FC2ブログ

辞書

 うちのリハビリは新人が多いのでカルテの誤字が多い。訂正印だらけ。僕は訂正印なんかいらないと思ってるんだけど。
 前の職場には昔買った国語辞書を置いてたけど、なんか持っていくのが面倒で電子辞書に興味を持っている。ただ安いのは安いし、高いのは高い。仕事を辞めるかどうか考えているのに、電子辞書を買おうかどうかずっと迷っている。薬の事典も入ってたらいいなと思う。でも実際、本のほうが引くスピードが早い。軽さを選ぶか、スピードを選ぶか・・・。携帯にも辞書機能はついているけど、職場で携帯を触っていたら不自然だ。
 カレンダーの件はもうあきらめたほうがよさそうだ。100円ショップでも売っている。製薬会社のカレンダーには本当にかわいいのもあるんだけど、入手が難しそうなので仕方ない。忘年会もあるし、年内までもてばいいかとは思っている。実習が終わるとすぐに科長が退職の話をしてくるかもしれない。それより、患者数のことを言われるかな。やっぱりなんでもかんでもオーダー出してくる状況になってしまうので、そこで僕がすべて適応なしにすると僕がいる意味がなくなってしまう。疲れてるときにこっちからどうこうしようとする気には少しなっても行動にはうつせない。見ているふりだけでもしていたら、うまくいくのかもしれないけれど。
 ST以外の仕事で自分に合う仕事があるかな。長く続けられる仕事。これから出てくる新卒者の就職先はあるのだろうか。
 朝日新聞に最近掲載されている失語症の患者さんは社会復帰までされてすごいと思う。こういう例はそんなに多くはないと思う。
 僕の病院職員にこの記事を見せても、理解できないと思う。認知症でも構音障害でもとにかくコミュニケーションが取れなければ、全部失語症の診断をつけてもらって算定したらいいとか、構音障害が180日までなら嚥下で算定したらいいとかこわいことばかりいう科長が悲しい。うちの病院のリハビリは180日を超えてもいろいろ理由をつけたり、診断名を変えたりして継続している患者が多いようだ。
 リハビリの算定制限なんだけど、本当に効果が確かめられない患者が多いので、うちのような老人病院で行われているSTにお金を払う価値があるのかどうかだけど、価値はないんじゃないかと思っている。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ