんだけど。リハビリスタッフでも1人ずつなら会話ができるんだけど、大勢になると全然話ができないし、わりこめない。そんなに面白い話をしているわけでもないんだけど、僕は段々息苦しくなり、ST室に行きたくなる。リハスタッフルームにデスクはあるんだけど、日ごとに離れているような感じだ。なんとかスタッフルームにいるようにしなきゃと思うんだけど、なんか疲れる。スタッフルームではうつむいて緊張しながらぼーっとしてる。何もすることがないっていうのも悲しいけれど。
 月曜日がこわい。今の病院は休みが多いので助かる。Ⅹは休みが多いし我慢して続けたらというけれど、僕は続かないと思っている。シリンジと綿棒と鼻息鏡を頼んだけどまだこない。テレビとかビデオとかはどうでもいいのにきた。そのビデオを行事関係で使いたいようだ。僕は自由に使ってくださいと言っている。ただ借りにくるのをためらっているのか、誰も借りにこないんだけど。そして記録媒体がないので個人で買うか病院にその借りた人が頼むしかないだろう。音声を録音するのがないけれど、自分のICレコーダーをもちこんでいる。あれやこれやと欲しいのを買っても結局使うことはなさそうだ。
 僕は間違った選択をしたかもしれない。でも4月からの就職だと丸2年の失業になってしまい、経済的にもぎりぎりまで追い詰められただろう。慢性期なのでうまくいくとは思ってなかったけどやっぱりうまくはいかない。今の病院を辞めて次にどうすればいいのかをまだ決めていないけど勝手に決まってくれないかなぁなんて思っている。
 細木和子の運勢では今年は絶好調のはずなんだけど・・・。

辛い

 科長がST室の扉開けておいたらって言うものだから、僕は、拒んだ。扉を開けてさらしものになるのが苦しい。
 OTが担当患者のことで検査ばっかりしないで訓練をしてほしいと患者が言ってたとか別にそんなこと言わなくてもいいのにって思ってしまった。この患者は第一印象で運構かと思ったけど、失語でオーダーがきていたので、久々にSLTAをやろうと思いやってみた。ただ動物の名前と計算の成績が悪い。あとはほぼ満点。これに流暢、非流暢とか考えたり、これから運構の検査をしていくんだけど、STの訓練内容にあまり干渉して欲しくはなかった。
 この患者は左被殻に損傷があると紹介状に書いてあり、失語はないと書いてあった。なのに担当PTのカルテにはおもいっきり運動性失語、非流暢って書いてある。そして久々にCTがあったんでみたんだけど、右側に目立つ梗塞があった。左側はどこにあるんだろうっていうぐらいわかりにくくて左被殻は誤診か?僕はCTを見てますます混乱した。すっかり部位も忘れてしまっている。なんてばかばかしいと思った。それで放射線科に行って、Rと書いてるほうが右側でいいんですねとかなり基本的なことをたずねた。読影に来ている放射線医がいるらしく、その人にあって聞きたいけれど、怖い医者だったらいやだなぁ。CT所見もちゃんと書いてはあるんだけど英語が汚すぎて読めない。
 ST室の防音工事の件で業者の人がくるようだ。防音の基準なんてあるの?確かに外の声はよく聞こえるけれど、お金をかけたって適応にはなりにくい慢性期病院では、そんなに遮音にこだらわらなくてもいいとは思うんだけど。
 とにかく扉を開けておいてとかいろいろ干渉させるのにすごくストレスを感じる。
 もう仕事したくない。ニートで生きられるならそのほうがいいかも。でもお金はない。

無理しない程度に・・・

 患者のご主人が看病に熱心なのはいいんだけど、食事介助しているところをみたときに、おもいきり口へ運ぶスピードが速かった。
 そして僕は、舌を出してくださいなど指示を出しているときに、ご主人がほら舌を出しなさいって命令口調でいうものだから、冷や汗が・・・。
 夫婦って難しいのかなぁなんていろいろ思ってしまった。
 患者がいないので学生と話しいている時間が長くなってしまうんだけど、つくづく僕はバイザーとして失格だと思う。そして学生の知識の統合もいまいちうまくいかない。
 リハビリ初の他職種の見学依頼ということでどうなることやら。無事に終わることを願う。
 僕はOTの主任がこわくてたまらない。なるべく近づかないようにしている。なんでこんなにこわいのかよくわからないけど、おそらく、高圧的なところがだめなんだと思う。僕よりも経験はあるし年も上だけどこの人がもし科長だったら1日で辞めていたと思う。この人と僕は今後どうなるかはわからないけど、僕は積極的にあきらめたい。話をするだけでも体に悪いので。PTの科長は高圧的なところはない。このギャップは一体なんなんだろう?
 医局まで報告書のサインをもらいにいき、この前食事に誘ってくれた医者なんだけど、ソファーにくつろいでいて、新しく入ってきた医師を紹介してくれた。医局で堂々と話をできるほど僕は強くはない。医局は緊張する。
 僕はSTは高学歴であればあるほどいいんじゃないかと思っている。修士、博士ぐらいもっていたほうが面白いかもしれない。僕は・・・だけど。STは頭がいいんだよって自慢できるぐらいのほうがいいかもしれない。高卒専門卒をすべて大卒過程に変えたほうがよさそうだ。
 毎晩毎晩10時過ぎになると頭がふらふらしてきて、10時過ぎのドラマが中途半端になってしまう。

やめそう

 朝、毎日平均患者2人しか見てないことを指摘されて、もう少しみれないかなっていう話になり、僕は難しいと答えた。そのはずみで、どうしても数が増えなければもうやめるようなニュアンスで伝えた。
 病棟に行き、患者は訓練を拒否し、そのことを主治医に伝え、訓練の継続は難しいと言い、主治医は週1でも2週に1でもいいよとは言ってくれたけど、難しい。その主治医のうけもつ患者があと数名いたのである患者についても難しいことを伝えた。20分も続かないし、患者さんからお金を取るのは申し訳ないんですけどと。そしたら医師は医療費のことについて何か言ってたけれどよくわからなくて、家族がSTをやっているということで満足するかもしれませんよということでどうですかと言ってきたので、たとえ詐欺でもご家族が満足されるならいいのかなぁどうかなぁなんて思いつつ、考え込んでいた。医師にはとても今の現状が悩ましいと伝えた。
 そして、昼過ぎに部屋にいたら院長が来て、僕にまだやめないで続けてください、お願いしますと言ってきた。患者はこれから増えるかもしれないし、STは必要だからと。基準としてははっきりいってSTが絶対に必要だとはかかれていない。脳ⅠであればPT7人、OT3人いればいいんですよと科長に言っておいた。STはさっさと立ち去ったほうがいいと思っている。
 そんな科長とのやりとりがスタッフたちに丸ぎこえになってしまったようなんだけど、僕は、スタッフに売りあげがあがらなかったらここにいても仕方ないと伝えた。スタッフはまた違う職場探すんですかと聞いてきたけど、僕はそうするしかないかもしれないし、STとは違う仕事をするかもしれないと言うと、トラックの運転手でもしますかと言うのでそれはできないと答えた。
 仕事帰りに、昨日保険証ができたので、早速心療内科に行った。患者層が悪くて仕事がうまくいっていないことを伝え、前の職場と同じような状況になっていると伝えた。院長の話もして、心療内科医ももう少しいたらと勧めていた。
 さてどうなることやら。STがやりがいを感じてはいけないわけじゃないとは思うんだけど、基本診療料内であればみれる人はたくさんいる。でも点数を算定するとなるともう苦しくて苦しくて算定ができない。強引に算定できなくはないけど、僕はすごく前の病院のことを思い出してしまう。だめなST。
ストレスアップで炎症が少し悪化。
 実習生の見学をPTやOTに依頼したところ、OTだけがどういう目的の見学なのかを聞いてきて僕としてはOTはこんなことするよとかこんなものだよという感じなのをみれたらいいなという軽い気持ちだったんだけど、やけにこだわっているような感じがしてこわかった。そのOTが言うには見学実習で他職種の理解をして、評価や臨床実習ではもっと踏み込んで他職種の理解をするのがあたりまえのような決め付け方をするので、僕としては見学をさせない病院もあれば、見学オッケーのところもあるし、やり方はいろいろ。見学依頼しなかったほうがよかったかなと後悔している。疲れがどんどんたまって、睡眠が途切れ途切れになり、しょっちゅう夜目が覚める。10時過ぎになると記憶がなくなり、いつ寝たのかわからない。2時ごろに目が覚めて、4時に起きる。通勤も少しだるいし、リハビリスタッフたちのことや院長のことや実習生のことや患者のことや家族のことを考えるともう僕自身が壊れそうになる。

レベルダウン

 新患の家族の方が毎日面会にきては、患者に声かけをしている。ご家族とお話をしていたら、機関銃のように経過等を話すので圧倒されてしまった。肝心の患者の症状は重い。
 転院前のSTの紹介状があったので、あーすごい専門的に書かれているなぁ。このSTはよく勉強しているのかなぁなんて思い、ショックを受けた。僕はどんどんレベルダウン。
 主治医にご家族と話したことを説明して、改善は難しそうだと伝えた。初めて話す医師だったので、院長が僕に期待しているとかいう話になり、僕は院長はおかしい、話が大げさだと伝えた。
 STである自分をよく否定している。患者はあいかわらず2人。増えてはきているけど、みる気が起こらない。ベッドサイドの患者の言語症状は重度だし、訓練室で行う患者も20分ももたない。正直苦しい。
 早く家に帰りたいなぁなんてそればっかり考えている。主治医にもうすぐ辞めますからなんて言えないので、その辺もストレスになっているが、こればかりはどうしようもない。
 ST室の防音工事の話も進めたらどうなんて話もあるにはあるけどまだどうなるかはわからない。確かに外の声がよく聞こえるので、気にはなる。ただ、患者層が悪いので、訓練室を遮音してもあまり関係ないかもしれないと思った。もっとしっかりした患者さんがいれば工事もしてもらいたいけれど、売り上げはあがらないわ、やめたいわで、どのぐらいの工事費がかかるのかはわからないが、多額の金を出してまで工事はいらないかもしれない。
 スタッフとはあいかわらずなんだけど、僕はなかなか親しい人を作るのが苦手。スタッフ同士でも遊びに行ったりするんだろうなぁ。

歯科

 別に歯が痛くなったわけではないけど無性に歯科に行きたくなり、いつも嫌々行ってた所は予約が取れず仕方なく、初めての歯科に決めて、予約が取れ、早速受診した。きれいに磨けているとのことで、虫歯はない。僕が磨けていないと自分で感じたところは明らかに指摘された。3ヶ月から半年ぐらいでいいとのことで、毎月じゃなくてよかった。掃除をしてどうなるものでもないのかもしれないけど、今日は2500円ぐらいだったので、料金のことを聞くと2000円から3000円の間ぐらいになりますとのことだった。
 応対がとても丁寧で以前の殺伐としたような感じではなかった。歯科選びは難しい。もっと情報公開が進めばいいんだけど。
 STも患者によっては変えてみてもいいんじゃないかと思う。僕は何度も来てくださいとは言わないけれど。来たがる人がいても何度も来る必要性がないと判断すればそのように伝える。患者は減少し僕の立場的にはよくはないけど、僕も患者側からするとあんまり治療代が高くても困るし、うまく成り立っていけばいいんだけど。
 カローラとムーブを見てきた。どちらもまぁまぁ。ムーブってこんなに広いんだと感心した。質感もいい。でも価格が・・・。たまたまカスタムを見たので高かった。カローラは日本の代表車。これだけはちゃんと見ておかないとだめだと思っていた。先代の出来がよすぎたので、今回はそんなに目新しさを感じることができなかった。僕は地味なのでカローラアクシオで十分。ただ運転が嫌いなのとお金がないので車は買えない。

やっぱりぎこちない

 今のところ仕事は激暇で特にすることがない。早く帰りたいなぁとよく思う。歯科受診から半年以上たってしまったのでそろそろ診てもらおうかと思ったら予約がいっぱいでやめた。人気歯科なんだけど歯科衛生士がころころ変わる。忙しいからかもしれない。歯科もちゃんとしたところを選びたいけどどこがいいとかわかりにくい。
 まだまだなじめていないというかどうしようもない僕だけど、就職活動しつつしばらくいないとお金が・・・。

摂食機能療法の解釈

僕は、診断名に誤嚥性肺炎や認知症や廃用症候群があれば摂食機能療法として算定は可能かを聞いてみた。以下にその回答を掲載する。

(結論)
摂食機能療法の適応として誤嚥性肺炎・廃用症候群・認知症などは不適当と考えます。
(理由)
摂食機能障害者とは、発達遅延、顎切除、舌切除の手術または脳血管疾患等の後遺症による摂食機能障害があるものとされています。
誤嚥性肺炎は、摂食機能障害による「結果」としての病名。
廃用症候群の多くは、運動機能障害を指す病態で主には「運動器リハビリテーション」の適応が適当でしょう。摂食機能障害が著明で、同療法をすることにより摂食機能の改善が期待できる症例は適用してもよいと考えますが、廃用症候群=摂食機能療法の適用としないほうがよいと考えます。
認知症は、広義には「脳血管疾患」と考えられますが、認知症により(運動機能的な)摂食機能障害が発生している例は多くないと考えられます。認知症患者の「摂食障害」は、食べたことを忘れる等、器質的障害と考えられます。
(余談)
嚥下障害患者への具体的な治療(訓練)は、口腔への刺激と運動(舌や口唇の運動、冷却刺激、前摂食)、喉頭の運動(空気の嚥下、喉頭の内転運動)等の手技を用いて訓練を行なうとされており、これらの訓練(療法)により摂食機能の改善が期待できる症例(病名)が対象となると考えます。


Ⅹのところは廃用でも認知症でも算定しているようだ。僕は上記の解釈で納得している。院内の説明時に脳血管疾患の後遺症があること、改善の見込みがある経口摂取移行前の患者、構音障害があることをSTへの指示の条件にした。
今のところオーダー数は少ない。毎日2単位だ。もうSTいなくてもいいんじゃないかって思っている。僕も生活が大事だけど、僕の生活苦よりもインチキをしてる自分にストレスを感じる。こうやってみると、STの対象者が本当に限られてくると思う。新規養成校の計画は廃止し、STの数を抑制する方向で考えたほうがよさそうだ。失語症に関しても認知症で失語症という感じのオーダーが多く、改善は難しいと思う。

忘年会委員が決まらなくて結局くじで決めて僕にはならなかったけど、もしきまってたらどうなっただろう。司会役や準備役などいろいろあるとは思うけど、こういう行事ものが結構つらい。

誘ってくれた

 今日の帰りに、たまたま駅のホームで職場の医師とでくわし、途中まで一緒に帰り、食事に誘ってくれてた。今まで医師と食事をしたのは初めて。変に緊張した。僕に、まだ若いからリハビリを積極的にできる職場に変わるのもいいんじゃないかと話してくれた。僕も、1年半以上も職探しをしながらなかなか決まらなくて、お金もなくなってきたし、もう決めないと仕方ないみたいな内容で話をした。この医師は僕のことをどう思ったんだろう。今すぐきて辞めるかどうかは難しいけれど、やっぱり患者層の問題は僕を苦しめる。適応がない方ばかり。基本診療内でやりたい。今勤務しているリハビリ新人たちはおそらく辞めるかも知れない。医師は僕にゆっくり次の職場を探してくださいと言っていた。
 新患がでたけど、なんかSTの適応ではない感じだ。まだみてはいないけど、「失語症」ではないと思う。多分この病院にいたら一生構音障害の診断はつけてもらえないと思う。構音障害だと発症日から過ぎてしまって、算定することはできない。改善もないだろう。だから何でも失語症になってしまう。
 PTやOTのカルテをちらっとみていても、明らかに失語症の捉え方を間違っている表現がみられた。学校で教わることもなく、職場にもSTがいなかったらこうなるのも仕方がないのかなぁ。PTやOTの養成校や他の医療職の学校でもSTの講義があってもいいかもしれない。
 僕にじゃないけど、リハ科長に医事課の人が肺炎や誤嚥性肺炎の診断名で摂食機能療法が算定できるんじゃないのって聞いてたけど実際どうなんだろう。僕は説明時に脳血管障害の後遺症がある人を対象にしますっていったのに。なんでもありか?って思ったけど、もっとずうずうしくなりたい。言いたい放題言ってみたい。なんて内気な僕なんだろう。ストレスのかたまり。皮膚の炎症が強まっていく。

なじめない僕

 今日も嚥下評価が入り、評価してみたけど、経口摂取は困難と判断した。認知症の影響が強すぎて、食べさせるのは危険だと思った。看護師に思い切って話を聞いてみて、看護師はおてあげだったようだ。僕もおてあげなので、評価にて終了。
 今日はビデオカメラがきたんだけど、まず使うことないだろうなぁ。もったいない。いつでもいいって言ったのに。ただオージオメータは院内にあるようなので新たには購入していない。
 テープレコーダ、鼻息鏡、CDデッキはまだ注文していない。SLTAのマニュアルを読んでいたんだけど、以前のマニュアルよりも丁寧に書いてあり、僕の指示の出し方が間違っていることを知った。何度もやる機会がないので忘れそうだ。
 食欲が低下すると思ったら、結構食べてる。おなかがどんどん出てくる感じだ。
 患者層が悪く、落ち込み、スタッフといまいちなじめない僕だけど楽しくやっていきたい。

連休

 なんとかやっていけるか?それとも新しく募集している病院を見学してみようか迷っている。
 やっぱり療養は患者層が悪い。STは基本診療料内で十分かと思う。嚥下も難しく、看護師の手間が増えるだけ。管の栄養のままのほうが儲かるようだ。
 PTは運動訓練をしている患者もいれば塗り絵で対応している患者もいる。別に患者のそばでずっと塗り絵を見ているわけでもない。
 STはずっとそばにいないとだめだと思う。
 報告書類のサインを主治医に直接会って書いてもらうっていうのも本当に面倒で苦痛だ。いっそのことSTの書類だけサインの欄をはずすことまで考えている。別にサインがいるとは青本には書いてないから。実施計画だけすればいいわけだから。まだまだリハビリに興味がないというか、単なる金儲けのためのリハビリぐらいしか思っていない医師たちも結構多いのかなぁ。どうせよくならないって感じで。STなんてますます興味がないというかどうでもいいんじゃないかって思っている医師も多いと思う。僕もそのうちの1人。
 聴覚や小児の分野では必要とされているのかもしれないけどよくわからない。
 もうすぐカレンダーができあがってくる季節だけど、ここの病院はどっからもらってくるんだろう。
 薬局あたりはいっぱいもらわないかなぁ。病院にはいろんな職種がいるけどいろんな意味で優遇されるのは医師。だから医師の友達ができたら楽しいかもしれない。STの友達ができたからといって、僕はどうしてあげることもできないから。
 急に寒くなったので、厚着したりしている。病院はまだ冷房。寒いところもあって、冷え性の僕にとってはつらい。長袖じゃないのでつらい。
 金・金・金って家族もそればっかり。確かにお金がなくなったら死ぬしかないけれど。
 僕の病院のリハスタッフは半分以上が新人さんで年齢はばらばらだけど、物足りなさとか感じていないのかなぁ。
 別の職種からの転職の人もいるけれど、前のほうがよかったとか思っていないのかなぁ。
 STと仕事をしたことがある人やPTやOTの養成校でSTのことを少しでも学んだことがある人もいるんだけど、そのSTの印象が悪かったとか友達だったとかいうスタッフもいる。STは増えたけれど、PTだけのところもあれば、PT,OTだけのところもある。脳Ⅰの基準だって、別にSTが絶対いないとだめっていうわけじゃないので、PT、OTあわせて10人いればいいんだから、雇う気もしないだろう。なぜST1名必要と決めなかったのかがなぞだ。
 僕はひとつの職場でずっと働ける人を尊敬する。数年では変わらなくても、10年単位で自分が居心地が悪かったところも変わっていくんじゃないかと思っている。僕は10年も1つの職場で勤める自信はないけど、職場のメンバーも変われば、報酬関連も変わるし、病院の新築の話もでてくるかもしれない。安易に辞めてしまうのはよくないというのは十分理解できる。でも限界がくるのだから仕方ない。辞めて次の職場に就いても気に入らないところはでてくる。つい完全を求めてしまう僕は危険だ。自分にとって都合のいいことばかりの職場ありえないのだからと言い聞かせても、わかっていないようだ。
 テープレコーダを昨日買おうかどうか迷ったけどやめた。アイワなのにソニーって書いてる。鼻息鏡も欲しいけど、どうしようかなぁ。CDデッキもあったほうがいいのか?どれも使う頻度は少ないけれど。
 それより、本を病院で買ってもらいたい。STのジャーナルは個人的に協会に入ってるので送られてくるけど、普通のST関連の本を買って欲しい。うちのリハ科長は買ってもらうことに抵抗があるのか、なんなのかよくわからないけど、段々物品のことでは相談しづらくなってきた。学会も詳しくは聞いてないけど、あまり参加を認めてくれないような感じで、有給が発生すればそれで行ってくれという感じなのかもしれない。
 まだまだ勉強したい気持ちはあるのに、STとしての専門性が高められない。

買い物

 もう仕事辞めるかも知れないのに、ペンライトとストップウォッチを買った。病院に買ってもらってもよかったけど、もう自分で買ってもってたほうがいいかなと思い、かなり迷ったが買ってしまった。ストップウォッチなんて誰も買う人いないんじゃないかと思ったら、3人ぐらい買っていった。ペンライトはナショナル製か安いやつにしようかすごく迷ったけど、思い切って原点に戻ってナショナル製にした。
 僕が新人の頃ナショナル製を物品担当の人が買ってくれた。新人の頃僕は某病院でSTを開設し、いろいろな物品を物品担当の人に頼んだり、印刷物を頼んだ。印刷物はかなり念入りにこれでいいのかっていうのを確認して印刷業者に頼んだ。でも、そんなにSTのオーダー数は多くなかったのでだいぶあまってしまった。
 テープレコーダーも自分で買おうかなと思ったけどやめた。テープレコーダーは4000円もしなかったと思う。
 SLTA-STが病院にあるんだけど、CDを使う質問がある。僕のST室にはCDデッキがない。元々あったけど、PTかOTが使っているようだ。
 でも補助テスト使える患者なんて数人しかいないと思うので買って欲しいとは頼みにくい。
 親戚がお金に困っているらしく、僕もどうにかしてお金をあげられたらいいんだけど、仕事続くかわからないし、困っている。
 お金だけは本当にどうしようもない。
 健康体操嫌だなとずっと思っている。人前で1時間も体操してられない。実習生にも加わってもらう予定だけどうまくいくだろうか。

やっぱりだめでした。退職か?

歓迎会は6時半からはじまって、9時半ごろ終わった。みんな2次会に行ったのかよくわからないけど、こっちはさっさと帰ってきた。家に着いたのは11時前。それで眠れないのでブログを書いている。やっぱり飲み会は非常に辛いし苦しい。これはどうしようもない。帰りの電車の中でかなり憂鬱だった。
今日は医師が院長だけが参加だったのが、もう2人医師がきて、スタッフたちはみんな医師について誰の歓迎会やらわけがわからなくなった感じだった。
今回は飲みすぎることもなく、ビールをほんの少し飲んだだけ。
自分の近くには誰もよりつかず、結局、僕は院長の横まで寄っていき僕の携帯で一緒に写真を撮って欲しいと頼み、科長に撮ってもらった。科長にも撮ってくれないと聞いたら断られた。
院長の挨拶、リハ科長の挨拶、そして終わりかけの頃に僕の挨拶で、最後にOT主任の挨拶だったけれど、OT主任が「私のこと嫌いですか?」って聞いてきたので、こっちは「ちょっと怖いです」って言っといた。初日に話をしたんだけど、なんかあんまりずばずば聞いてはいけないというか近づきにくいオーラを感じてしまい、口調もきつい感じなので、初日以来口をきいていないし、なるべく近づかないようにしている。
 もう社会人としてやっていけないと思うし、僕の印象はますます悪化し、病院にいづらくなると思う。むりやりにでも飲み会には参加したほうがいいと思うが、僕にとって飲み会は苦しみでしかない。今月、健康教室をまたやるんだけど、健康体操を企画してるみたいで、その体操の見本を前でやるメンバーが足りないらしく、僕にお願いしてきて、1時間も体操やってられるかと思いつつも、なんでSTがそんなことやるのって腹立たしくなってるけど、断ってはいない。でも断りたい。これも苦しい。実習生もちょうどいるので一緒に参加するかもしれない。もう気持ちの中では辞めたい。来週退職願出してしまうかもしれない。心の整理がつかず混乱している。たいしたことじゃないんだけどすごく混乱している。もう仕事に行きたくない。
 入職時健診がほぼ終了し、今回は内科診察があり、僕の胸に聴診器をあて、検査した項目を確認しながら医師が診断していた。
 僕の皮膚は炎症を起こしているのでこれは・・・と医師が聞くので、僕はこれは・・・・ですと言ったら、薬物の副作用でもこんなふうになるけど何か飲んでませんかと聞いてきた。僕にとってはとてもショックな一言だった。僕の体は人にみせられるような感じではない。ずっと治療はしていると医師に答えた。人間を見ない医師、僕はそう感じてしまった。悲しいけど今の病院にたいした医師はいないようだ。あーとても疲れた。血液検査の結果をくれるのかと思ったらくれないので、外来の看護師に結果をもらうことはできないんですかと尋ねたらコピーしてくれるとのことでコピーしてもらった。あいにく、血液検査の異常はなかった。体は健康。心は不健康。
 トイレをしていたら、医事課の職員が話しかけてきたり、本当に会話の多い職場なぁと感じる。
 歓迎会に行くまでにリハスタッフと少し話す時間があり、僕と話をしてくれるスタッフが仕方なく残ってくれて、僕の時計の話をした。僕の時計がたまたまブランド物なので、気になったようだ。
 Ⅹは職場でそんなのするなっていうけど、僕はせっかく仕事用に買ったので日付機能はないけどつけている。
 ますます人が寄り付かなくなり、STの印象を悪くしてしまってるかなといろいろ思うことはある。僕ははっきり言って、気持ち悪い。
 仕事を辞めたら家から追い出されて、住む場所もなくなってしまう。それでもかまわないぐらい、嫌で仕方ない。明日から3日間の連休だけど悩ましい連休になりそうだ。火曜日に出勤できるかわからなくなってきた。行きづらい。もっといいSTと交換したほうがよさそうだ。僕はもうだめだ。
 それにしても何でこんなに飲み会が嫌いなんだろう。全く打ち解けることができない。
 リハビリたちは医師たちにごまをすり、奴隷みたいな感じでいいのだろうか?僕にはできない。
 院長は僕にCTの読えいをやってもらいたいのかもしれない。でもベテランSTのような知識はもっていない。CTの読えいと嚥下ができたらここの病院でなんとかやっていけるかも。でも医師たちの奴隷は嫌!愚かな医師が日本の医療をだめにする。でも、成人の失語や構音障害や嚥下障害の訓練は根拠に乏しいところもあり、リハも包括にしたほうがいいと思う。

僕からアプローチ

 今日は医師が、PTの科長に嚥下の評価を依頼してきて、その話を科長からきいて、僕は、嚥下スクリーニングセットをもって病棟に行き、口腔内をみていた。明らかに乾燥しているし、ひからびた痰も硬口蓋にへばりついていた。口腔内汚染がある。嚥下反射は手動で起こさせたが、非常に時間がかかる。改訂水のみテストをやろうかと思い、実際シリンジを使ってやるのは初めてだったのですごい緊張したが、水もやばそうって思い結局やめた。
 詰所にいるナースに恥ずかしかったけど、患者の嚥下反射が起こりにくいから経口は難しいと伝えた。それがすぐ医師に伝わり、科長にも連絡がきた。経管栄養か胃ろうになってしまう。嚥下の評価とにかく疲れる。食べれる機会を奪ってしまうかもしれないのだから。僕はVFを立ち上げたことがないのでよくわからないけど、大学病院で見せてもらったときに、大学の耳鼻科の先生なら任せても安心だなぐらいにしか思っていなかった。
 そして、昼食時食堂でリハスタッフたちと食事をしていたときに、僕に評価を依頼した医師がたまたまいたので、僕はその医師のところまで行って、評価のことを改めて伝えた。免罪符をもらったよなんていうものだから、なんかプレッシャーを感じた。この医師がまた少し変わっていていきなり英語で質問してきたりするので、僕はイエスぐらいしか返答できなかった。
 僕が医局会でプロフィールを公開したのでそのことについて質問してきた。それでたまたま僕と同じところから通う医師を紹介してもらった。その医師とも少し話をして家が近所だとわかった。特に関わる診療科でもないので、これっきりだとは思う。
 久々にSLTAをしてみたんだけど、なんかマニュアルどおりにはやれてないと思う。マニュアルは新しいやつなんだけど、まだじっくり読んでいない。
僕は講習会にも出たことがないし、学校で教わったけれどやり方が間違っていたみたいだ。
 なんでもかんでも180日以上算定取れるから失語症でオーダーがきてしまうのは悲しい。構音障害だと思われる人までが失語症になってしまう現実。
でも、訓練は失語症とつけば180日以上可能。患者が積極的に訓練を受けたい人ならば、診断名が違っても別にいいのか?難しいなぁ。
 正直、ST以外のスタッフは言語障害の種類なんてどうでもいいと思う。
僕もあまりそのことだけにこだわりすぎないようにしたい。1人職場の限界というか寂しさはあるけれど、複数でやっていく自信はないので、辞めさせられるまでここで続けたい。でも日々思いつめてる感じはある。このまま毎日2名しか患者をみてないっていうのも少なすぎるかもしれない。
 ここにきて本当に今までの職場いた頃よりたくさん会話をしていると思う。他部所の人もいきなりリハビリ室にきたり、マージャンできるリハスタッフはいないかとか言ってくる事務員もいる。
 今月は僕にとってとてもラッキーな月なので積極的になったほうがいいかもしれない。
 なにげなく、物品購入リストにテープレコーダーと鼻息鏡とストップウォッチを書いていた。備品担当の人がいなかったので伝えてはない。
 やっぱり音声ぐらい録画しておかないとまずいかなと少し思ったり、SLTAの時間間隔ぐらい身に着けておかないといけないんだけど、わからなくなってしまう。STとしてはほんと最低ランクだ。

溜息

 ブログ書いてたらいきなり、ページが消えてしまった。
 今日は朝から、実習生の資料が届いて目を通したり、あとは備品のことで再度確認したいことがあったので確認したりした。オフィスチェアは昨日頼んで今日すぐ届いた。
 テレビと時計の発注をストップしてもらおうと思ったけどできなかった。
 PCは古いやつがあるらしく、ST室でもネット可能とのことだけど、ウイルスソフトがないらしく、感染がこわい。ソフトは1つのソフトを何台ものPCに入れているようだ。
 PCがあってもプリンターがないと印刷できないし、コピー機もあったら便利だなとキャノンの家庭用のコピー機をネットで見ていたがそんなにバカ高いものではなかった。
 こういう機器類を購入してもらってもメンテナンスできる人がいなければ買って、使って壊れたときに対応できなくて困ってしまう。
 外来の患者が1人いるけどいつもノリが悪く、訓練に入ると数分してもういやみたいな感じになってしまう。僕は毎回無理してくる必要はないと家族にも言っているのに来てしまう。患者さんからお金をもらってるわけだし、毎回、訓練を嫌がられるのも困るんだけどなぁと家族に伝えた。
 午後からみた患者は失語か構音障害か鑑別が難しい。多分構音障害とは思うんだけど・・・。何の検査をしようかと迷っている。本人は乗り気みたいな感じなので、SLTAをやってもいいかもしれないけど多分成績は良好だと思う。構音障害は短縮版になると思う。テープレコーダがあったみたいなんだけど、PTかOTが使っているようなので、ST用にもいるかなと思った。ST室にあったストップウォッチもPTが使っていた。別にそれを返せという気もないし、科長は買ってもらってもいいみたいな感じだったので備品係の人と相談。自分で買ってもいいけれど。家電量販店でストップウォッチをこの前見てきたところだ。1600円ぐらいでいいのがあった。
 リハビリの報告書のサインとかを直接ドクターに会ってもらわないといけない決まりがありとても面倒だけど、病棟まで行って、たまたま顔と名前が一致しているドクターがいたのでサインしてもらった。そのドクターは女医だけど僕の評価にケチをつけた。報告書にもケチをつけた。話を聞いているとSTの知識がおありなのか?よくわからないけどなんか話かけづらい女医だ。
 まだまだ名前と顔が一致しないドクターが多い。今日も医局に行ったけど医局はがらーんとしてることが多い。このやり方と看護師に訓練をする前にひとこと声をかけるのが面倒だ。
 院長が話しかけてきて、実習生のことや、ST室のことや、結婚のことや、歓迎会のことやその他いろいろ・・・。でも僕はアルコール類はだめだし、歓迎会もやらなくていいんですよと院長にも言っておいた。院長もこの人は本当におとなしいというか遠慮がちというか人付き合いが悪いと思っているはず。ここがだめなら他があるわけじゃないけど、どうしようもない。
 実習生は、今月から指導を開始するけど、うちのリハ室なでもいまいち評判が悪い学校だ。僕も一度学生を中止にしたことがあってそれ以来引き受けたことはない。教員が一新し、教員の名前を聞いてもさっぱりわからない。なんとか頑張って欲しいけど、僕の指導はいまいちだ。厳しい実習先もあれば、僕のような実習先もあるとは思う。
 実習先としてはじめて依頼するわけだから学校側から開始前に教員の挨拶があってもいいんじゃないかという院長の意見もごもっともで、ちょっと対応がまずいかもしれない。学校名は・・・。なんて書いても自分が卒業した学校もいまいち評判がよろしくないのでよそがどうとか言えない。
 僕は昨日の医局会で使った資料に僕の略歴をつけた。それを見た医師たちはどう思っているんだろう。この資料はリハビリの科長には見せてなかったので科長も少しは驚いたかもしれない。僕の略歴はたいしたことがないんだけど、たいしたことがないから公開できたんだと思う。もっと自分のことを知ってもらいたい、STのことを知ってもらいたいという気持ちはある。
 でも、評価や検査も雑だし、取り組みも雑になっている現状があるので、嚥下のプロとか言われても困る。僕はあまり仕事をしたくはない。
 STの面白さってなんなんだろう・・・。

こわい

 今日は医師たちが月に一度集まる日だったので、そこでSTの業務の流れを説明した。医師の集まりが悪く、情報がいきわたらなかったのが残念。数日前から内科医の代表と話をつめていたので、内科医がほとんどこうやってああやってという感じで補足してくれた。医師たちのまとまり悪そう・・・。やっぱり嚥下に期待?って思ったんだけど、院長には失語もみたいと言っているんだけど、どうなるかはわからない。院長はたまに僕に声をかけては僕のやりやすいようにやっていい、応援するからとは言ってくれる。でも過度な期待は困る。はっきりと点数を算定しろって言ってくれたほうがいいのかも。多分まちがいなく30分も嚥下する気はないし、言語も20分していない。まだオーダーの数が少ないのでどうなるかはわかららないけど。オール詐欺で僕は退職か?こわい。
 備品担当の方が再度確認してくれて、ビデオカメラだけ最新式のやつを購入することにした。あとテレビも14型のやつを言ったがなくてもいい。そしてオフィスチェアーだけをなんとかして欲しかったので、備品担当の方が選んできたものもあったけど、いかにも事務用のイスだったので、自分でネットで探したものをネットでその場で注文してもらった。
 ST室で今の病院のことを聞きつつ、なんか買わなくてもいいっとかもう少し様子を見てから買いたいと思っているのに、勝手に話を進める。
 そしてPCも必要になりませんかとまた話をしたけれど、施設基準には必要ないし、今のところ必要はないと言っておいた。リハ室にもあるので。
 PCなんかは買ってもらってもいいんだけど、リハ室のPCのメンテナンス状況を見ていると誰も修理に来なかったりで使いづらい。
 とても話しやすい備品担当の人だ。ワンセグ携帯を持っていたので見せてもらってきれいに映っていた。
 この人と話をしている途中にいきなり看護師がたずねてきて、看護師の家族か誰かが脳卒中になり、言語がおかしいという相談をもちかけてきた。まだ発症から数週間しか経ってないなし、まだ変化する時期だとは伝えた。
 こうやって僕は今特に何もしていなくても、職員との会話があるのが驚きだ。フレンドリーとまではいかないけど、いろんな人がST室に来てくれたら楽なんだけど。
 でもあの人なんか変だわっていずれなっちゃうかもしれない。
 STなんて誰もどんなことをするのかわからない感じ。院長だけがベテランSTと仕事をしたことがあるので少しはSTがどんなことをするかわかっているようだ、。ベテランと比較されるのがとても辛いけど、仕方ない。
 嚥下障害のVFとかVEとかも検討してみたいけど、勉強しないとわからない。大体VF,VEと言ってもわからないかもしれない。
 それでも摂食機能療法で算定している患者がいるので何かしら得た知識でやっているんだとは思う。僕は暗いし、おとなしいし、院長には遠慮がちなんて言われて、どうすればいいのかわからなくなってしまう。
 今日なんか1単位だし、毎日1から2単位の感じでこのままじゃ明らかにクビ。嚥下のオーダーどれだけでるかわからないけど、オーダー時に条件をもうけているのでうまく理解してくれたらいいんだけど。今の悩みは算定をどこまでするかが問題だ。詐欺でもいいのかなって。
 ビデオ録画システムも音声録画再生装置もいらないし、オージオメータもいらない。そして僕すらいらないんだけど。
 明日はアンラッキーデーなので無事に暮らせたらいいんだけど。
 リハスタッフにも話かけにくい人もいる。これからどうなるやら・・・。

なんか急

 業務の流れを急きょ説明することになり、今日は看護師を中心に、明日は医師を中心に説明する。資料は準備していたけど、僕は人前で説明するのが苦手なのでただ資料を読んだだけだけど、もう少し、あとでもよかったかも。ただ職員が集まる機会がそんなにないので仕方がない。
 嚥下訓練は看護師とSTの2本立ての流れで進行することにした。嚥下訓練用のゼリーがあるらしく、どういうものを使っているのかをくれたので試食してみた。味はまずまずなんだけど、甘すぎるかもしれない。口の中がべとべとする。いちごみるくのような感じなので、もっとすっきりしたもののほうがいいかもしれない。僕は基本的に食物を用いない訓練はST、食物を用いる訓練は看護師に任せることにした。
 やっと備品購入係の人とお話したが、オージオメータは院内にあるそうなので、別に買わなくていいと言った。院長も割り込んできて、ビデオカメラやDVDレコーダーは最新の物がいいと言うが、僕は、ビデオ録画システムの解釈が難しいので、院内にひとつもなければ、ビデオカメラだけ購入したらどうかと提案した。あとは椅子。オフィスチェアーキャスター付きがどうしても欲しくて、お願いした。布張りはよごれが目だってしかたがないので、ビニル素材にしてもらった。ただ購入係の人は布張りのほうが安いとか言い出してどうなるかわからない。結局すべて保留になったりして・・・。話の中で僕はどうせビデオを買っても使うことはないんですって言ってたら院長はこの人は正直だなぁとか言っていた。
 今日は健診があり、久々に採血をした。そして一番困ったのが、痰を出すこと。トイレで咳をして出してと言われたけど咳をしていたら吐きそうになった。どこも異常がないといいんだけど。異常がでたらクビか?それでもいいけど。だいたい老人病院でしばらく勤務してきて、例えば結核とかの疑いがあればこわい。他にもこわいことはある。
 やたら失語症はずっと算定できるということにこだわるし、構音障害も全部失語症になりそうなのがとてもこわい。そして嚥下は3ヶ月だし、改善の見込みのある方をお願いしているが、これも算定だけすればいいという感じ。
こんなことをしてるから、診療報酬が下げられたりするんじゃないかと思っているんだけど、また算定しないわけにもいかないし、すごいストレスを感じる。
 患者とフリートークをしていて、言葉も話せない、目だけ開いてる患者さんなんかの相手をしても仕事に張り合いがないでしょと言っていた。
 確かにそうだ。改善を求め過ぎること自体難しいし、どんな変化があるのかも判断が難しい。維持とは言っても少しは悪くなっているような気もする。
 ここ数日業務の流れの書類を作ってはいるんだけど、空回りしている。あってもなくてもどうでもいい書類。準備が不十分のまま、説明するはめになり、うまく軌道にのれたらいいけど、難しいだろう。スタッフはどこまでかかわりたいんだろう。嚥下なんて面倒だとは思わないのだろうか?算定のことしか考えていないのだろうか?僕はやっぱり辛い。嚥下訓練30分もできないかもしれないとは言っておいた。
 3分ぐらいで終わりたい。あまり期待してほしくないし、STきても役にたなたないなって思われても仕方ない。まだまだSTの認知度は低い。
 業務の流れの中でいろいろと覚えていかないことがたくさんある。同じ会話でも些細な話題を話しかけるのとわからないことを聞くのではだいぶ違う気がする。僕はしゃべらないんじゃなくて、わからないことを積極的に聞こうとしないのかもしれない。確かに僕の話題はあまり楽しくはないし、性格的にはすごくおとなしい。どんな職業がむいているんだろう。辞めれるならST辞めたい。あまり算定のことばかり考えているとまた調子が悪くなる。

今日から10月

 もう10月になるとあっというまに今年も終わってしまうのかなと思う。本屋に行ってポケットサイズの嚥下の本でも買おうかと思い、立ち読みしてたけれど、今年でた口腔ケアも書いてる本もいいけど3500円もするのがちょっと高い。もうひとつのやつは2000円ぐらいだったと思うけど。
 職場に本を持っていくのが重いのでこういう小型化された本のほうが持ちやすくてありがたい。
 リオンに聴力検査機器にお勧めはって聞いたら46万?ぐらいのやつを薦められた。使うことがないので、こんなに高いのは必要ないと思うんだけど。施設基準をとる時にこのタイプのやつを購入されていますよと言う。院長は構わないと言ってるけど、実際購入する備品担当の人が忙しくてつかまらない。
 僕はキャスターつきの自分用の椅子が欲しいのでそれは用意してほしい。
 リハ室にはスタッフがおみやげで買ってきたおかしや飲み物もあるんだけど、僕はコーヒーは苦手。でも結構飲んでる人多いのが不思議。日本人の体質に合うのかなぁ。学校の先生でタバコとコーヒーで口臭がきつい人がいて吐きそうになった。
 おみやげなんて買ってこなくてもいいのにとかまだ新人たちが多いリハなのでルールみたいのも特別決められているようでもなく、かといって好きなことをしてもいけないんだろうけど、僕は輪の中に入るのは苦手。ST室で本を読みたいなぁと思っても集中ができない。やっぱり外の音が丸聞こえなので気になる。でも集中して訓練できる患者もいないようないし、防音工事はもったいないかもしれない。それでも予定だけはしているようだけどこれも口だけかも。
 前も慢性期のリハビリだったけど、PTが塗り絵をさせてるところって多いのかな。個別療法だけどずっと塗り絵しているところを見ているわけでもなく、STみたいにずっとついていないといけないのは結構疲れる。だから20分も30分もできない。
 この悩みを心療内科で相談したこともあったけど、別に構わないんじゃないのって僕の主治医は言ってた。Ⅹも算定だけすれば文句はでないんじゃないのと。STの適応患者が多いとは言うものの、認知症がらみで失語があっても認知症の影響のほうが強い方が多い。初回評価も雑になってくるし、最低限報告書で知らせることはどのようにコミュニケーションを取ればいいのかだけ。
 SLTAとSLTA補助テスト、コース、WAIS-R,重度失語症検査、遂行機能をみる検査とかあるんだけど、遂行機能の検査なんて使ったこともないし、WAISは新しくなったし、重度失語症は道具を集めるのが面倒。
 ディサースリアの検査だけど、標準ディサースリア検査ぐらいあってもいいかとは思う。でも補助テストのやつも使えなくはない。
 訓練道具は絵カードだけでもやっていけなくはない。フリートークができる人はそれだけでもいい。僕は算定までして行えるSTの適応患者は少ないと思っている。STの養成校は必要ないし、これから目指そうとする人は何か別の仕事を考えたほうがいい。昔の医療に戻すというか、医師と看護師しかいなかった時代もあるだろうし、なんのための医療なのかもう一度考える時がきているのかもしれない。平均寿命がのびでみんな幸せに暮らせるかといえばそうでない人も多いし、老後の不安を今から考えている僕のような人もいる。
 
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ