FC2ブログ

今日から10月

 もう10月になるとあっというまに今年も終わってしまうのかなと思う。本屋に行ってポケットサイズの嚥下の本でも買おうかと思い、立ち読みしてたけれど、今年でた口腔ケアも書いてる本もいいけど3500円もするのがちょっと高い。もうひとつのやつは2000円ぐらいだったと思うけど。
 職場に本を持っていくのが重いのでこういう小型化された本のほうが持ちやすくてありがたい。
 リオンに聴力検査機器にお勧めはって聞いたら46万?ぐらいのやつを薦められた。使うことがないので、こんなに高いのは必要ないと思うんだけど。施設基準をとる時にこのタイプのやつを購入されていますよと言う。院長は構わないと言ってるけど、実際購入する備品担当の人が忙しくてつかまらない。
 僕はキャスターつきの自分用の椅子が欲しいのでそれは用意してほしい。
 リハ室にはスタッフがおみやげで買ってきたおかしや飲み物もあるんだけど、僕はコーヒーは苦手。でも結構飲んでる人多いのが不思議。日本人の体質に合うのかなぁ。学校の先生でタバコとコーヒーで口臭がきつい人がいて吐きそうになった。
 おみやげなんて買ってこなくてもいいのにとかまだ新人たちが多いリハなのでルールみたいのも特別決められているようでもなく、かといって好きなことをしてもいけないんだろうけど、僕は輪の中に入るのは苦手。ST室で本を読みたいなぁと思っても集中ができない。やっぱり外の音が丸聞こえなので気になる。でも集中して訓練できる患者もいないようないし、防音工事はもったいないかもしれない。それでも予定だけはしているようだけどこれも口だけかも。
 前も慢性期のリハビリだったけど、PTが塗り絵をさせてるところって多いのかな。個別療法だけどずっと塗り絵しているところを見ているわけでもなく、STみたいにずっとついていないといけないのは結構疲れる。だから20分も30分もできない。
 この悩みを心療内科で相談したこともあったけど、別に構わないんじゃないのって僕の主治医は言ってた。Ⅹも算定だけすれば文句はでないんじゃないのと。STの適応患者が多いとは言うものの、認知症がらみで失語があっても認知症の影響のほうが強い方が多い。初回評価も雑になってくるし、最低限報告書で知らせることはどのようにコミュニケーションを取ればいいのかだけ。
 SLTAとSLTA補助テスト、コース、WAIS-R,重度失語症検査、遂行機能をみる検査とかあるんだけど、遂行機能の検査なんて使ったこともないし、WAISは新しくなったし、重度失語症は道具を集めるのが面倒。
 ディサースリアの検査だけど、標準ディサースリア検査ぐらいあってもいいかとは思う。でも補助テストのやつも使えなくはない。
 訓練道具は絵カードだけでもやっていけなくはない。フリートークができる人はそれだけでもいい。僕は算定までして行えるSTの適応患者は少ないと思っている。STの養成校は必要ないし、これから目指そうとする人は何か別の仕事を考えたほうがいい。昔の医療に戻すというか、医師と看護師しかいなかった時代もあるだろうし、なんのための医療なのかもう一度考える時がきているのかもしれない。平均寿命がのびでみんな幸せに暮らせるかといえばそうでない人も多いし、老後の不安を今から考えている僕のような人もいる。
 
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ