FC2ブログ

あぁ

 渡鬼を見ている途中で寝てしまい、1時に起き、また寝て4時起きだ。仕事に行きたくない。今日は注意日だった。何か起こるかもしれない。
 昨日の忘年会は盛り上がっただろうか。僕はその話題には加われない。また病院見学に行く予定はあるけれど、あまり期待はできない。僕の場合過度な期待をするためにショックが大きい。自分の能力にあった職場が現状のようなところなのかもしれないのに、嚥下じゃない失語や運動性構音障害の言語治療に関わりたいと考えてしまう。でもなかなかそういう機会が少なくなっている。行く先々で嚥下をぜひ!とお願いされるので困ったものだ。今度見学に行く病院も多分そのことを言われるだろう。見学もそんなに面白くなくなってしまう。病院の古さ、職員の口調や態度などを観察し、あんまり失礼なところではいくらお金に困ってるとは言え働けない。どうしてもPTやOTが代表のところが多いので、STはリハ科から独立して作ってもらえないかとは思うんだけど難しいだろう。半袖の白衣は寒いし、長いやつがいいよ。着替えも楽だから。どこかで雇ってください。寒い時期の職探しは辛いです。xはもうST辞めろって言うんだけど、なぜかわからないけどまだ探してしまう。結局職場を変えても同じだということには気づいているし、辞めてはいけなかったんだけど、同じ過ちを繰り返してしまうのがこわい。みんなその辺では賢くやってるのに、僕は辞めてしまう。いい職場なんてないのにいつまでも探してしまう。
 あぁ疲れた。病棟にいくとき、リハスタッフに話かけるとき、昼食時に院長がやってくるときに疲れがでる。院長は僕を除いたスタッフ1人ずつに声をかけている。ジェラシー感じるなぁ。辞めるとこうなるんだぞって見せ付けられているみたいで。僕は昨日の忘年会どうだったととなりのデスクのスタッフに聞いた。誰も辞める人なんかにかまってられないかな。話したくもないかな。だから病棟で唯一会話のできる人のもとへいく。ある意味寂しいなぁと感じるけれど部屋でずっと閉じこもっているのもやっぱり疲れる。どうか来年うまくいきますように。次の職場で続きますように。
 久々にいたずらから電話がきて、ずっと電話がなかったので心配したと伝えた。忙しかったそうだ。いたずらの声を聞いて安心した。STとして日々頑張っているので、ある意味頼もしい人なのだが、遊ばれているのかなと思うと少し悲しい。
 辞めなかったらよかったのにと言われたけれどもうどうしようもなかった。全部僕が決めたことだし、毎日死んでるような生活は送りたくない。本当にSTをやめなければいけない日も来るかもしれないけれど、それはそれであきらめようと思う。僕にはSTという仕事がむいていなかっただけなんだろう。
 院長が退職願を出した日からころっと態度を変えた話をしたんだけど、最後のあいさつも行きづらいなと感じている。院長室に行ってお世話になりましたと言えばいいんだけど。毎日リハビリ室に来て、リハスタッフと昼食を食べ、昨日なんかはリハスタッフ1人と忘年会が終わってからもどこかの店で飲んでいたようだ。リハスタッフしか話し相手がいないのかとも思ってしまう。そんな院長でこの病院は大丈夫なのかなと思うけれど、もう僕は辞めるのでそこまで考える必要はない。次の職場を探し、継続できるように、簡単にあきらめないように気をつけたい。元々慎重すぎるぐらい慎重な僕なんだけど、同じ過ちを繰り返してしまう。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ