FC2ブログ

頭痛

 最近やたらリハの批判を書いているが、書いているほうが虚しい。だってなんだかんだいって一応薬を飲みながら出勤している。そしてST以外の仕事もまだ見つかってはいない。
 進路に悩む学生の話だが、僕もSTの養成校を毎年辞めようとして、話をしていた。ただ、お金を払ったことだし、最後まで卒業して欲しいといわれ、仕方なく卒業したという感じだ。やはりお金の問題は大きかった。あの頃は本当にSTの求人がなかった。僕の同期でSTをしている人は少ない。卒業しても就職できず他の仕事をしている。学生の間やめたくなるのはどうしようもないと思った。今は、20代後半、30代前半でも会社を辞めて医療職の資格をもとうという人も少なくはない。辞めて本当に自分の仕事に満足している人はどのぐらいいるだろうか。辞めなければよかったと思う人たちの人が多いのではないか。クビになった人はかわいそうだけど、自分から辞めるのはやはり慎重なほうがいい。大抵心が弱ってきているとは思う。そしておかしな判断をついしてしまう。でもそれが人生で、どうなるかわからないのが面白いっていうのもなくはない。
 学校は学生を確保しないと経営が難しくなる。病院は患者を確保しないと経営が難しくなる。どちらもあまりいいことをしているとは思えない。この悪循環でこれからの将来が明るくなるとは思えない。学生にSTには未来があるとか、求人が豊富だとわざとらしい宣伝をするのはやめてほしい。仕事のよさを伝えるのと現実をねじまげて嘘をいうのはおかしい。現実をありのままに伝え、それでもSTになりたい?とたずねるほうがいいと思う。
 生活していくためにはどうしてもお金は必要。人生で成功するためには嘘とお金が必要なんだろう。残念ながら僕には難しいようだ。
 人と話をして思ったが、人の話なんて誰も聞いてるふりだけして聞いてないんだなって思った。軽薄なやつも多い。僕はとても悩ましくなる。僕だって期待して楽しみにしていることを裏切られたらショックだ。でも相手も忙しいというのはわかるので我慢はする。でも、もう我慢するなら最初から諦めたほうがいいんだろうって思ってしまう。そうやってだんだん諦めていくのが増えていくと生きた心地がしなくなる。
 近づいて欲しくない人が近づき、近づいてきて欲しい人が近づかない。やっぱり悲しいね。
スポンサーサイト



新刊

全体構造法でとり組む 失語症の在宅リハビリ………… 医歯薬出版
道関京子・編著 ●A5判 166頁 定価1,890円(本体1,800円 税5%)
ISBN978-4-263-20598-3
在宅失語症患者のための在宅訓練の手引き書.軽度・中程度までを対象として,「はなし言葉の習得」を目指し,「全体構造法」によりわかりやすく解説.

ディサースリア 臨床標準テキスト………… 医歯薬出版
西尾正輝・著 ●B5判 228頁 定価4,410円(本体4,200円 税5%)
ISBN978-4-263-21306-3
本書はANCDSのガイドラインに依拠した,言語聴覚士のための標準的なディーサスリアの教科書.国際動向に準拠し,エビデンスに依拠し,初学者にも理解しやすく解説.

神経心理学事典………… 医学書院
河内十郎・他監訳 ●A5判 744頁 定価19,950円(本体19,000円 税5%)
ISBN978-4-260-00019-2
世界初の神経心理学事典の日本語版。8,000語におよぶ神経学と心理学に関するワードを収録。神経心理学の用語集を兼ねる内容となっている。言語聴覚士などにも有益。

トーク認知症 臨床と病理 <神経心理学コレクション> ………… 医学書院
小阪憲司・他編著 ●A5判 216頁 定価3,675円(本体3,500円 税5%)
ISBN978-4-260-00336-0
神経病理と神経心理のエキスパートがそれぞれの立場から討議した初めての認知症対談集。初心者にもわかりやすく多数の画像を収録した。

高次脳機能障害マエストロシリーズ(1) 基礎知識のエッセンス………… 医歯薬出版
山鳥 重・他著 ●B5判 112頁 定価2,730円(本体2,600円 税5%)
ISBN978-4-263-21561-6
高次脳機能障害にかかわる医療スタッフが知っておくべき基礎知識の「エッセンス」を,第一線の執筆陣が,入門的にまとめてわかりやすく解

脳卒中リハビリテーションポケットマニュアル………… 医歯薬出版
原 寛美・監 ●新書判 240頁 定価2,310円(本体2,200円 税5%)
ISBN978-4-263-21308-7
急性期リハの重要性を喚起し,脳卒中リハビリテーションのノウハウ,技術,コツを簡潔・明解にまとめ2色刷りでポイントを明示したポケットマニュアル.

リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ