FC2ブログ

声と話し方のトレーニング

 平凡社新書からタイトルに書いた本が出ている。著者は言語聴覚士だ。まだ本屋で見ていないけど見てみたいと思う。著者はブログもやっている。
 今日も複雑な心境のまま通勤するわけだけど、行きたくないな。
 今日は仕事を楽しめた。もう1人のSTの監視がなければもっと楽しめただろう。とにかく仕事をしているようにみせかけないといけないみたいでそれが大変。こっちはバイトなので気楽にやりたいのに。
その辺の考えが合わないみたい。みんな僕が間違っていると思うんだろうけどね。
 この世に生れてきたことが罪。
 僕より経験のあるSTからやっぱり看護師に嚥下に興味をもってもらうためにもどんどんやってもらっていったほうがいいんじゃないかという意見をもらった。毎回STが評価してばかりいても看護師のスキルがあがらないし、病院のためにもよくないと。ましてや経営改革やっているのに効率が悪いと。
 そのSTのいうとおりだと思う。看護師も摂食機能療法は算定できるのでどんどんやっていったほうがいいんだと思う。その辺の流れを前に辞めた病院で作っていっていたんだけどね。もう1人のSTがいるとうまくいかなくなる。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ