FC2ブログ

幸せって何だっけ?

 新患をみていて、元高校の先生という患者がいた。構音障害があり、発症からは半年経っているとは思ったけど、訓練の適応はあると思う。要はコミュニケーションが少しでも取れる方じゃないとこっちも訓練のやりようがない。ジェスチャーも交えて、なんとか伝えようとしていた。そういうのを見ると、なんとかしてあげたいという気持ちも起こらなくはない。
 あとはどうでもいい患者ばかりという気持ちも本音だ。
 嚥下障害の患者だけど、粉を溶かしてムース状になるものがあるらしく、それを使って看護師が嚥下訓練をしている。僕は、どんな食品でやっているかも知らなかったし、うちの病院の食事形態にどのようなものがあるのかは知らない。本屋で嚥下食の本を立ち読みして、ニュートリー社の製品がよく掲載されていたので、サンプルを取り寄せることにした。
 この嚥下患者は認知症がメインで、わけのわからないことを言い出すときがある。嚥下反射はあるけど、ぐぴっという音がして不自然だ。なんども肺炎を繰り返しているらしく、それでも医師は食べさせたいようだ。この医師はおかしいかもしれない。危険度はあるけれど、注意して食べれば食べれなくはなさそうだ。量が少なくてカロリーが高くて、味もさっぱりしたゼリーがあればいいいんだけど。僕は補助食品に関しては全然知識がないんで、岡山の学会の時にもっと勉強しておけばよかったと後悔している。
 院長が僕を励ましたかったのか、いろいろ僕に言ってきたけれど、僕は慢性期の医療に否定的なところがあると伝えた。そうすると院長は何もせずに死んでいけばいいんですか?みたいなことを次から次へというので、僕もはいそうですみたいなことを言い、極端ですねと僕が言うと極端だねーと院長も言った。科長が僕が辞めたがっていることを言ったのかなぁ。勉強したければ週1でも大学病院に研修にいけるよう、紹介状を書いてもいいよとは言っていた。院長は僕のお父さんだと思ってくれてもいいと言っていた。頑張らなくてもいいし、楽しく仕事ができればいいじゃないですかと。そうやって言ってる張本人が遷延性意識障害のような感じの指示を出している。失語じゃないよってあえて言ってないけど、失語症の説明をすれば患者はいなくなるだろう。この辺のところはどう対応していけばいいのかよくわからない。医師の失語症の理解って難しいのか?
 院長は元々消化器外科が専門なので手術の自慢を僕にしていた。もったいないなぁこんな病院にきてって思ったけれど。なんでこんな慢性期の病院の院長なんかやってるんだろう。本人もこんな程度の低い病院とは言ってたけど。
 院長は僕の肩をたたき、ねぎらっているような感じだった。
 他のPTも辞めたい話を聞いたのか、頑張ってくださいと言っていた。僕にしてみれば、維持目的でSTの診療報酬を算定すること自体間違っていると感じている。でもサービスならやってもいいと感じているし、基本診療で取りたい患者もいると科長に相談した。STを希望しているかどうかを本人に確かめられないし、家族も毎日来るわけじゃないし、医師の独断でSTが必要と決められてしまうのも困る。患者や家族の希望を聞いて、STでやることはこういうことですよと納得してもらった上でやりたい。もしSTが必要ないと本人や家族が判断すれば僕はそのほうが自然でいいと思う。
 PTジャーナルに終末期リハビリテーションの文献が載っていたと思う。PTは終末期リハビリテーションについてどう考えているのか?僕は積極的にはできないと思う。スタッフの精神状態だっておかしくなるんじゃないかと思う。
 急性期は急性期で2週間ほどしか関われなくて、そのあとどうなったかはわからないし、面白くないという人もいる。
 じゃあどの期がよくてやりがいがあるのかなんだけど、回復期なのかどうかはわからない。今更耳鼻科領域で勤務したいと言っても僕は耳鼻科領域のことはよくわからない。
 慢性期でも患者に関わることはぜんぜん構わないと思う。積極的にはなれないし、20分以上という訓練時間も長すぎて、見た振りしかしていないけど、この見た振りもちゃんと認めて欲しい。
 僕の精神状態が悪化しないように、どうにか考えたい。やめるやめないを考えると頭が痛くなる。募集していた職場に電話しようと思ったけど電話できなかった。院長ありがとう。多分僕は役にたてません。
 英語を話す医師が僕の苗字を呼び捨てで呼んで、ダビンチコードを読んだかみたいなことを英語で言うので、イエスとだけ答えた。話の内容がわかりにくいというと知識がないだけと言われ、コケにされたような感じだ。
 ローマ帝国の話はあまり興味はないんだけど、ダビンチコードはベストセラーだし、なんでこの本がベストセラーになったのかよくわからない。今は下巻を読んでいる最中だ。退職のこともあり、ストーリーは頭の中にほとんど入ってこない。ごめんなさい、英語の医師。
 早く休みたい。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ