FC2ブログ

退職プラン

 さて短い期間だけどまた退職を考えている。僕がいると迷惑じゃないと思ったからだ。いろいろ不備を指摘され、段々ストレスになってきている。最初からうまくいくことはないとは思うんだけど、素直に従えなかったり、正しいことかどうかもわからないことを押し付けられてそのままはいそうですと実行にうつすことができない。僕はみんなに合わせられない。自信がないというのもあるし、人並み以上に不安になりやすいので、いろいろ言われると、本当に自分がだめなんだなと思い込み、いくらこうしたらいいとか言われてもうまくやっていけないような気がしてならない。僕は、正確に診療報酬を算定しているかと言えば100%とはいえない。時間通りにしないこともあるし、訓練内容も不確かだ。効果があるかどうかさえもわからないことがある。残業してまで勤務時間内に見れなかった患者をみたいとは思わない。そんな不安定な業務の中でこれをこうしてくださいと言われてもなんか胸がつっかえるというか苦しい。そんな苦しみから逃げたいがために退職するかどうかを考えるのだが、もうSTとしてはこの仕事が最後にしたほうがいいのかとは思っている。もっと勉強しないといけないし、いろんな課題があるんだけど、そこまで頑張ろうという気持ちが起こりにくい。新人よりも劣るのはどうしようもないんだけど、努力する気がおこらないようなので諦めるしかないかと思っている。今日はすごーく思いつめている。明日行きたくない。このブログを書きながら半泣きだ。こんな状態でどう笑顔で過ごせっていうのか、スタッフと楽しい会話ができるかまでは難しい。
 しばらく絶食だった患者に食事がでることが決まったのだが、その喜びようが普通ではなかった。ただ誤嚥の心配はVFでは問題なくても感じている。一応VFの信頼性は高いんだと思うんだけど、僕はまだ疑っている。今は知識が乏しいので、えらそうなことは言えないけれど。こんな状態で嚥下のスキルアップができるとは思えないし、やっぱり仕事が続かないSTなのかなと思った。歓迎会の話が出たが以前の病院のこともあり、お断りをした。辞めたらまた親がごちゃごちゃ言ってくるけれど、能力が劣り、仕事に支障がでるようであれば、勤務していても仕方がない。
 僕の白衣のクリーニングだけど、どこか違うところに持っていかれていたようだった。白衣についてるタグの記号が間違っていたせいだった。これも辞めろって言ってるサインなのかなって思っている。
 もともとPTやOTとはうまくいかないし、うまくいっている人がいたとしても、僕と関わるといいことがおきないようなので、しかたなく離れていく。
そしてSTと一緒にやっていくためには死ぬしかないのだろう。命がいくつあっても足りない感じだ。
 お金の心配もあるんだけど、厳しいリハビリの職場での勤務継続は難しいようだ。早く後任を探してもらったほうがよさそうだ。
スポンサーサイト



医者巡り

 保険証が来ないものだから、またたずねにいくと、事務員がひきだしを開けて探していたらあった。今日来たかもしれないとか嘘ばっかりのようなことをいい、信じられない。年金手帳も返してもらった。そして、仕事帰りに、今月分の医療費を社保から支払ってもらうようお願いしに3つのクリニックをまわった。
 皮膚科で炎症はあるものの、かゆみも最近あるので、医師はポリエステルが原因じゃないかと言っていた。僕は綿の下着を着用していると言うと、ポリエステルの繊維が綿のシャツをこえると言っていた。代表的なのがフリースのようだ。生活からポリエステルを排除することは正直難しい。病院の白衣だってポリエステルだと思う。白衣がクリーニングから戻ってこないことも事務に伝えた。xがいっそのこと長衣にしてもらえと言っていた。確かに長衣のほうが楽だ。ただリハビリの代表がSTも上下分割にしてくださいと面接で言われたのでどうしようもなかった。なんでもかんでもPTやOTにあわせるのは正直迷惑だ。おかげで僕はまだ病院で顔が覚えられていないせいか、PTかOTに間違えられている。車いすからベッドへの移乗はできない。
 朝いちのディサースリアの患者がお嫁選びのときに、お嫁のお母さんの手料理を食べたらいいですよと言われた。お母さんの料理がおいしければ娘さんもその味をずっと覚えているはずと言っていた。
 そして、昼過ぎの球マヒの患者だけど、僕はいつ話せるようになるのかなと思っていたが、ここ数日意識レベルが回復し、今日はじめてオハヨウや苗字を言えることができた。オハヨウと言ったときに面会に来られた家族が感動し泣いていた。僕にしてみればおおげさなとは思ったんだけど、こんな光景は慢性期ではなかったなと思った。嚥下も改善してくれたら言うことがないんだけど、嚥下反射はまだおこりにくい。
 また新たな職員と初めてお話をして、学歴や経歴を聞くたびにすごいと感心してばかり。
 ここには書けないことがいろいろあり、それがストレスにもなるのだが、病院づとめはやっぱり大変だ。
 風邪がはやったり、ノロウイルスがはやったり、僕も昨年末から久々に高熱を出したけれど、今年はあまり風邪をひきたくないと思う。
 ST協会のニュースを見るとSTの数は11000名を超えたそうだ。すごい数だなと思った。認定言語聴覚士に興味はあるんだけど、僕のポイントは0。僕はST協会が法人化し、もっと言語聴覚士として意味のある団体に成長してくれたらいいとは思う。言語聴覚士の日が必要かどうかだけど僕はそんな日はいらないのではないかと思っている。言語聴覚士といってるのに、白衣の印象でリハビリの人がきたって言われるのはあんまり好きではない。

疲労

 患者も少し増え、脳血管で嚥下を算定していることに疑問を感じつつもなんとかやっている。
 介助時、主治医と僕の身の上話になったり、STたちの話題になったりいろいろ話をしていた。僕は新人ではないのですが、ここで勤務するSTよりは劣りますよと。
 まだ保険証が来ないし、本当に嫌がらせかと思っている。
 ヘルパーの人と話をしていたら、大卒で全く別の仕事をしていたという話を聞いた。設計の仕事ということでもっと人と接する仕事がしたくなったのが動機らしい。僕なんか人と接する仕事が向いてないのに医療関係に進みたい気持ちがあったのでこんなことになってしまったけど、今度は人と接しない仕事を選んだほうがいいのかもしれない。STも悪くはないけれど。
 ただST複数職場ではバカ扱いされるのはわかっているので辛い。人間としてもみてくれていないかもしれない。確かに僕は今更勉強する気もないし、やる気がおこらないのだから仕方ない。
 こんな中でいつクビになるのか辞めるのかはわからないけど、あんまり勉強にはなっていないようだ。
 昨日前の職場の院長に手紙を出した。いろいろしてくれたので感謝している。やめなくてもよかったのかもしれないけど、神様のいたずらだろう。
今の職場は占いでは方角も悪いし、勤務した時期もいまいちの時期。4月以降から運気があがるのでそれまでの辛抱。年運は悪くはない。

トーク

 朝いちで軽度ディサースリア患者を見るんだけど、今日はフリートークのみ。たまたまベッドサイドで話をしてたら介護の人がお風呂の話をしてきて患者は数日前に入ったらいいと拒んでいた。僕は何で拒むんだろうって不思議に思ったけど、あとで患者がそのわけを話してくれた。どうやら乳がんで胸を切除したらしく、それを見られたくないとのことだった。
 今日のフリートークは濃厚だった。患者は泣きながら過去を振り返り語っていた。
 嚥下の患者で水のみかとろみ水のみテストをやろうかと思ったけど、とりあえず主治医に確認してやってもいいか聞いてみたら唾液誤嚥しているようなのでやめてくださいと言われやめた。たまたまその主治医が病室にきたので、奥さんにいろいろ今後のことや補助栄養のことについて説明してもらった。
 ずいぶん丁寧な女医だなと感心した。
 仕事帰りに、駅までリハ医にばったり会い、僕から声をかけ、たまたま帰る方角が一緒だったので途中まで電車に乗って帰った。別に職場でもそんなに話してはいない人なんだけど、僕も一緒に帰ったらまずいかななんて考えたし、会話が続かないかもしれないと思ったけどなんとかなった。
 医師の出身大学や住んでるところ、家族構成、専門などいろいろ聞けた。わりと話しやすい人なのかなって思った。僕も何度か病院を変わって今のところに期間限定できましたと言っておいた。今の僕の悩みは仕事が続かないことですといった。この医師はもとは整形外科が専門だ。年齢の話をふっかけて先生は年齢不詳ですねっていうと不詳ということでいうのでそれ以上は聞かなかった。40代らしい。僕は年齢を言ったけどね。まぁこんなふうに医者と帰れるだけでも本当はうれしい。前の病院でもたまたま駅のホームで会って、ごちそうまでしてくれた医者もいたので、たまにはいいこともあるんだなって思った。
 地元につき、印鑑のインクがなくなったので文房具屋に行き、これに合うインクはどれですかとたずね、それを買った。カルテとか書類とかに訂正印押してたら段々印が薄くなってしまった。
 本屋で立ち読みをしていたんだけど、中公新書の声が生まれるっていう本が見たかったので見たんだけど、少し面白そうかな。買えないけど。
 急性期、回復期、慢性期だったらどれがいいかって考えたけれど、1番大変そうなのが回復期のような気がする。急性期のみのところでSTを採用するところは少なそう。そうなると慢性期が働きやすそうだ。ただ患者層のことで悩むかもしれないけど、嚥下中心でそこそこやっていっていけたらいいのかなって思った。慢性期にいた頃に今度こそは急性期とかリハ専門病院とか思っていたけれど、リハビリ自体がセラピストにも負担になるような回復期は辛いと思う。365日リハビリとか辛い。
 

カルテ

 カルテは病院によって違う。僕は日時と実施内容とサインは最低書かないといけないと思っていたんだけど、それだけじゃ不十分かもしれないといわれた。正直変化もない患者に関しては何を書けばいいのか?
 そして指示箋だけど、場所とか単位数の指定はきついものがある。すべて医師が決めてしまうことに抵抗を感じる。
 前の職場で1人変った医師がいてなかなか終了させてくれないので、患者に会いにいくだけで算定はしなかった。
 この指示箋からリハビリがスタートするんだけど、もう少しセラピストに自由度が与えられたらいいなとは思う。
 単位数2なんて書いてたから、患者を見に行ってこれは2単位は無理だろうと思い、指示箋を出した医師に尋ねると、2単位までの意味だからと言われほっとした。
 摂食機能療法と脳血管リハビリは違う。どちらもSTが算定できるが、嚥下は構音で算定するか?そうなると僕の今までのやり方は必ず構音障害と嚥下障害とセットで指示箋を出すようにお願いした。でも今は、全部脳で算定だ。VF前の間接訓練という指示箋もきたが、これは脳で算定しづらい。あまり深く考えすぎちゃうとまた調子が悪くなるので、あきらめるが、業務の流れが勤務先によって本当に違うので慣れるまで大変だ。
 まだまだ職員とのコミュニケーションは取れていない。最近の僕はもうクビならそれでいいと思っている。xがST辞めたら、僕の友達からSTはいなくなる。それは悲しいので僕も別の仕事をしたほうがよさそうだ。
 神経内科医の女医がいるのだが、今日から経口を開始した患者さんの食事摂取場面を見に来てくれていた。こんな医者もいるんだと感心した。顔立ちもきれいで、いい感じだ。嚥下食がまずいらしく、医師が家から何かもってきてもいいですよと言ってくれたのでよかった。やっぱり医師がそばにいてくれると助かる。STができることは限られるから。水のみテストぐらい医師でもできるだろうって思うんだけどどうだろう。
 病院が大きいので病棟とST室の行き来が大変だ。電話を取るのはいいんだけど、僕には関係のない内容でよくわかりにくい。みんな電話を取りたくはないんだろうけど。
 僕はボーナスがないので、あんまり仕事量を増やされても困る。
 皮膚の炎症が気になるのにもかかわらずあんぱんを買ってしまった。なかなか痩せない。
 軽度のディサースリアの患者さんだけど話してたら楽しくて2人で笑ってしまった。
 いろんなスタッフがこうしたらいいああしたらいいとばらばらなことを言うのですごいストレスを感じる。悪気があって言ってるわけじゃないんだけど、好き勝手言えばいいというもんじゃない。まずは、代表が言ったとおりにしてもらいたい。あちこちの病院でいろいろ経験してきたことはわかるんだけど、業務の流れに関しては、青本や保団連の本を参考に業務の流れを再度考え直したほうがよさそうだ。
 あぁ行きも帰りも若STが僕の前を歩いていた。一緒に帰っても話すことはないので別々。僕はあとをついていくだけ。遠回りしようかと思ったけど疲れるのでやめた。
 なんか楽しいことはないかなぁ。カルテの記載に関しては自信をなくした。今更指摘されても辛いものがある。習慣にないものを変えていくのはつらい。そしてそれが100%正しいとは限らないのがやっかいだ。
 保険証がこないのとクリーニングに出している白衣の上下の下2本が戻ってこない。たくさんハンガーにかかっているので探してはみたんだけど、見つからなかった。このままでは下がなくなる・・・。僕は長衣のほうがいいんだけど、最近は上下のところが多いのかもしれない。

疲労

 まだまだ不慣れなVFが終わると疲れる。動画も上手に見ることができないことにいらだちをかんじる。神経心理も同じだけど。
 僕よりも経験がすくないSTから教えてもらうことはいろいろ大変。態度が生意気なら腹もたつ。でもこれは知ったものがちというか知識があるかどうかスキルがあるかどうかで差は出てしまう。わからないことは聞かなければいけないけど、やっぱりそのときの気分によって聞けないこともある。単位数はまだ少ないけれど、他のSTとのバランスもあるので、もう少し単位をあげないといけないとは思う。うちのSTはやけにディサースリアに関しては消極的だなと思っている。すぐ打ち切ろうとする。確かによくなるかと言えば難しいケースが多い。打ち切ってくださいといわれてもそれは、患者も交えて決めないといけないし、180日まではみれるのでそれでいいんじゃないかと思うんだけど、すぐ終わらせようとする。
 やっぱり1人職場のほうが気楽。僕はスキルアップとか、大きな病院とか学会発表とか気にはしてきたけど、段々どうでもよくなってきた。現状維持すらもできない僕にレベルアップは考えられない。やっぱり働きやすいところがいい。でも患者層は悪くなってしまう。これに耐えられなければSTを辞めたほうがいい。
 STって医者並みもしくはそれ以上の地位じゃないのだめなの?だから定義に医師の指示のもとにがないの?それを目指していたのか?実にハイレベルだ。PT,OTと一緒にすることはないとは思うけれど、どのような位置づけで本来はしたかったんだろう。地位は高くても収入が安ければ悲しい。
 STの地盤を作り上げてきた人たちと今の新人たちと僕のような中途半端なSTが存在するわけだけど、今の職場のSTと話していると僕となんか本当は話したくないんだろうなってつい思ってしまう。かといって辞めますとはまだ言えず、まだ求人募集は消されてはいないけど、ここは働きにくいと思う。
僕もなんとか耐えてはいるけど、段々耐えられなくなっていくと思う。ここには書けないのもストレスになりつつあるんだけど、やっぱりなんでも書けばいいとは思っていないのであたりさわりのないことしか書けない。
 僕の変りはたくさんいるので、もし今月中で辞めてくださいと言われれば素直に従う。その後また職探しだ。今年は年運がよく、ただ1から3月は月運が低迷している。だから3月までは続けたい。そして続くようであれば年内まで。
 特定のスタッフとしか話せないんだけど、それじゃいけないかな。相手にも迷惑がかかりそうで・・・。そんなこと相手は気にしてなければいいんだけど。
 STから見れば僕はもどかしい奴なんだとは思う。まぁダメならクビにしてください。
 昨日と今日と朝晩抗不安薬を飲んだけどやっぱり眠たくなる。21時代から頭がふらふらする。
 外来のオーダーの流れを知らなくて、医師からオーダーが出ていなかったので、診察室でまちぶせして医師にプリントアウトしてもらった。
 まだまだわからないことがある。よくやることについては覚えていくだろうけど、たまにしかやらないことは覚えにくい。
 僕の良さって何?
 自分や患者を守るためにときには戦うこともあるんだとは思う。でも解決できないケースも多々ある。僕は争いごとが苦手なのでこの仕事はむかないかも。吠えるようなSTだけが生き残れるのだから。僕のようにつねに半泣きじゃだめだとは思う。あぁこわい。職場が怖い。
 Xが仕事を辞めようとしている。僕は彼に辞めないほうがいいと言っている。もし辞めるなら自分の好きなことをして、ST以外の仕事で食いつなぐそうだ。

疲労

 あぁ帰り道がつらかった。今日は慣れないスクリーニングテストを70代後半の新患に実施してこんなにできるんだって感心してしまった。ただやり方は大まかにきいてはいたけれど、これでいいのかなって感じでいい加減かもしれない。つねに監視されるのも嫌だけどね。やっぱり複数ST職場は働きにくいなと思った。辞めたいって思うし、でも続けなきゃお金が入ってこないし、辞めるならちゃんと他の仕事を探して、後任も見つけないといけなくなる。
 リハスタッフも僕のことを気にしてはくれているような感じなのでありがたい。僕なりにはやっているんだけど僕なり以上のことを求められてしまうとやる気がなくなってしまい、閉じこもりたくなる。そして、今回は僕専用の部屋はないので、かなりストレス。でも他のSTは部屋に閉じこもってるわけでもなく、うまく他職種とコミュニケーションしているように見える。トップは学会の話をするし、僕は今後も学会でどうこうすることはないと思う。なんか毎回書いてるけど、とんでもないSTがきたというかお役にはたててない気がする。物知り博士が僕に話しかけてもつまらないとは思う。すぐ英語で専門用語をいうので、日本語で教えてくださいとはきく。僕はこの物知り博士のレベルにはついていくことはできない。ここには書けないけれど、頭は痛いし、いろいろあって本当に疲れる。

疲労

 スクリーニングテストは病院によってまちまちなんだけど、僕は1人職場が長かったので実習先でもらったやつをずっと使っていた。そして、今の職場では全く使ったことのないものを使うのでどうやって使うかを作成者に聞いてみたのだが、体調が悪く、中途半端になってしまった。○○たいと言っている。仕事休んだらいいのにと思うぐらい調子が悪いようだ。
 総合実施計画書やカルテの記載等難しく、いまだにリハ内のルールが確立されていない状況だ。確かにカルテ自体がおかしい。他の職場で働いたスタッフもいる中でこのようなカルテは使いにくいとは思わないのだろうか?何かと僕にスタッフとのコミュニケーションを求めてくるスタッフがいるのだが、わかってはいるんだけど辛い。コミュニケーションは本当に重要。僕は、集中できないながらも、新患の対応に追われている。
 今日は帰りが少し遅くなり、やっぱり能力が低い僕には今の病院で働くのは正直つらいなと思っていた。電車の中でまた辞めたほうがいいのかなとまだ2週間なのに・・・。次はSTじゃない仕事を探さないといけない。

灰色

 ふと前の病院のスタッフの名前を思い出していた。院長の名前はすぐ出てくるんだけど、リハのスタッフの名前で思い出せない人が何名かいる。今の病院もまだまだ覚えていない人がいる。こんな調子で大丈夫かと心配するが、徐々に覚えていくだろう。この週末どっと疲れがきたというか、街へでかけようって思っても面倒になってしまう。職場は街と言うより田舎なので何もない。服も本も家電も見れないのが残念。
 昨日付録の嚥下のDVDを見ていたけれど、やっぱり早すぎてわかりづらい。喉頭侵入が見えにくい。嚥下前、中、後の誤嚥もわかりにくい。誤嚥したのかどうかさえもわからないときがある。舌骨の動きなんてさっぱりだ。これらを見れるようになるには時間がかかりそうだ。
 本には誤嚥しにくいものから開始とある。徐々に増加とあるが、何口ぐらい食べさせていいんだろう。あーわからない。みんなよくVFやっていると感心する。
 やっぱりST複数の人間関係は気にはなる。別にひどいことをされたとか言われたということは今のところないんだけど、やりづらいことはある。
 そんなに求人も多い仕事ではないし、働けるところも限られるので、仕方ないかもしれないけど、僕は今後どうしていきたいのか考えていきたい。思うようにはいかないというのだけは実感する。あとはプラスのパワーをもっと増やさないと毎年つまらない人生を送るだけのような気がする。
 週5日連続の勤務は疲れた。
 昨日はMと会えるのかなと期待してたんだけど連絡もないし、ショックだった。
 あるあるの納豆がダイエットに聞くという放送分で納豆がバカ売れしたようだが、みんな本当にダイエットに興味があるんだなと思った。僕も痩せたいけれど、この番組は見ていなかったので、知らなかった。確かに納豆は手軽に食べれるし、好き嫌いはあるけれど、僕は納豆を食べれるので、本当に痩せれるのならしばらく食べ続けていたかもしれない。ただ根拠もなく放送し、そして謝罪ということで視聴者を裏切ってしまうのはよくないし、視聴者もそういう情報に振り回されてしまうのをどうかと思う。楽して痩せようというのがそもそも間違いだ。あるあるを見るのをやめたひとは華麗なる一族を見よう。キムタクが出るだけで彼の視聴率が取れるんだからすごいと思う。そういうラッキーな人からプラスのパワーをもらいたい。
 今日も食べ過ぎたような感じがする僕だが、やはり食べる量をもう少しすくなくするとか、カロリーが高いものを控えるとかしないとだめだと思う。
 精神状態がよくなるにはやはりよき理解者が必要だと思った。職場での出会いはどうだろう。ST内ですら孤立感を感じているわけだし、他の職種の人ともどうだろう。寂しいなと思うことはしばしばあるけれど。
 僕は嚥下担当で嚥下の患者しか見ていないんだけど、やっぱりこの人食べれないんじゃないのって思うオーダーもある。今の職場で難しいのはリハ医と主治医がいてダイレクトに主治医とやりとりしたいんだけど、リハ医ってなんでいるのって感じだ。リハ医がいなくても主治医がいればいいんじゃないかと思うんだけどどうなんだろう。いつまで続くやらわからないと言えばまた親が機嫌を悪くするし、僕ってどうして勤労意欲がわかないのか悲しいぐらいになまけたいのだ。週休5日制にならないかな。みんな働きすぎ。そして格差もありすぎ。
 NHKで21時55分からボイトレのやり方を放送しているようだ。たまたまそのテキストを本屋で立ち読みしていた。見れたら見るけど見るのを忘れそうだ。2月からも初回から再放送するようなので、僕は1週間見逃してしまったけれど、もし見れたら見ようと思う。多分明日になったら忘れてるかも。だいたい22時頃は睡魔に襲われてふらふら。そして早朝は憂鬱で仕事に行きたくないなって思っている。楽しくは出勤できない。また僕を除いたSTたちが高度な専門用語を使って話しているのを聞くと、僕はここにいてもいいのかって思ってしまう。また嚥下の本で勉強しないといけない。嫌だけど今は嚥下なのだ。得意分野がない僕にはまず嚥下なのだ。
 

書評

 嚥下に携わるにあたり、昨年出版された2冊を購入したが、まずは「目でみる嚥下障害」藤島氏の内視鏡と造影のDVDが収録されたやつだが、価格は安いんだけどいまいちわかりにくい。そして、これを見てから別の本も購入した。それが「摂食・嚥下障害のVF実践ガイド」だ。監修は植松氏だ。こちらのほうが価格は高いけどまだわかりやすい。音声がないDVDで少し違和感があるが、勉強しやすいかもしれない。ただ僕は今集中できないので、頭に入ってこないけれど、久々に専門書を購入した。藤島氏のDVDは構成がばらばらというかまとまりがない感じがする。僕の知識が少ないせいもあるかもしれないけれど、もう少し編集技術をいかして、わかりやすいものを作って欲しい。
 また今年もいくつか出るかな?嚥下学会のあたりに出るとは思うんだけど。
本は立ち読みすればわかるけど、DVDは袋を破いて見るわけにはいかず、どんな感じかなって聞く人もおらず、運だなと思った。僕の場合価格を重視する。やっぱり高すぎるのは買えない。ポケット版の嚥下障害の本はわかりやすいと思った。
 今朝は4時おきでまた夜うなされていた。23時まで起きることはできず、またドラマが中途半端になってしまった。きらきら研修医は面白い。

睡眠がおかされる

 なんとか23時までおきてテレビを見ようと思ったけど寝てしまった。やはりW録画ができるDVDレコーダーが必要だ。今は給与が15万以下なのできついかもしれない。今月末からウインドウズビスタ搭載のPCも出るし、それも欲しい。そして、深夜に1度目がさめて、今朝も4時過ぎに起きたが、なんだか苦しいし、憂鬱だ。ここ数日ねむログをつけている。
http://www.nemulog.jp/
 やっぱり疲れているのか、朝が辛い。昨日は気が楽だとは書いたものの、そのときの感情で書いてしまった。日々心の状態や体調は違う。
 気になるのが、VFで経口が難しいと判断された患者の訓練を継続すべきかどうかがよくわからない。間接的訓練になるけれど、どうなんだろう。
 そして嚥下訓練を脳血管リハビリで算定している病院はあるのだろうか?
いろいろと他にもあるんだけど、僕は今勤務している病院のやり方に合わせるしかない。1人でやってたら自由に決められるんだけど、複数になるとそうはいかない。体も心も壊れない程度にそして、仕事以外に何か楽しみを見つけたい。本もちょっと読める状況ではなく、読みたいと思う新書等が読めていない。音楽も聞きたいけど聞けていない。この年になると新しい友達を作るのも難しい。もともと積極的なほうではないので、余計に難しいとは思うけど。自立は大切なんだけど、まだ自立しきれていないような気がする。あー頭が痛いし、疲労感を感じる。
 今日は鼻血が出た。5日間の勤務は終わり、やっぱり疲れた。僕は嚥下担当なんだけど、慢性期も重度だったけど、急性期も重度だ。この人にVF?っていう人までVFするのだから。いまいちわかっていないVFなんだけどそれなりに身につくだろうか?
 トップのSTは僕をSTとして認めてはいないと思う。僕もそれはそれで仕方ないと思う。だから今すぐ退職しようとかそういう気持ちはないんだけど、なんだかいるのが申し訳ない。ハイレベルな人材が欲しいようだ。今の学生に将来有望な人がどのぐらいいるかはわからないけど、僕のようなSTにならなければ大丈夫だと思う。低レベルだからっておちこんでばかりいても仕方ないけど、志気は停滞かな。これじゃどのSTも相手にはしてくれないだろう。でもやる気が起こらない。
 改訂水のみテストはシリンジかスプーンかどっちがいいんだろう。僕はずっとシリンジでやると思っていたけど。そして水のみすら危なそうな人は何もしていない。
 qはそれなりのことを言うので、僕はそれを参考にはするんだけど、いまいちしっくりこない。素直になれないみたい。やっぱり1人職場のほうが気楽。次はSTとして働くのかはわからないけど、嫌々仕事はしたくない。
 とんでもないSTがやってきたと思っているかもしれない。xにメールして、病院でいろいろ話ができる友達を作りたいよって送ったけど、難しいだろうって思った。友達が1人もいない人もいるけれど、僕は、寂しい。嚥下の本読んでいるけど集中できない。誰か話を聞いてくれる人いないかなぁ。でも毎日ぐちを聞くのも大変だろうけど。辞めさせられちゃうかもしれない。
あっまたいけないことを考えてしまった。ちっとも前向きじゃないじゃないか。低レベルのSTだけど大丈夫、そう言い聞かせよう。

なんか気が楽

 ここ数日なんか気が楽だ。これはいいことだ。嫌だなと思う瞬間はあるけれど、1日が終われば気楽。
 電車がすぐきてくれればもっと最高。待ち時間が長い。そして駅前のコンビニで立ち読みしようとしたら全部ビニールがかぶせてあり、見れない。
 地元に着いてから立ち読みすると帰るのが遅くなってしまう。
 僕は嚥下を中心に患者をみていくんだけど、VFもからんでくるのでこわさはある。今までやってきた臨床の勘とVFがどう結びついていくのか?
 よーく観察したいとは思う。舌、軟口蓋等。
 今勤務する職場は大卒者が多いような感じだ。STはオール大卒で、他の職種も大卒がいる。やっぱり大学はでておいたほうがよさそうだ。
 僕は自信をもてる分野がこれといってないけれど、まぁどこか僕にもいいところがあるだろう。それを自分で気付くことができるのか、他人が見つけてくれるのかはわからないけど、明るく生きたい。

VF

 VFの際は、ドクターが患者に食べさせるんだけど、僕は、一口量や姿勢を考えなければならない。僕がこれぐらいで大丈夫だろうと思った一口量は早い勢いでストーンと気管に入ったようだ。すぐドクターは吸引していた。大丈夫じゃなかった理由がいまいちわからないんだけど、食道入口部が開かなかったのではみたいなことを言っていた。もう1人STがアシストしてくれたんでドクターはやっぱり慣れているSTと話していた。これを僕だけでしろと言われてもやっぱり難しい。でも実際病棟で食べさせる人が決められた一口量やスピードを守れるかというとそういう保障はない。そのへんのイメージで別にめちゃくちゃ量が多くなければいいんじゃないかなと思っている。ゼリーのスライスの厚さとかあんまり小さすぎても意味がないし、普通ならこれぐらい食べれるだろうという感覚でいいのかなって思っている。でもqさんに指摘されたら答えられないと思う。
 動画を見ながら評価表に書くけれど、もうめちゃくちゃだ。xは何の指導も受けずにVFを評価し続けているらしく、ちっともスキルアップしないといっている。僕も、かわいげがあるわけでもなく、近づきがたい感じを雰囲気を出しているので、医師との良好な関係を保つことができるかは不明だ。
 前の病院では医師のほうから積極的に話しかけてきたので驚いたけど、そういう病院はやっぱり少ないと思った。
 早く信頼されるSTになりたい。そうしないといつまでたってものけものだから。

健康保険って複雑

 健康保険の請求書が届き、えっなぜなの?クリニックで保険証だしたのにって思った。僕は、仕事が決まってからも社保じゃなくて国保を使っていた。理由は、保険証が来ないと、クリニックにいって自費扱いされても困ると思ったからだ。一応、国保が7割負担したのでその分を払ってくださいということだ。そして、返還してもらいたければ、社保に請求してくださいとのことだ。こんな複雑なシステム考えれない。結局全額自己負担になっている。
 今、社会保険事務所に行ってる暇などない。たぶん、今の病院も同じケースが起こるかと思う。だって新しい保険証がすぐ来ないから不安になる。この間に内科、皮膚科、心療内科と受診しているし、これらの7割を負担するとなると2万超えると思う。社会保険事務所で請求する期限とかが特になければ、僕がたまたま平日に休んだときに申請に行くけど、勤務先の保険証が必要のようだ。あとレセプトとか印鑑とか領収書とか口座とか非常に面倒。あぁ、新しい職場に勤務したら、その保険証から支払ってもらうということにしないとこんなふうになるんだと思った。予定外の出費だ。

辞めさせられるのかなー?

 僕は辞めると言ってないのにまた募集が出ている。聞くに聞けなかった。
確かにバカだし、たいした技術はもってないし、検査や専門用語も新人以下。自分でもひどいとは思う。そして不安神経症でストレス感じまくって、緊張の日々。それでもおなかがすくのが不思議。だからどんどん太る。
 職員とのコミュニケーションはうまくいってるとは言えず、これからどうなるんだろうという感じだ。
 先日嚥下評価した患者さんがお亡くなりになり、幸先悪い。僕は解雇になればそれはそれで受け止めるしかないと思っている。全然お役にたっていないのだから。
 仕事帰りに1000円が3割引の手袋を買った。去年買った安い手袋は衣類に手袋の毛が付着して不快だった。やっぱり安いのはだめだ。でも高い手袋はなくすおそれがあるので買うのにためらってしまう。バーゲンで安くはなっているものの高いのは買えない。やっぱり皮がいいけど7000か8000円ぐらいする。
 新人さんがいろいろ教えてくださいとは言うものの教えることはない。STqさんが優秀なのでその人がひっぱっていってくれるだろう。よく勉強したんだろうなと思う。僕は一体何をしてきたかだけど、慢性期でひたすらさぼってきたという感じだ。
 複数職場ではどうしても劣等感を感じるので、僕は慢性期1人職場のほうがあっているようだ。といっても、次はSTをするのか別の仕事をするのかはまだ決めていないけれど。
 あぁいろいろ話したい。でもあんまり暗い話は嫌がるね。

休み

 休みは必要。週休5日ぐらい欲しい。体調は少し良くなったので、街に出かけて、散々迷ったあげく専門書を買い、いたい出費だ。母にあなたSTやめるのに何買ってるのよって言われてしまった。ついでに服も買ってしまい、肝心のDVDレコーダーは買っていない。まだ録画した番組を全部見切れていない。仕事が落ち着けば、いいんだけど、まだ落ち着かない。それでもよくなると信じたいけれど。久しぶりにというか自分の写真を撮ってもらって現像したけれど、まぁあまり変化はないかなと感じてはいる。この年になると撮影枚数もぐっと減るので、今の年の写真を年に1枚以上は残したい。最近普通のL判じゃなくて葉書サイズにこっている。葉書サイズもL判も同じ価格なので、葉書サイズで注文している。
 今週は祝日もないし、5日間連続大丈夫かなと心配している。雨が降ったりすると通勤が苦痛になるので、遅刻だけはしないように気をつけたい。
 最近xとも十分なメールのやりとりができず、彼はマイペースなのでどうでもいいようだが、僕はストレスがたまる。いろいろ気楽に話せる人が職場にいたらいいんだけど、怖い人たちばかりなので萎縮する。これだから毎日調子が悪いんだと思う。僕のように話が暗くても成立する相手を探すのは難しいのかもしれない。
 段々、仕事のことが気になり始め、嫌になってきた。この嫌々感を吹き飛ばすぐらいの面白いことや楽しいことを想像しないといけない。無理やりにでもこのもやもや感を吹き飛ばしたい。通勤の苦、勤務の苦、人間関係の苦、経済苦、精神の苦、肉体の苦いろいろあるね。また頭痛がおきなければいいけれど。

何の役にも立ってない気がする

 シリンジを詰所でもらい、初めて水のみテストをやってみた。最初はスプーンでやる予定だったが、一度シリンジで試してみたかった。病室の水道が感知式で水が入れにくかったので詰所でいれて、口に注いだ。むせを認めたので、あー誤嚥かとあたふたし、とろみをつけた水で1さじ飲んでもらったけど、むせはなかったものの数分後に咳をしていた。今は経口無理だと報告したが、STpさんがゼリーぐらい食べれそうだなといい、僕の考えが揺らいでしまうのだ。経口のタイミングなんてST同士で決めたこともないし、2人で同時に同じ患者を見続けるわけにもいかず、pに訓練してもらったほうがよくなるかもしれないという不安に襲われている。経験年数は浅いpだけど努力したからよくできるんだとは思う。そういうこともあり、pにはさからえない。元々僕は逆らうことはないけれど。聴診器を使ったけどだめだった。さっぱりわからない。仕事帰りによった内科で聴診のことを医師に聞いてみた。風邪がなおっていないのか、ときどき頭痛がする。
 今日はまともに仕事以外の話をOTと初めて会話をしたんだけど、年齢が僕と同じだったこともあり、親近感がわき、つい、いろいろ話しかけてしまい、相手は迷惑だったと思う。ずっとカルテ書きをしていたので、すまなかった。
この人の表情は明るいというかほんわかというか親しみやすい表情なので、こういう自然な笑顔がつねにできる人は得だなと思った。来週からは控えめにしないといけない。僕は1対1なら話せるんだけど、複数になるとだめだ。
 それにしても嚥下評価の手際の悪さはひどかった。反省する。同じ病室内で患者を見間違えることもあった。あーこわい。
 STのトップの先生が嚥下の本をかしてくれたので、読もうとは思う。でもまだ1ヶ月も経ってないないけど、いつまでたっても仕事が続くとは思えない。こういうマイナスな考えはふきとばしたいけど、やっぱり辞めたいと思ってしまう。
 STってST室でご飯とか食べる人いるのかなぁ。訓練室だから飲食禁止とか言われてるところもあるのだろうか?行き場所がなくなるよ。

ひきこもり

 段々憂鬱にはなっている。カルテの書き方を指摘され、個別訓練の時間を指摘され、他にも指摘され、半泣き状態だった。これを改めようという気にはなれない。せっかくいろいろ教えてもらうのはいいんだけど、素直になれない。安いプライドを傷つけられたという風に思ってしまう。
 ここには書けないいろんなことがあるんだけど、すべては僕が悪い。また辞めるのか、辞めさせられるのかわからないけど、もやもやしながらもやっていくしかない。
 もっと職員に声をかけられるように・・・。連絡とかすごい苦手だから。もうST辞めたい。

飲ませてくださいもう少し

 昼過ぎに頭痛がしたので、風邪薬を飲んだ。夕方はましになった。まだなんとか勤めていることに感心する。なんか以前の職場より、気は楽だ。今だけかもしれないけど。
 リハビリ代表が嚥下のことを聞いてきたので、リスク管理が全然ちがうし、理解できないことを伝えたら、いろいろ勉強したらいいということで図書室に案内してくれた。ジャーナルやリハ関連の本があった。ただまだ整理されてなかったので、使いにくい。
 それから代表といろいろ話をしていて、僕が仕事が続かないことや、経験年数が短いわりには職場を転々としてるのでどうしようもないことや、実はストレスを抱えやすくあれであの薬を飲んでいるんですと伝えた。代表に笑顔が少ないとは言われた。僕は以前にも言われたことがありますと伝えた。やはり客商売向きではないと自覚はしているが、あまりの暗さに自分もどうすればいいのかよくわからない。別に患者との関係がこじれるほどではないけれど。
 ただ僕から積極的にスタッフに声をかけていくのが苦手なので、うまくとけこめず悪い印象を与えてしまうこともある。
 久々にVFをやってるところを見たけど、ずいぶん煩雑だなって思った。僕は造影剤だけで、誤嚥の確認と残留するようなら代償法で新たに撮影すればいいかと思っていたら、段階的な食形態を用意し、それに造影剤をまぜて患者に食べさせるんだけど、なんかしっくりこなかった。食形態とVFの関連がいまいちよくわからない。そしてとろみをつけすぎたらかえってのどにくっつきそうな感じがして、余計に嚥下が悪くなるんじゃないかって思ったんだけどどうだろう。これを聞く人がいない。
 まだまだVFは見れないので、いろいろ教えてもらっていたんだけど、わかりにくいし、準備は面倒だし、大変だ。よくやっていると思う。忙しい中僕に指導してくれるSTには感謝する。僕は本当に低レベルなSTなんだと自覚はしているんだけど、悲しいものがある。積極的に学会発表をしているところなので、そういうものに縁がない僕にとってはジェラシーを感じる。それでもしばらくここにいる意味があるのかなって思ったんだけどどうだろう。
 僕はSTが嚥下をやるっていうことにはあんまりいいこととは思えない。
やっぱり失語症、高次脳のコミュニケーション問題について考えられるSTが必要かとは思う。そんなSTになるのが夢だったのに実現不可能という感じだ。僕の経験上1人職場の期間が9割をしめるので、それなりにやってきたつもりだけど、ほんとにそれなり君になってしまった。
 今更、何かを極めようとかそういう情熱もないけど、仕事が続くことが今の僕の課題だ。慣れたころには契約も終了し、さようならになればいいけど、契約終了までに辞めることになればそれはそれで仕方がない。
 神様がSTを辞めて何かしてみろっていうサインを送ってるのかもしれない。本来すばらしいSTという資格が僕のような低脳STで汚されるのなら辞めてしまったほうがいいかもしれない。学生も量より質だとは思う。これだけ養成校が増えたら、質も低下する。実習先が学生の将来までもを決めてしまうこともあるだろう。あいにく、僕が実習指導した学生はかわいそうだったと思う。ハイレベルなSTのもとで勉強させてもらったほうがいいに決まってる。
 こんな僕でも生きていかなくてはいけないんだろうな。
 今日は寒かったので朝は徒歩やめようと思ったけど、高校生も歩いてることだし、15分ほど歩いてみた。帰りは疲れたのでバスにした。風呂に入るかブログを書くか迷ったがブログにした。
 xもVFの準備は面倒だと言っていた。各施設によってVFのやり方が違うというのもどうかと思うが、もう少し統一性をもたせてほしい。嚥下に限らず、言語の初回面接、スクリーニングも違う。こんなにばらばらでいいのって感じだ。
 ここで学んだことが他でいかせなかったら意味がない。
 前の病院でお気に入りの院長に手紙を書きたいけどまだ書いていない。後任ST頑張ってるかな。心配。

大丈夫

 大丈夫、大丈夫とつぶやきながら帰ってきた。また遅くなったらどうしようってそればっかり考えてしまう。携帯の留守録に母からの伝言があり、悲しくなった。
 僕が嚥下をやりたくないと思えば思うほど高次や失語から遠ざかっていく。今回も嚥下メインということで、新たにVFや機器のことを僕より経験年数が少ないSTさんから聞かないといけない。僕にできるかなぁなんて思うんだけど、すごい心配だ。いろいろ教わらないといけないので、素直に柔軟にならないとだめだ。僕から盗めるものは何もない。僕のような薄っぺらい経験からは何も盗めない。
 この新人さんも大変だとは思う。大丈夫、大丈夫。
 恩師から年賀が来て、人生いろいろありますから自分の思う道を頑張ってって書いてあったけど、何をどう頑張ればいいんだろう。あぁまた暗くなってしまう。
 今の職場はST内でもいろいろあり、ここには書いたらいけないけれど、大丈夫かな。大丈夫だと信じるしかない。
 交通アクセスが不便なので思い切って歩いてみた。寒さでおなかが痛くなったけど、便はもらさなかった。自転車のほうが早いなとは思った。帰りも希望の電車には乗れなかったけど、なんとか帰宅した。これぐらいで限界だ。明日は会議でおそくなりそうだ。なんで時間外に会議なんかするのか信じられない。みんなそんなに病院が好きなのか?こわい。
 神様、なんとか仕事が続きますようにお願いします。いろいろ知識を入れたいんだけど、勉強する気になれない。そしてたくさんいるリハビリスタッフや他の職員とのコミュニケーションができていない。なんとかしなきゃとは思うけどうまく声をかけられない。やっぱりチーム医療なので僕にはこのSTの仕事はむかないようだ。せっかく教えてくれるSTさんに申し訳ない気持ちでいっぱい。なんか急にヒステリックになられても困るけどね。暴力とかえりとかつかまないでよ。また思い出すから。口で言われるのも言い方次第。僕はきつく言われたらショックが大きくなってしまって立ち直れないから。

体調不良

 今日は胃痛。便も柔らかい感じ。あいかわらず風邪薬フルセットとその他の薬を飲んでいるが、胃薬も飲んでいる。そしてこの寒さと職場を辞めて、変ったストレスで治りがよくないんだと思う。
 面接時に病気ですからとか言ったらどこも雇ってくれないだろうし、その病気が本当に病気かと言えば難しいところらしい。はっきり言えば病気の範疇ではないようだ。とにかく体が疲れやすいのは感じているし、前向きになれないのも感じている。
 明日退職するかどうかを考えてはいるけれど、まだ答えは出ていない。毎日普通運賃で電車賃出してたら、給与がなくなってしまうので、定期はさすがに買わないといけないとは思っている。そんなに早く決断しなくてもいいはずなのにあせってはくる。なんなんだろうこのやる気のなさと恐怖感は。STは怖いっていうのは仕方ないんだけど、思った以上に怖い。たいした経歴でもなく、たいした学校も出ていないので、新人にも下にみられるのは仕方ないけど、言われるとおりにしないと僕は働くことはできない。あぁ戻れるなら1人に戻りたい。やっぱり1人のほうが楽だ。前の病院にいたらよかったと何度思ったかわからないけど、どうしようもないのでしばらくは後悔が続くだろうけど、いつか気持ちが切り替わるときがくるだろう。そのときにどんな仕事についてるかわからないけど、昨日ネットで適職診断してたら、教育関係や会社の総務、事務、人事などの管理部門がいいと書いてあった。

適職診断の結果
 よく気がつくタイプですから、与えられた仕事はわりとこなせるでしょう。持続力もそこそこあり、根気強いのですが、自分が何をしたらいいのか、何に向いているのかが未だに悩みのタネではありませんか? 好き嫌いではなく、自分ができる仕事のスキルを高めてください。パソコンを使った仕事でも、管理や計算などでも、そこそこにきちんと早く仕上げることができるでしょう。逆に人間関係を重視した仕事、サービス業や販売業はちょっと苦手です。人に頼んだり、指示してやらせたりすることも苦手です。組織のなかでは協調性はありますが、柔軟性にやや欠けますので、人間関係によって左右される仕事は、いまのところ避けておいたほうがいいでしょう。しかし、スキルを高めて資格などを取れば、組織のなかで独自のポジションを得ることもできます。自信をもつ分野ができれば、あなたの人間関係も変わります。自信をもって進んでください。
 とにかく何でも慎重に対処しなければ気が済まないタイプ。組織のなかでも、与えられた仕事を最後まできちんとこなそうとしますが、慎重すぎて時間がかかりすぎるかも。自分から何かをやりたいと主導権をとるタイプではありませんが、置かれた環境のなかで精一杯努力して、地道に成功をおさめることができます。しかし、明るさや元気さが今一つ足りないので、組織のなかでは孤立してしまうかもしれません。このままですと、人間関係にも支障をきたすことがあるかも。あなたは社会のルールや決まり事にもあまり関心がなく、自分のなかの理想や夢だけを追ってしまいがちなタイプです。また、やさしさや柔軟性に欠けると見られがちです。サービス精神が旺盛な方ではないので、本音で話せる友人も少なく、自分のカラに閉じこもってしまうかもしれません。自分のカラを破る努力をしてみましょう。

 カラを破れるときはくるのか?
 自信をもつ分野ができるか?今は自信をもつ分野がない。

病院機能評価

 病院機能評価の番組を見ていたけれど、自分の中に知識がなかったので、単に認定証だけを与えて、実際この病院はどこが優れているのかというのは患者にはわかりにくい感じはした。病院の努力はサーベイヤーだけに伝えればいいのではなく、最終的には患者のためなのだ。それが患者に伝わっているのかどうかがわかりにくい。大切なのは職員同士のコミュニケーション。残念ながらリハビリの項目はそんなに多くないし、リハビリに詳しい人が評価するわけではない。どうしても医師や看護師の業務がメインになっている感じがする。
 ただ、病院によってはリハビリ部門の評価についてのコメントもあるところはあり、今まで勤務してきた病院の評価を見ていた。
 番組でも言っていたけれど。本質的にいい病院かは難しいということなので、いくら認定を受けていたとしても実際はいい病院とは限らないのだ。今、勤務し始めたところもこんなもので認定されていいのという感じがした。
残念ながら病院機能評価自体にも改善が必要なのはわかる。多いところで800項目も調査するとか本当にそこまでする必要があるのか?と思うぐらい多い。
 プライバシーの配慮で外来では名前を呼ばないとか病室の名札を出さないとかやっぱりこわいことはある。
 忙しい業務の中でいい病院づくりに取り組む意識を高めるのはとても大変な作業だと思った。
 職員の図書室なんてあったのかなぁなんて思った。患者の図書室もあればいいみたいなことを番組内で言っていた。
 そんな医療業界に嫌気がさしつつある僕だが、STを辞めることにより、僕はどんなふうな生活を今後送るのかいろいろ考えたいと思う。
 今日も体調が悪く、薬のせいか頭がぼんやりとしている。火曜から仕事だけどまた憂鬱になっている。通勤が辛い。そして早く帰れないのがもっと辛い。
退職しようか、どうしようかそればっかり考えている。気疲れしている。ちらと買い物に出かけてとある店に入ったら、店員に怒っている客がいた。そんな光景を見て気分が悪くなり、店員もかわいそうにと思いつつ、また自転車でぶつかったおじさんのことを思い出してしまった。
 なんかちょっとしたことで腹が立つと怒ってしまう人って多いんだね。僕は怒鳴ったりすることはないけれど。怖い世の中だなと思った。
 僕の気持ちの中では定期券を買わなければいけないので、早い目に退職を告げたほうがいいとは思っているけど、家族の意見やその他の人の意見を聞くともう少し続ければという意見だし、やめてくださいと言われれば本当に楽なんだけどね。定期代が3ヶ月とか6ヶ月ごとの支給のようで、はっきり言って1ヶ月のほうが僕にはありがたいんだけど、どうしよう。そんなこと最初聞いてなかったし、こんな病院初めて。6ヶ月も払って定期券落としたらどうなるの?いろいろ計算してみたけど、僕がもし1ヶ月ごとに定期を買えば、年間12万自己負担することになる。結構な額じゃないか。仕事が続くかわからない者にとっては結構負担な額だ。それだけ経費削減したいなら、僕なんか雇わなければいいのに。あぁどうしよう。年間12万も負担して行く価値のある職場とも思えない。12万は勉強代か?いろいろ職場を変えてはきたけど、勝手が違ってとまどうことはよくあるんだけど、大丈夫かなという不安が高まってしまう。毎回初回で辞めるって言ってきたけど、たまには言わずにどうなるか様子をみてみるのもいいのかなって。自分の生活もあるし、お金、お金ってうるさくは言われるけど、生きていても面白さを感じられない。最寄の駅から歩くか、高いけどお金を出して自転車を借りるか、ゴミはここに捨てていいのか?ST用のカルテがないのでどうやって記録したり、紙とかどこにはさんでるのか、1人なら自分で勝手にやってきたけど、複数だとやっかいだ。そういうのも覚悟はしてたつもりなんだけどやっぱり無理だな。ますます暗くなる。明日は注意日なのでまたおかしなことが起こるかもしれない。細木数子の占いは悪いことはよく当たる。いいことは当たらないようだ。

体調不良

 なかなか気持ちの切り替えができないが、やはり不満なことはある。それでも働いている人が現実に存在するので、僕がおかしいとしか言いようがない。今回の職場ではお金よりも仕事の質を重視したかったがそれもどうなるかはわからない。お金に関してはマイナスだ。自己負担が多く、給与の半分とまでは言わないけど、貯金が難しい。手取り15万ないかもしれない。元々賃金が安かったのは知っていたけれど。詳しいことは聞いていなかった。ST複数体制になると業務の効率もうまくいかなくなり、ST室の共同使用もある。共同使用の件は聞いていなかった。初めから聞いていたら断っていたと思う。元々いたSTとの共同は僕が遠慮するしかないだろう。そういう細かなことが段々ストレスになっていく。この状況から前向きになれるか、前向きにならないといけないんだけどできない。
 1人職場は気楽だ。xはたまには複数もいいんじゃないかとは言っていた。
求人も少ないし、STだけに限定すると職探しは大変だ。他に僕ができることを見つけていく年でもあるとは思う。
 僕よりも経験年数が少ないSTがいるけれど、彼らには頑張ってほしい。僕のようにうすっぺらい経験年数なんてはっきりいって通用するとは思えない。引き締めていかないと事故を起こしてしまうかもしれない。気が緩みがちなのだ。
 恥をかくのは僕だけだ。正直、新人ST、ベテランSTにせめられるのは辛い。1人職場なら、新規開設なら感じないことを感じてしまう。こわいよーST。僕のような性格のSTは他にいないのだろうか?僕と同じような人がいたら楽だとは思う。僕は会ったとたんにこの人はこうなんだという直感的なものを感じとってしまうので、あぁこの人は話しやすいST、この人は話しにくいSTだと勝手に思い込んでしまい、聞きたいことも聞けずになってしまうのはよくないのでできるだけおかしな思い込みは取っ払って、やっていく努力をしないといけない。
 今回の風邪はとても厄介だ。いまだに治りがよくない。医師も治りがよくないですねと言う。歯茎の状態もよくないなと思っている。昨年末から結構な量の薬を飲んでいる。
 新しい職場に慣れればいいんだけどどうだろう。そろそろ辞めたいって思っている人もいるけれど、人それぞれの辞め時はあるんだと思う。次の職場が決まっている人もいない人もいる。僕は職場が変わるたびに段々悪くなっているんじゃないかという気がする。
 あまり我慢をせず、口に出して言えたら楽だと思う。ノーと言う勇気も必要。それでもうまくいくときはいくから。そんな気はしている。でも僕の印象では、みんな我慢しすぎている人が多いと思う。少々攻撃的な人のほうがうまくいくのかもしれない。もちろん悪意があってはだめだけど。僕のようにストレスを抱えやすい人は仕事への適応が難しい。別におかしなことはやってないけれど。それでもなんとかなるさと思わないといけないだろうか。
 歯科医でのバラバラ殺人の記事をみたとき、そういう行動にでなきゃ解決できなかったことが悲しい。
 僕は、仕事を辞めたい、うまくいかないことで悩んではいる。親にも迷惑をかけている。支払いにもおわれている。うまくいくように願いたいけれど、うまくはいかないのだ。
 欲しいものはしばらくお預けだ。悪質ないじめにあったら辞めよう。いじめはよくない。いじめたくなる気持ちもわからなくはないが、いじめは良くない。大人になってもいじめはなくならない。
 金は増えないけど不安が増えるので、これを抑えたい。疲労蓄積→風邪をひきやすくなる→体調不良→医者にかかってお金がなくなる。これじゃよくないだろう。
 こうやってブログで辞めるとか書いてると本当にそうなってしまうからね。思ったとおりになってしまっている。そういうところでブログをやめようと年末年始に思ったけど、また考えたいと思う。
 職場のことを悪く書くことはできないし、今は、体調をよくして、もう少し気分を明るくしないといけないとは思う。暗いと周囲からだーれもいなくなり、相談もできず、また僕の可能性を自分自身でつぶしてしまうから。
 仕事帰りに地元の医者に行きたいので、なんとか地元に18時半までには着きたい。今までは大丈夫だったんだけど、今回はちょっと強引に帰らないと間に合わない。僕のことをなんであのSTは早く帰るんだろうって思うかもしれない。それでも、自分の体のことを考えると、定期受診はかかせない。今までの職場より、帰りが遅いのが難点だ。
 xからメールがきて相変わらず理想の職場求めているねだって。妥協できなければ辞めるしかないなと。別の仕事をするのもよしと書いてある。
 この3連休はとても貴重だ。働きたくない僕にとって休みは最高。仕事は地獄。
 あんまり不便だからタクシーで通勤しようかとも考えた。そんな馬鹿げたことまで考えるほどおかしくはなっている。落ち着いたらいいんだけど落ち着けない。
 知識のない劣等感。新人たちよりも劣る。新人たちが次から次へと僕の知らないことを口走る。僕は耐え切れない。でもわからないことは聞かないとわからないままだ。
 ときどき電話が来るQから電話が来て、また辞めそうだと伝えた。やっぱり僕にはSTが合わないんじゃないかと。また募集をかけてもらって、時期的にもこれからなら見つかるんじゃないかと。いろいろ聞いてもらってうれしいんだけど、いざ決断となるとまだ急いで退職しようというのは極力避けたいが、そう思っていたらそうなるかもしれない。Qにこの検査聞いたことある?とか聞いていた。Qはもうベテランの人なので知っているようだ。それを知らない僕が悲しい。
 いても僕は何もできないと思う。憂鬱感から抜け出すにはどうすればいいのか、僕はまた苦しい。

体調不良また退職か?

 退職好きになったらどうしよう。今回の職場でショックなことは交通アクセスが悪いことと不衛生なこと。そしてこれはわかっていたけどSTが複数いるのでそのやりにくさと他のリハスタッフ、そして他のスタッフからのSTの認知度がいまいちだ。
 体調が悪いので、仕事を切り上げ、交通アクセスの悪い中、ぎりぎりで電車に間に合い、地元に帰り、内科受診し、心療内科を受診した。心療内科ではもう仕事を辞めたくなっていると話した。心療内科医も知ってる病院なので今度は急性期だからいいんじゃないの?っていうけど、そうでもないと答えた。まだ患者さん診てないんだろうから、もう少し働いてみなさいと言われた。僕は段々わがままになりつつあり、気に入らないことがあると少しでのことでもいらいらしてしまうんだということを伝えた。
 僕自身は経験者として扱われるけれど決して中身の濃いST生活は送っていない。知らない検査も多々あり、嚥下に関してはVFも行ったことがない。聴診器も酸素のやつも全く使わずやってきた。そういう知らないものに対抗するわけじゃないけど、そういうのを知っていると言われるだけで僕は低レベルなんだと思い込んでしまう。知らない検査をずらずら言われ、それで低レベルなSTなんだと思い込んでしまう。こんなんでうまくいくのかなぁって思った。交通費(定期券)は1ヶ月ごとじゃないし、水周りは不衛生だし、ひどいなぁって思った。前の病院のほうがましだよって思った。あぁ馬鹿だ、なんて馬鹿なんだろうって思った。これをどう前向きに変えていけばいいのか?もうSTは辞めたほうがいいのか?憂鬱が止まらない。

体調不良

 年賀状何枚来るだろうなんて誰よりも期待してしまう僕なんだけど、3枚だけだった。それもメールですませればいいのにと思った人たちだった。だから僕は出していない。それだけ交友関係も人脈もない。そんなひとりぼっち感を感じつつ、自分でそうしているんだということは仕方ない。
 それにしても体調がよくならず、風邪薬は飲んでいるものの、いまいちすっきりしない。一時、物が飲み込みにくくなるぐらいの嚥下痛になり、これがずっと続くのは嫌だなと思いつつもなんとか痛みは治まり、今は、体がだるく、また寒気がして熱が出るの繰り返し。お参りもバーゲンもこの体ではいけない。靴を買いたいと思っているのだが、僕は1足の靴をずっと履くので、何足ももっていない。だから靴を見るとこの靴でここに行ったなとかすごく記憶がよみがえってくる。靴って最初はなかなか足になじまないんだけど、いつの日か自然になじんでいる。僕も靴のようにみんなとなじんでいけばいいんだけど。
 あまり暗くならないように、悩まないように、不安を抱え込まないように、そして嫌なことを思い出さないようにと思うたびに悲しくなるのはなぜなんだろう。実行しても1分ももたない。
 家の前の横断歩道を渡るたびに僕の首をつかんだおじさんのことを思い出し苦しくなる。院長のことも思い出してしまうし、自宅の住所以前本で調べたら載っていたので年賀状でも送ってもよかったかもしれないけど送ってはいない。院長へのお世話になった手紙を書いたけれど、送ってはいない。今更何なのって思われるのもこわい。でも伝えきれなかったことがある。また会えるなら会いたい。僕のようにひきずる人はなかなか断ち切ることができない。
 まだスタートしたばかりの2007年。僕がSTを完全に辞める年になるのか、それともまだ続けていくのか、続けることができるのかまだわからない。辞めて下さいといわれればそれまでだし、僕のほうからまた辞めるかもしれない。馬鹿みたいに同じことを繰り返すなら、別の職業を選択したほうがいいだろう。せっかく決まった仕事を辞退したいぐらい調子が悪い。ただ、辞めたほうがいいというのは雇う側の判断なので、僕が決めていたらもうどこでも働けないと思った。辞めた病院も病院側から辞めてくださいと言われるまで僕はいるべきだっただろう。それなのに、遠慮というか無意味な存在という気持ちが高まり、辞めてしまったけれど、頭がおかしいとしか言いようがない。どうしたらこの頭の悪さが治るのか?僕はやっぱりおかしい。僕のようなおかしい人はいるのだろうか?心療内科や誰かに相談して解決できるようなことでもなく、仕事が続かないというのは辛いけれど、いつか落ち着けるようになるようになりたい。のんびりやりたければ今まで勤めてた病院で十分だった。ただもう少し、やりがいを感じたい。決して忙しいっていうことじゃなくて量より質を求めているから落ち着けないんだと思う。今はどう考えても質より量だ。給与をもらってるんだから当たり前なのかもしれない。医療費が削減される中で病院経営を順調に維持するためには、自分勝手なことはできない。給与はいりませんとは言えないけれど、気持ち的にはお金のことを考えずに自由にやってみたい。周囲から金、金と言われるけれど、ないものはないんだからどうしようもない。そしてそんなに金は入らないことはわかっている。さらに僕はなまけものだ。どうすれば仕事をさぼれるのか、楽にできるのかも考えている。忙しさの中でゆとりを奪われたくない。だから時間厳守してほしい。残業なんて考えられない。通勤は大変だ。近くに勤務したい病院がない。あっても雇ってはくれない。こんな悪循環のループが納得のいくものにかわっていくには、結局何かを犠牲にしたり我慢するしかないんだろう。それで僕の心が痛んでストレスを感じ、退職するという感じだ。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ