FC2ブログ

悲しい

 国試の合格率54.5%ということで相変わらず難易度が高い試験なんだとつくづく思った。僕が関わった学生は残念ながら落ちてしまい、他にも落ちたという連絡が入ってきた。1年に1回しかないので、その間の国試浪人は辛いものがあるかと思う。
 今日はスタッフと話をしてて、どんどん自分に不利な発言をしていることに気づいたんだけど、なぜかそんな発言をしていた。これじゃせっかく仲良くなったのに離れていってしまうと思った。僕はつくづくバカだなと思うが、このゆがんだ性格をどうにかしたい。
スポンサーサイト



ゆとり

 僕は今のところ忙しくはないけれど、時々話すスタッフが忙しかったようで、話しかけないでといわれショックを受けてしまった。
 このほかにもいろいろショックを受け疲れた。もう鍵をしめてST室にこもりたいぐらいだったけど、そこまでしたら、退職になると思うので、やはり僕はここにいてはいけないんだと思ってしまった。
 でも何らかのご縁があってここにいるとは思うんだけど、あまり思いつめないようにしてやっていけたらいいと思う。終わる関係もあれば、始まる関係だってあるかもしれない。僕は残念ながら自分自身から壊してしまうこともあるので、その辺が相手にしてみれば滑稽に思えるかと思う。僕にとってはすごいマイナスなことだとはわかっていても、こんな僕と話してもなんの価値もないし、話すだけ無駄じゃないかという気持ちになってしまう。
 ささいなことなんだけど、相手にゆとりがないと僕も苦しい。
 家に帰る途中、新聞屋に会い、お金払ってませんよねと聞いたところ、2か月分たまっていたので仕方なく払った。そして日曜だけ新聞が来るのが遅いので、早くできますかとお願いしておいた。新聞屋の人手が足りないようだ。
 そういえばときどき話すヘルパーが看護学校に行くと言い出し驚いた。勇気ある行動だと思う。さすがに僕は看護師になろうとは思わないし、なれないと思う。あんな厳しい世界は嫌だ。
 僕の辞める時期は早まるかもしれないし、契約どおりいるかどうかさえもわからないけれど、ST以外の仕事をするにしても今のままじゃすぐ辞めそうな気がする。

おかしくなりそう

 もうへとへとだ。気疲れがすごい。職場にいるだけで心が痛む。生きた心地がしない。
 2度目の外来患者だけど、患者中心どころか付き添いの方が中心になってしまい、患者が退屈していないかと気にしながらも、なんとかコミュニケーションできたらいいなと思っていた。
 患者とどうやって信頼関係を築いていくか・・・。これは難しい。たまたま続いているという感じもある。1単位なので短いけれど、3単位もできない。
 スタッフと365日リハについて話をしたけど、僕はそんな職場で働けないと思った。僕自身が壊れてしまうおそれがある。これからの時代のリハビリは僕にしてみればとてつもなく恐ろしい世界じゃないかと思っている。人員増加とかリハスタッフ以外にも必要だし、看護師もリハに興味がない人は勤めたくないだろう。僕は一体どんな仕事に就けることができるだろう。

ここ数日の憂鬱

 朝、仕事に行きたくないと思う日が続いている。4月からどうなっていくんだろうっていう職場の不安がある。
 もともと不安がる僕に、仕事、他のことが重なりあって、胃が痛くなったり、気もちがふさぎこんだりしている。
 それでもなんらかの支えを信じてやってはいる。別に誰かにやられたとか、嫌なことを言われたとかそういうのはないけれど、何か言われるんじゃないかって言うのがあって、小動物のように暮らしている。すぐ緊張するので、クビが痛くなったり、肩がおかしくなったりする。リハビリたちがこわい。期間限定・非正職員という道を自ら選んでは見たけど、最終的なゴールはこの期間を無事に働けること。賃金の安さは十分わかっていながらも、仕事の質がよければいいかとは思っていた。そして何らかの出会いもあるだろう。X以外にも話せる友達ができるかもしれない。そんな期待もしつつ、僕にもいいことがあればいいかと思う。
 せっかく仲良くなっても離れていきそうな感じはいつもつきまとう。1人がいいとはいいながらもたまには誰かと話をしていたい。
 僕が暗くて変だっていうのは感じてはいるけど、あまりごちゃごちゃ言わないでほしい。

あぁ

 Xが病院を辞めるそうで、せっかく今まで頑張ってきたのに残念な結果だと思った。増員に反対し、結局増員されることになりそのまま辞めることに・・・。僕の同期でSTをやっている人はいるんだけど、全然交流がなく、唯一のSTの友達だったので本当に残念だ。Xも僕も何度か職場を変え、その都度次はどうなるのかっていう心配はあったけどたまたま就職できたという感じだ。Xはしばらく仕事を休んで日本を離れるようなので、いろいろ連絡もできなくなるから寂しい。今の職場でやっていくのも、厳しい感じはしたけれど、信じて続けていけたらいい。そう思いつつ、他にもいろいろあって、だいぶ早く起きてしまった。この他にもいろいろっていうのが書きたいけれどここには書けない。心の中に閉まってはいるんだけど、やっぱり辛い。病気悪化しそう。先行きあやうい。僕は来年何をしてるんだろう。また請求書がきて、2重取りかと思うぐらい、国の請求書が拷問にみえる。お金ないのに。
 昨日の朝の電車は混んでいた。いつも混んではいるけど、少し疲れる。だからといって職場のそばに住むほど金銭的に余裕があるわけではなく、辞めることはわかっているので、なんとか我慢すれば通勤できなくはない。もう少しアクセスが良ければいいんだけど。
 看護師の嚥下に対する興味があまりない感じだし、リハに対しても、送迎が面倒だとか言ってる。
 リハのスタッフが多いところってやっぱりいろいろ大変なのか。人件費だってかかるのに、改定によってますます働きづらくなるなと思っている。STだけ独立しているところのほうがいいのかもしれない。でもどの職場にも問題はあるかもしれない。みんなよく耐えていると思う。僕は耐えられない。
 僕は別に人から嫌われるのがいいとは思ってはいないけど、やっぱり友達は少ない。たくさんいる人がうらやましいと思うこともあるけど、僕にはできない。
 今後も寂しいときの対処法を考えないといけない。
 昨日、配達の不在票が入っていて今日の夜に配達指定してたんだけど、なかなか来ないので、もう諦めたのかなと思っていたらきた。21時までの配達だったのに、21時半ごろ来た。そしてその商品がイメージとちがう。ネットで買ったのはいいんだけど、色がイメージと違う。
 今日は落ち着きがなかった。初めてみる外来患者の件もあり、どきどきしていた。特に訓練めいたことはしなかったが、ご家族の情報をもとに、いろいろ聞いてみて反応をみていた。
 嚥下の患者は食べたものを飲み込めず噴出すし、大変だった。医者が食事の処方をするより、STがやったほうがよさそうだ。まだそこまで整備されていない。
 寝不足と過労で炎症もあり、気分は落ち込み、無理やり仕事に行き、やっぱり疲れる。本当はもう辞めてしまいたいけど、それはできない。クビになったらそれまでだけど。
 話しやすいリハスタッフがいるけど、いつまで話してくれるやら、そしてその人の家にも行ってみたいし、いろんなことを話したいけれど時間がすれちがったりでなかなか機会をもてない。

千の風になって

 私のお墓の前で泣かないでくださいなんてすごい歌詞だなと思った。紅白で歌ってまだベストテンにランクインされているのもすごい。徹子の部屋で喉の手術をしたことを話していた。そのときいい声がでなかったようだ。
 こういう歌がはやる背景にはいったい何があるの?僕はたまたま歌番組でしか聞いたことがないけれど、まだCDでは聞いたことがない。レンタルしようかと思ったけど、ちょっと僕が聞きたい曲調とはかけ離れている感じはしている。
 仕事が日に日に嫌にはなっているが、お金のためになんとか出勤しなければいけない。そう無理やりに。住まいを追い出される可能性もあるし、家がないのに出勤だけするっていうのもおかしい。たまたまこの仕事に就いてしまったけど、これから僕はどうなっていくのかっていう不安が根底にあり、職場の人間関係がこじれることを望んでいるわけでもなく、お金はもう少し増えたらいいなと思っているけど金額は定額制という感じだ。
 お金より人脈も大事だとは思うけど、今の僕に寄ってくる人はおかしな人じゃないかと心配してしまう。でも一緒にいて楽しければそれでいい。僕も笑わないと息苦しい。今のところ患者さんで笑える人はいないので、職員か家族かで満たすしかないだろう。全く知らない人に声をかける勇気もないし、そんなことしたらこの人おかしい人かしらと思われてしまうだろう。これ以上おかしくはなりたくないけれど。
 不安っていうのはどんどんふくらみ、とてつもなく大きくなり、僕をボロボロにしてしまうほどおそろしいものだというのはつねに実感する。よく死なずに生きていると思う。弱気な心でいつも何かにおびえながら、胸が痛み、過剰に反応してしまう。できるなら、もう仕事は完全に辞めてしまいたい。でもそれができる人なんてよっぽどお金がある人じゃないと無理だろう。
 訓練なんてロボットでもできそうな感じだとふと思った。セラピストは人間なので何時間も指示通りにやってる場合じゃないだろう。それが苦にならないセラピストは天才かもしれない。僕はそれが苦で仕方ない。リハビリは患者に苦痛を与えるものなのかって思ってしまう。2単位、3単位、患者によっては耐えられる人もいるだろう。でもやってる側としては1単位でも大変。その辺のところを厚労省に伝えたい。
 

疲れる

 休みは必要。今週は4日勤務だったけど、日に日に憂鬱になり、困った。人の話を聞けない人が多い。言いたい放題言ってる感じだ。こんな職場嫌だ。早く辞めたい。でも、お金がないので辞められない。そして、僕はSTとして今後も勤務しつづけられるのかが問題だ。STじゃなくても仕事ができるかどうかも問題だけど。就職先がない。無理やり出勤するしかない。講習会や小さな勉強会もあるんだけど、参加したい気持ちもなくはないけど積極的にはなれない。STの数が増えれば増えるほどうまくいかない。話すのにもものすごく気を使う。それが面倒で話さなくなり、勝手にいらいらしてストレスを感じているという悪循環だ。STが複数いる職場もかなり増え、みんなよくやってると思う。回復期で例えばST1時間も訓練するとか僕には信じられない。今まで1時間も訓練できるような人なんてほとんどいなかったと思う。以前のように1人30分ぐらいで終了したい。回復期はやめてほしいし、回復期がないところに就職したい。
 患者の奥さんと話をしていいて、患者さんの症状からすると自宅に帰るのは難しそうなので、転院先を探したりしたらどうみたいな話を以前していて、主治医は自宅に帰るように言ってたようだけど、奥さんは大変だということで、なんとか無事に転院先が決まりよかった。この奥さんと話をしていたら面白い。
 患者がナースステーションにいて、ごはんを食べさせてたんだけど、緊張した。そばには主治医もいたし、なんかこんなところで食べだせたのは失敗だったと思いつつも移動するのも面倒で、この患者の覚醒レベルがもひとつ悪いので、大丈夫かなと思いつつも食べてもらった。

疲労

 今回は人間関係で疲れるね。これも我慢だなとは思うんだけど、なんか疲れる。今度の職場はどんな感じになるのかなと心配だけど、なるようにしかならないだろう。いろいろ相談したいことがあるけれど、僕の話は暗すぎる。

求人は?

 去年の今頃は職探しをしていたはず。でも今年も職探しはしているけど、去年よりも少ない感じがする。
 ST協会には加入しているけど、それ以外は何も加入していない。時期的には今頃申し込むのがよさそうなんだけど。あまり勉強する気がないし、発表する予定もない。
 本屋に行き、関連の図書を見ていたが、結局買うのはやめて、また自分の欲しいものを買ってしまった。金額は抑えたつもりだけど。
 愛の流刑地見たかったのに途中で寝てしまった。原作は読んだことがある。すっかり疲れているようで、まだ職場になじめていないとは思うんだけど、もう少し遅くまで起きられるようになりたい。

明日は休み

 平日に祝日があるのはありがたい。仕事はあいかわらず暇だ。太るし、炎症は起こすし、もう少し減量しないとはいけないと思ってるけど、今日はマックナゲット2箱食べたりしているし、やっぱり痩せられない。

頭痛

 今日は朝から新しい患者をもつことになっていたので緊張していた。そして頭痛。昨日の華麗なる一族はよかった。おかげで少しねつけなかったけど。職場でこいつはなんとかならないのかなとか思うことがたびたびあって、それがやがて憎しみに変わるんだけど、そんな自分がつくづくバカだなと帰り道反省していた。でも職場に行くとまたそんな気持ちになるので心が疲れる。僕にはたいした実力がないんだから、おとなしくしてればいいのだ。あーだのこーだの頭の中でめぐらせていたら本当に疲れる。特に僕を攻撃してくるような人はいないのでまだましなんだけど、自分で自分を追い詰めているようだ。これじゃどこの職場にいってもおかしくなるだろう。

介護福祉士の不足

 やっとNHKスペシャルを見たけど、介護士不足で悩んでいる施設が多いそうだ。賃金のわりにはきついというのが原因らしい。介護報酬内でやりくりするのは難しいようだ。高齢者は増えるけど介護士が減るんじゃ、長生きしても不幸しか待っていない。そしてフィリピンかどっかの国からの介護士の雇用促進も考えているようだが条件が厳しい。
 STは足りているけど、介護士は不足なんていうことは僕でも予測はできた。以前にも介護士たちの待遇改善をしなければいけないとブログにも書いたことがある。年間300万程度じゃ生活苦だろう。
 医療福祉関係の賃金の問題は診療報酬や介護報酬がしめつけられるたびに、今後も苦しくなるんじゃないかと思う。看護師と介護士だけは必要だと思う。

ついてない男

 ガラガラ抽選会っていうのか、くるくるまわすやつで色がついた玉がでてくるやつだけど、12回ぐらいやってちっともいい商品が当たらなかった。今日はついてるはずなのにって思ったけど、こんなにやってだめだったんでとことんついてないんだなと思った。

都合のいいことが言えない

 あんまりほんとのことばっかり言ってると人が離れていく。僕は自己アピールがへた。せっかく仲良くしたいなと思っている人にわざと嫌われるようなことを言ってる自分が悲しい。なんで言ってしまうんだろう。これじゃ誰も近寄ってこないし、嫌われる。それでもいいなんて強がり言ってもどうしようないんだけど、悲しい。なんか自分が嫌だなぁって思う。
 今日は仕事帰りにラーメンを職場の人と食べたんだけど、予定外だったので胃もたれ。体重が増加しているのでもっと食べ物を制限しないといけない。
 水のみテストをした患者なんだけど、喉頭が動くんだけど、飲み込んだ音がしないので、苦しそうだった。それで、経口は難しいと判断してしまった。
 

疲労

 昨日は仕事帰り、他職種の人とお店でお話をした。とても楽しかった。貴重な1日だった。今後ともよろしくという感じだ。相手はどう思ったかはわからないけど。
 そして今日だが、嚥下の患者が発熱しており、原因がいまいちわからず、ナースが誤嚥じゃないのと言ってきたので、経口摂取をやめましょうかという話をもちかけて主治医につないでもらったんだけど、主治医が続けて下さいというので、看護師は不満を述べていた。この医者も頭がおかしいのか、やぶ医者かよくわからない。でも熱があるときに食べさせなくてもいいかとは思った。たいした量でもないので、代替栄養でも不十分らしく、管を抜いたりするようで、難しい。
 仕事を辞めるか辞めないかだけど、今の職場はなんとか続いてはいるけど、やっぱりいつまでいられるかはわからない。他職種とお話できたことだけはうれしかったけど、それ以外はぱっとしていない。
 あぁどうしよう。

リハの今後

 今頃になってリハビリ日数制限緩和という記事が新聞に載っているけど、実態調査で回復中に中止が1割いることがわかったそうだ。
 専門職、今の4倍も必要って書いてるけどこんなにいらないと思う。医師の裁量拡大っていうのも、もうリハ士たちに全部おまかせしたほうが僕はいいと思っている。指示、指導のもとにというのは時代おくれだろう。
 使えぬ足りぬ介護リハっていうのはそのものずばりだと思うけど、姨捨山じゃスタッフもやりがいがないし、専門職が足りないからレクリエーションで代用しているっていうのでは患者も満足できないだろう。そして介護保険が使えない年齢層がいるというのは問題だ。今後介護リハにどのぐらいのリハ士たちが興味を示すかが問題だ。おんなじことの繰り返しで死ぬまでリハビリっていうのも過酷な労働だ。
 もう少しリハビリテーションの診療報酬、介護報酬を引き下げてもいいかもしれない。なんでもかんでもリハビリをしているという実態はあると思う。これをなくすためには報酬の引き下げしかないだろう。多分この実態はなくならないだろうから。
 3時間もリハビリできる人自体少ないような気がするし、この人たちを中心にリハビリを考えてしまうと、みんな元気に回復なんてありえないので、もう少し、リハ対象者の現状を把握し、単に金儲けのためのリハビリになっていないかをちゃんと調査したほうがいいと思う。

只今警戒中

 しばらく書くことがなかったのでどうしようかと思っていた。仕事はなんとか続いている。このまま、少しずつ慣れていってくれればいいんだけど。ただ、悩みがないというと嘘になるけど、今これを書いている時点での心の状態は比較的穏かだ。なんでだろう、いつもは憂鬱なのに。今まで勤務してきた病院や今の病院にも助けてくれる人がいたり、仕事をしやすくしてくれる人がいるみたいなので助かっている。心強いメールを頂いたり、Xやいたずらとのやりとりはあいかわらずだけど、仕事嫌いな僕がなんとか続いている。僕がST以外の勉強を始めたかったんだけどやっぱりお金がなくて難しい。いつでも始められることなので、今年じゃなくてもいいとは思っている。

人付き合いは苦手

 この時期送別会が各部所であったりする。春になればお花見会もあったりするかしれないし、歓迎会もあるだろう。僕は以前は参加していたこともあったけど今はあまり参加する気がおこらない。ビールをつぎにまわる行為ができない。そして僕は飲めないし、食欲もおこらなくなるので、よけいに楽しめない。こんな僕なので社会人失格と言われてしまうんだろう。
 もう少し明るくとは思うけど難しい。僕だって嫌われたくはないんだけど、嫌われるようなことをしてしまっているならそれはそれで仕方ない。

心の友

 おぉ心の友よなんてジャイアンが言ってたっけ?なんとなく心の友がほしいと思っている。
 昨日も今日も仕事帰りの方が忙しい。Xに新人にバカにさているような気がするというと、新人は偉い人がくるより、バカなやつがきたほうが楽でいいんじゃないかって言われた。
 僕の知識不足は明らかで、専門用語なんて使えないし、聞きたくもないんだけど、勉強する気が起こらないので、仕方なく我慢するしかない。ただ我慢し続けると精神症状によくないので、定時に帰宅するしかない。定時に帰ってもやっぱりおそくなってしまう。
 

気温差が激しい

 暑くなったり、寒くなったり、花粉が飛んだりで服の調整が大変だ。朝は退屈、昼間は憂鬱、夕方はましになり、ふらふらっと途中下車してスーパーに行ってみた。服を見て、あいにくサイズがなく、地元に帰ってからまた気になってた服を見て、ボタンの縫い付けがちゃんとしていなかったので、指摘して修理してもらうということで購入した。1週間ぐらい悩んだ結果だ。ここのメーカーは以前買ったときも穴があいてたりしたことがあり、信頼してないんだけど、今回のやつの生地とデザインが価格のわりにはよかったので、直したら着れなくなくもないなと思い、かなり思い切ってしまった。こうやって無駄遣いしている自分が愚かで情けない。仕事いつまで続くやらわからないのに。辞めることは決まっているけど、それからどうするかはまだ決まっていない。
 今日は会議で、僕がSTとしてのコメントを言うんだけど、なんか緊張すると自分のいいたいことが完全にはいえていない。
 食べれるようになるのか、話せるようになるのか、今は少しはよくなるんじゃないかという期待感はある。ただ、完全にはよくはならないと思う。
 目のかゆさと患者の少なさと憂鬱さと寂しさと情けなさと・・・いろいろ感じすぎて、この世から消えてなくなればいいのになんて思うんだろうね。
 どこに行ってもいまいちなのは僕のせいなんだけど、先のことを考えるだけで憂鬱度が増す。体が痛くなり、ときどき胸がつかえたり、息苦しくなることもあるけれど、深呼吸してなるべく悪いことを考えないようにしようと注意はしている。
 こんな僕と会話をしてくれるST以外のスタッフもいるんだけど感謝している。僕と話すだけでその人が嫌われなきゃいいんだけど。
 ちっともお役にたててない僕だけど、なんとか業務終了までいられるかな?

結婚50年

 結婚して50年経った夫婦は互いをどう思うんだろう。相手が難病になってしまったとき。介護から解放されたいと思うだろうか。急変だと深夜に電話があり、いざかけつけようと思ったが病院は遠い。交通機関はない。仕方なく自転車を走らす。そこで新聞配達のありがたみを知ったようだ。
 この病気がいつまで続いて、いつまで介護負担をしいられるのかという不安にかられるのは辛いだろう。いろんな制度を利用しても、ちょっと目をはなしたすきに急変することもあるかもしれない。自宅療養って思ったほど難しそうだ。鼻腔栄養よりも胃ろうのほうが管理が楽なことも良く知らなかった僕だが、主治医がどのように説明して、家族が何を基準に選んだのかはよくわからないが、コミュニケーションも取りにくい患者なので大変だ。
 ST業務自体は忙しくないんだけどなぜか疲れる。この疲れはいつ取れるんだろう。

どこまでよくなるか?

 食べれそうにないから胃ろうの話まで出た患者に経口訓練を始めているけど、僕が以前みた似たような症状の患者さんは鼻腔とずっと併用だった。
 量がどれだけ食べられるかだと思っている。改善はめまぐるしく、家族の方も声が出た、話した、食べれたという節目に期待も高まってしまうかもしれない。実際は、まだまだだけど、家族・親類によっても感じ方は違うもので意見のくいちがいもあるかもしれない。ちょっと強引だなとかきついなという家族もいるし、絶対によくならなってもらわないと退院はしないとか言い出す家族もいるかもしれない。
 勤務先が少し遠いので、朝は家に引き返したくなるときもある。それでも着けばなんとかやっていくしかないんだなと思っている。
 Xにやめたいとか仕事に関することについてメールを送るが、最近求人が出た病院はどう?とかいう返信が返ってきた。ボロボロの病院じゃないほうがいいんだけど。
 卒業式シーズンということで、まともに出た卒業式は小、中ぐらいで、高校は出席はしたものの前日まで高熱が出て、体調が悪かったのを覚えている。それ以降の卒業式は就職試験と重なったりで途中参加や1番最後の卒業式だけが僕の心の支えの一部になっている。あの卒業式はうれしかった。
 今悩んでいることはあるけれど、なかなか解決できそうにもなく、僕自身今の職場には長くはいないので、なるべく気にしないようにやっていきたい。もし辞めるなら、お金もないので、またすぐ職場を探したい。

いまいちな僕

 人の悪を言わずというのが鉄則だが、僕の訓練を妨害というか大げさなんだけど、勝手に説明したり、勝手にされてしまうのはちょっと困った。僕よりもその人のほうが患者をよくさせることができると思っているのかな。僕はそこまで自信をもってはやっていない。これでどうかなという不安はつねにつきまとう。その人のペースにはまると僕は混乱する。あいかわらず、ストレスを感じる。僕はじっと我慢するしかない。いっそ役割を交代したほうがいいのだろうか?経験年数なんて本当に関係ないんだなと思うときもあるけれど、そう思わないときもあるので、僕もその人が悪気があってやっているとは思えないので、大きな心で許すよう努力したい。僕は心が狭いと思っている。ジェラシーも感じる。
 VFの見方もいまいちで、これでいいのかなという不安は残る。次の職場でVFをやってと言われても今の実力では難しいとしかいいようがない。
 次の仕事先は見つかっていないし、決められた期間の仕事をきちんとこなしたいとは思っている。僕が人間として、STとしてダメということになればフェードアウトしていくしかないとは思っている。
 毎日生きた心地がしない。患者のバリエーションも急性期にしては面白くない。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ