FC2ブログ

卒業

 卒業シーズンが過ぎると入学シーズンが来る。大学の入学式に親が来るケースが増えてきたようだ。僕は高校までは来てくれたかと思う。高校の卒業式の前の数日間僕はひどい風邪をひき、学校を休んでいた。それで調子が悪いけど最後なので式に出たと思う。筒に入ってる卒業証書より、本みたいに閉じれるタイプの卒業証書のほうが僕はいいと思う。筒のタイプの卒業証書で中学か小学校のやつが取りだすときにいたんでしまった。高校のやつは閉じるタイプのやつだ。僕の出た高校はいつのまにか共学になっている。今は共学のほうが多いのかもしれない。
 言語聴覚士ってどうやってなるんですかという患者の質問に専門学校があるんですと答えた。もちろん大学も最近はできてきて、専門学校か大学を卒業して国家試験に合格すればなれますと伝えた。言語聴覚と言う中に嚥下が出てこないので、業務の内容が理解しにくいようだ。嚥下学会の認定制度の件はわかりにくい。僕は除外か?認定されたほうが僕としてはありがたいけど、あまりにも条件が厳しいとずっとこのままだ。
 無事に仕事を辞めて、いつもなら仕事が決まらず何ヶ月間かお休みすることが多かったけど、今回は休む間もなく次の仕事が待っている。また自己紹介からのスタートで1日で辞めるとかそんなことがなければいいけれど。今日の新聞に仕事に求めるのは体力よりも忍耐力と書いていた。確かに僕のように忍耐力がないとすぐ辞めてしまうかもしれない。どこまで耐えたらいいだろう。
 ○○ハラスメントとか学校や職場でも増えてきているようだ。増えてきているからこんな言葉が生まれてくるんだと思う。どこまでがハラスメントになるのかはよくわからないけど、そういうのにもまきこまれたくはない。色々気をつけないと色々言われてしまう。
 学生はまだ春休み中。僕も春休みが欲しいな。スギ花粉のピークは過ぎたのか、もうアレルギーの薬は飲まなくてもいいかもしれない。目のかゆみも以前より軽くなっている。
 先週は仕事帰りに医者ばかり行ってたのでお金がいっきになくなってしまった。医者に行くために働いているようなものだ。それで院内処方のところは出す薬も限られているけれど、院外処方で後発品に変えるか変えないかでかなり薬代の金額が変わることがわかった。特に高い薬なんかで後発品があれば半額以下になっている。そんな資料も薬局でもらったけど、これからは後発品でお願いしますと言った方がいいのか迷っている。何種類もおいてるわけではないようで薬局によって違うようだ。○○さんが来たときはいつも後発品を出すようにしておきましょうかと薬剤師に聞かれたけれど、迷っていたので受付でその都度言うことにした。ジェネリックに変える人は6%ぐらいしかいないと医師は言っていた。本当に同じ薬なら安い方がいいけどね。眠くなる成分が入っている薬ばかり飲んでいるので眠い。朝の通勤ラッシュはどうしようもないね。今度行く職場もラッシュにまきこまれてしまう。まずこれで体力が消耗されてしまう。でも電車は車と違って勝手に運んでくれるのでありがたい。車だと自分で運転しないといけないので、仕事に行きたくないときは気分が悪くなるだろう。電車はよっぽどのことがない限り止まることはないので無理やりにでも運んではくれる。
 また定期券を買わないといけないけど、初日は買うのはやめておこう。やっぱり次の職場は心配だ。
 今年のSTの国試の合格率は57.3%と厳しい結果になった。PTは90.9%OTは81%と比べるとやっぱり低い。
スポンサーサイト



あぁ

 昨日はめったに食べないところで食事をしていた。1500円分の食事券があり、それで2つの店に行って食べていた。今日は下痢をするかと思っていたけどなんとか大丈夫だった。
 これからどうしましょう。色々思い出し、考えながらの帰宅。今日は電車に乗って降り過ごすことはなかった。今の職場の帰りに1度降り過ごしてしまったことがあった。気づかなかったんだね。降りる駅がわからなくなってしまうなんて。何か考え事をしてたりするとたまにある。
 土日、とある患者のことで悩んでいて、今日どうなることやらと思っていたら、悩んでいたことは無駄ではなかったけれど、この土日に方針が変えられていて、その変えられたもののチェックだけですんだ。昨日本屋で何冊か本を見ながら調べていた。そしてついでに新刊もチェックした。今の職場で学んだことは多々ある。この短い期間だけでも色々な症例を見ることができた。ただSTに関連がありそうな脳外科のオーダーは少なかった。神経疾患は何例かみれたので勉強にはなった。嚥下は常食が食べられることがゴールだとは思っていない。安全な食形態であればおかゆでもいいのだ。患者から食事を変えてほしいということもまれにある。でも好みを聞いているのでこの食事でいいというのならその食事のままにしておいている。今の病院の看護師はどう思うかは知らないけど、やはり忙しい中で患者に避ける食事時間は限られてくるかもしれない。看護師に見守ってあげてくれますかと頼むのには勇気がいる。実際のところずっとはついてはないようだ。時々見てはくれている。まずはこんな感じでいいと思う。僕たちがおしつけがましくあれやこれやと要求すると看護師も大変なので、本来なら患者中心である医療がスタッフの都合でというのもなくはない現実だ。スタッフにゆとりがないといい医療は提供できないと僕は考えている。どうやってゆとりを生みだせばいいのか?忙しい中でゆとりを作るためにも努力はしなければいけないと思う。ちょっと患者の声に耳を傾けるだけでも違ってくる。あの時話を聞いてあげればよかったなと思うようなところがあるのならこれからでも遅くはないので実践していけばいいと思う。僕は患者に言う。患者さんも言う権利はある。それを聞いて直していかなければいけないところもあるだろうから。どんどんわからにことは主治医に聞いた方がいいですよとは言うものの患者は聞きにくいようだ。それでも聞く人は聞くようだけど。医者が偉いと思っている人たちは高齢の方に多いね。また来てねと言えない職業だけに、レストランやホテルのようなサービス業とは違うけど、何かを互いに共有できたらいいなと僕は思う。患者によっては言語療法に興味を持つ人もまれにいた。そういう患者さんにはキーワードだけ教えて実際に調べてもらう。退院しても暇らしく僕はこの人なら色々調べて自分なりのプランを立てられるんじゃないかと思っていた。もう退院してしまったけど、今頃調べているかもしれない。
 この患者さんはお話し好きで僕に何冊か本を勧めてくれた。そして僕はその紹介してくれた本を週末に読んでいた。僕と同じで定時に仕事を終わっていた話をしていた。ただ違うのは終わった後誰かを誘って飲みにいくと言っていた。誰かしらつかまると言っていた。僕とこの患者さんを一緒にしてはいけないけど、年齢は違うけど僕の仕事に対する考え方と少し似ているところがあったので共感することができた。
 僕は治療する側でもあり、患者でもあるけど、確かに主治医にいろいろ聞きたいこともあるけど、聞かないこともあるね。長いこと通ってはいるけど・・・。
 次の職場は早く帰ることができるだろうか。ちょっと家から遠くなるね。あいかわらず金の話になると厳しいという返答が返ってくるので、僕はあえて自分の給与を最低ラインにするように伝えた。
 STのことをもともと何も知らない人だったので他のコメディカルの給与の資料を見せてもらったけどみんな低いね。なんでこんなに安いのかって思ってしまった。医師は書いてなかったけど。
 面接の際に給与の話になって電卓をはじいて提示される額の幅はそんなにないね。この病院だけがめちゃくちゃ高いというのはない。今回の職場も給与は安いけど、お金がないということで仕方がないと思った。だから安くてもいいですよと僕は言った。500万とか言ってみたいけどね。別に僕の年齢からするとこれぐらいの額を言っても悪くはないんだろうけど、お金だけじゃないっていうのはわかるので、安くてもいいですと言った。お金はあればあるほど使ってしまうし、ないならないで節約をこころがければ無駄もはぶけるだろう。やっぱり支出を抑えるには人件費をどうにかしなければいけないと思った。あんまり面接で給与安くてもいいですよなんて言う人はいないかもしれない。僕は扶養家族もいないし、めちゃくちゃ貧乏な生活を送っているわけでもない。
 僕はいつか大学院に進学してみたいと考えてはいるけど学費を貯めることができない。何年かかるかはわからないけどこの希望は叶えたいね。研究計画書の書き方を聞いたこともあったけど、僕はその人のように書けないなと思った。何か掘り下げれそうなテーマが出てくればいいけれど。
 博士はいいので修士だけいい。だから2年か。やっぱり実現は無理かな。
 とにかく仕事が続かなければどうしようもないので、なんとか1日でも続くよう、そしてあまり深く悩まぬよう、少しずつ前進できたらいいと思う。
 面接を受けたところから数日違いの返事があり、2つの条件を比較すればよかったかなとは思う。その1つがまだ決まらないのか新たに募集を出している。求人広告に出すのもお金がかかるからね。とにかく経験者が欲しいとのことだ。僕もこの病院の印象が悪くなかっただけに、お断りするのが怖かった。別の病院を選んでしまったけどうまくいくとも限らない。そして断った方でもうまくいくとは限らない。何かしらここで働いてみたらという天の声みたいなのがあるのかもしれない。どう考えても僕を雇いたいというところはよっぽどのところだろう。相手側としては様子をみたいということなので、もしかしたらクビになっちゃうかもしれないし、また僕の方から辞めるかもしれない。今の職場もわりと早めに辞表を書こうとは思っていた。いつでも出せるようにはしておいたけど。
 もう少し続けなきゃだめだね。辞めたいと告げるときが確かに大変ではある。すごい覚悟をしてのことだから。もうこんな覚悟はうんざりだけど辞めたくなってしまうね。
 海外旅行には興味はないけど、飛行機に乗って国内のどこかに行きたい気分。1泊どこかのビジネスホテルに泊まってゆっくりしたい。今月中にできるかなと思っていたけど体調を崩したために行けなかった。今度の職場は今の職場よりも休みが減るし、今まで辞めた職場で土日祝休みのところが続いたので、久々に土曜1日勤務するのが大丈夫かなと心配している。週6日働く週もあるわけだ。家にいたい僕にとってはあまり喜ばしくないことだけど、以前勤務した牢獄とほぼ同じような勤務日数になるね。牢獄は4週8休だった。なかなか土日祝休めるところはないね。応募しても不採用だった。やっぱり休みが多い所がいい。その休みに僕は図書館に行き本を借りて読み、また本屋に行って新刊を見たり、自分のやりたいことをするだけ。これがストレス発散とまではいかないけど、気分転換にはなっていると思う。友達のⅩはまだ海外にいるし、海外にいる人と会うことはできない。Ⅹ以外に会う人がいたとしても、こっちの体調が思わしくないと会うのも憂鬱になるね。そういうことで1人で外出することが多い。お金も使わずにすむ。
 桜でも見に行こうか?今の気分ではきれいな桜もなんかかすんでしまいそうだ。
 あさって新しい職場に行くけど、本当に怖い。牢獄に勤務したときは、次の日欠勤して退職すると電話をして、その後説得され3日目はしぶしぶ行ったもののやっぱり合わず、毎日辞めたいと思っていたけどみなさんの配慮のおかげで一番長く勤めることができた。これにはもうスタッフさんに感謝するしかないね。僕がずっと辞めたい辞めたいと言ったり、あの頃16平米のST室がないと点数が取れないことになり、8平米しかなかったので急きょ工事してつくる計画があがったときに、僕はひたすら反対した。僕が辞めるのでそんなの作らなくていいし、ここにはSTの対象となる患者がいないので部屋はいらないですよと言っていた。それでも無理やり部屋を作り、僕はその部屋を使うことはなく、8平米の部屋だけで間に合っていた。今は8平米の部屋だけでよくなってはいる。この施設基準の改定ももう少し配慮したかたちで改定してほしかった。とくに部屋の広さとかあんまり変更が多いと困る。
 リハの点数も下がりつつあり、あんまり下がるとリハスタッフの給与も安くなってしまうだろう。なんとか必要最低限の生活は送れたらいいけど。そう思うと医療業界の先行きはあまりいいものではなさそう。僕が以前から書いていた介護士の待遇が悪いことについても今回の介護報酬改定で納得がいくようなレベルではなさそうな感じだ。施設によっては数万給与があがるところがあるかもしれない。それでも彼らにしてみれば安いと思うかもしれない。各職種によって給与の幅は違うのはしかたないけど、これ以上診療報酬や介護報酬が引き下げられると困る。
 ニュースで赤字公立病院の話をしている。いい時代もあったのに・・・。さすがに病院休止されて困るのは患者だね。この赤字がとにかくすごい。経営コンサルタントはひっぱりだこだろうか。
 僕は異業種に転職するつもりは今のところ考えてはいないけど、仕事がない時代だけに、異業種に変わりたくても変われない。本当に考えるなら早い方がいいだろうけど。
 僕はもともとはSTをめざしていたわけではなく、別の医療従事者を考えていた。受験に失敗して、たまたま知ったのがST。小学校の頃から人の役に立てる仕事ということで医療関係の仕事に就きたいとは思っていた。PTは運動のイメージがあったので僕には合わないと思った。OTは器用じゃないとだめなような気がして合わないと思った。STはよくわからなかったけど国家資格化になっておらず、人数も少ないのでこれからの仕事かなと思った。卒業しても国家資格化にはならず裏切られたような気にもなったけど何年かして法律が整備され、僕は第1回目の国家試験を受けて合格した。今でも忘れられない。試験の出来はあまりよくなかった。それでも1回目で合格してよかった。2回目以降はすごく難しいので。今回はどうだろう。合格率は低いだろうか?
 先月も今月もとにかく疲れて、来月はもっと疲れるかもしれないと思うとぞっとする。早く体が慣れてくれればいいけれど。また自己紹介からスタート。僕は一体何回自己紹介しているだろう。学生の頃から転校が何度かあり、もうその頃から運命づけられていたのかもしれない。職場も変わるかもしれないと。いろんなスタッフを見てきただけに、それなりの免疫はできていると思うんだけど、あいかわらず弱い。
 今の職場、前の職場の朝のミーティングの空気の重さに僕は耐えきれなかった。色々主張するスタッフは大抵同じ人。でも解決にはいたらない。今度の職場ではどういう扱いをされるかはわからない。またあるのかなぁ。朝からミーティングが。どんなスタッフが待ち構えているんだろう。こわい。
 もう1つの候補でもあった病院のほうは代表のPTの方とお話できたので大体のリハの雰囲気はわかった。でも今度の職場はさっぱりリハの雰囲気がわからない。医師や看護サイドのほうでSTが欲しいとのことだったのでもしかしたらリハのほうではどっちでもよかったのかもしれない。おそらく看護師との関わりは今以上になると思う。特に嚥下に関しては看護師の協力なしでは無理。そして栄養士の方にも挨拶をしたい。どんな嚥下食があるのか知っておきたい。前の職場の栄養士の方はSTに興味をもってくれてありがたかった。栄養士の学生がSTの場面を見学したいということで見学してもらったこともある。
 僕としては少しでもSTのことを知ってもらうきっかけになってくれればありがたい。
 嚥下をしなければ栄養士との関わりはなかったと思う。僕ももっと栄養のほうの勉強をするはずだたけど仕事を辞めると止まってしまう。
 NSTのこともあまりよくわかっていない。今の職場では僕はノータッチだった。たった数カ月の勤務だったのでなかなか栄養士の方に質問しにいくこともなかった。聞いてみたかったことは色々あったけど。
 今度の職場では失語や高次脳も見ないといけないかなぁ。ずいぶんごぶさたなんだけど。
 親戚のおばの励ましのメールはありがたい。パソコンを買い、メールをし始めたばかり。
 少しずつキーボードを打つのがはやくなってきたようだ。これも慣れだと思う。
 あんまり暗いメールばかり送ってたら返事がこなくなるかもしれない。
 色々悩ましい日々を送っているけれど、穏やかに暮らしたい。

なかなか・・・

 言語聴覚士なのに言語療法士と違うのですかとまれに聞かれることがあるけど、業務内容も含めて何をする仕事なのかがまだまだ知られていない。説明するほうもよくわかってないんだけど。
 国家資格化になって10年ちょっと。比較的新しい資格ではあるけど。それにしても医療業界も不景気の影響というより、もともとの経営の不効率なところや診療報酬の引き下げ等により大変だ。
 これから言語聴覚士になろうと思うのはいいけれど、実際なってみて大変かもしれない。仕事が決まらなかったり、仕事に自信をもてず悩ましい日々が続くかもしれない。もう少し教育制度が充実してくれば変わってくるとは思うけれど。色々売られている言語聴覚士の関連の本だけじゃわからないこともあるね。そんなときに聞ける人が近くにいればいいけどいない。だから止まってしまう。聞かれても答えられないことだってあるだろう。
 臨床に出てからの不安・・・。やはり日本言語聴覚士協会や各都道府県の士会に入って色々催される勉強会や講習会に積極的に参加するしかないかな。
 あとは言語聴覚士関連でなくても興味のある分野で勉強してもいいとは思う。探せばいろんな勉強会や講習があり、時間があれば受けてみたらいいと思う。高い料金を取るところもあるけどね。
 値段と内容があっていればいいけど、僕はお金がないので高いのは受けれない。 
 4月からどうなってしまうのか?僕はまた仕事を辞めるんじゃないかとか心配している。

カメラ振っても撮れてる

 ジャパネットタカタで見たフジのファインピクスだけど手ぶれ補正がついているからといってかなり振っていたけど撮れていた。びっくりした。大胆なことをするなと思った。あと暗い所でも。複合機つけて29800円。この会社の商品は安いのかどうかだけど、やっぱり安いのは家電量販店かもしれない。
 あいかわらず調子が悪いので困っている。
 今の職場では僕の知識がないせいでわからないことが時々出てくる。これが調べてもよくわからないのだ。だからどうすればいいだろうって悩む。
 

男の頭痛薬

 男性をターゲットにした頭痛薬が出た。パッケージもちょっと違う雰囲気はする。
 今日もかなり調子が悪い。薬飲んでも調子が悪い。今週は明日だけ。急に寒くなり、そのせいか余計に体調がおかしくなる。次から次へと襲いかかるストレス。何かと気を使う今の職場。居心地悪すぎ。ずっと家にいたい。本当に疲れてしまった。何かの罰だろうか。つらいなぁ。
ナロンエースR
 

 新編声の検査法が発売された。僕がいまだによくわかっていない音声障害。この本をまた本屋で見るときがくるだろうか。
 今日も医者に行った。保険証がなくなるので行けるところは行っておこうと思う。
 できそこないの僕よ、心配事の雪だるまが少しでもとけること祈りたい。まだこうやって生きていてもいいのか、僕はどうしてもPTやOTが好きになれない。これはかなり致命的だと思う。
 今日も些細なことで注意をされてむっとしている僕だけど、つくづくばかだなと思う。こんな些細なことで苦しむなんてバカみたい。STは群れない職種のような気がする。僕のようなSTはこの世でたった1人かもしれない。悲しいほどに。胸の苦しみはいつまで続くのだろう。STだけしかいないリハってないの?開業もできなくはないけどどう考えても採算が合わないだろう。占いでもオプションでやらないと。
 医師や看護師以外のコメディカルはもう満たされつつあり、養成を抑制していったほうがいいとは思う。STは後発の資格ではあるけど1つの病院に何人もいるような職種でもないので、できるだけ早く抑制をかけたほうがいいとは思う。
 医療以外の資格取得を目指し、それで生活できたらいいんじゃないかと思う。
 社会人経験者のリハスタッフも増えてはいるんだけど、一度会社を辞めて転職して人生をやり直すのは大変だろう。決して医療業界も誰かに勧められるほどいいとは思えないから。
 変なプライドはいらない。異質な医療業界だね。人格がどうかしている人もいる。
新編声の検査法

苦しみ

 体調が悪く苦しかった。とにかくまた別の医者に行って事情を話し、強い薬をもらった。やはりかかりつけ医のほうがいいだろうか。かかりつけ医はわりとリクエスト通りのものと量も多めに薬はくれる。ただよくなるかどうかはそのときの症状次第。もうすぐ辞めるのにこんなに体調が悪いなんて最悪。生きた心地がしない。
 仕事が決まらないからだったか女性をホームから突き飛ばして逮捕された人がいるけど、よっぽどだったんだろう。さすがに僕もいらいらすることはあるけれどそこまでしようとは思わない。
 僕の職場で辞める人が次の職場緊張するって言っていた。僕も同じだ。4月からどうなってしまうのかこわい。

調子悪い

 調子悪い3連休だった。だから仕事に行くのが憂鬱になっている。
 色々薬を飲み症状は抑えられたけど念のため医者に行った。職場の前にある医者へ。本当は自分のかかりつけに行きたかったけど、面倒だった。弱い薬しか処方してない感じ。初診扱いでやや高いのは仕方ないか。薬ももっと処方してほしいけど、はじめてなのでこんなものかな。また薬なくなったら診せてねとは言ってたけど。やっぱり医師が薬を処方できるのはいいね。僕は薬を処方できないから。
 仕事が嫌嫌になってる僕にとって、休息は必要。考えることが暗いね。このまま生きていてもたいしたことはできないけど、生活苦を避けるためにもなんとか次の職場で継続して働けるよう祈りたい。定額給付金だけじゃ足りない。

銀行

 どこをメインバンクにするか?僕は一番最初に勤めた病院が給与振り込みの銀行指定してきたのでそこの口座をずっと使っている。でも職場が変わり、病院によって銀行口座は変わったが、その時はそこからお金を引き出してメインバンクに入金していた。通帳ばっかりたくさんあってお金はない。
 医学書院から出る言語学音声学の本はなかった。まだ発売していないのか?
 今日は朝から体調が悪く、風邪をひいたかもしれない。患者が勧めてくれた2冊の本を読んで、また違う本を読みかけている。しばらく本は読んでいなかった。やっぱり人から勧められた本は読みにくいかも。自分で選んだ本がいい。
 今日は香取主演のドラマがある。2夜連続だ。
 4月からは医療もののドラマも始まるらしい。さすがにSTはドラマ化されないね。
 おばが桜が満開の写真を送ってきた。もう咲いているところもあるんだね。僕は花見より、本屋で立ち読みしていたほうがいいかもしれない。昨日は某イベントに行ってすごい人だかりで肝心なものが見えにくかったけど仕方ない。
 気分はなぜか落ち込んでいる。それはうちのマンションのごみ捨て場のことでゴミ捨ての日は鍵をかけないようになっているのに、鍵がかかったままで収集車が回収できなかったからだ。
 そのときたまたま僕はゴミ置き場の前を通りがかり、鍵をあけた。
 一応前にもこんなことがあって管理会社には言ったものの1週間で返事をしますといいながらこないし、ここに住んでる住民も僕を冷やかな目で見ているような気がする。自分のところに黙って駐車する人もいるし、ひとことあってもいいんじゃないかと思っている。なかなか来客用の駐車場の確保は難しいかもしれない。そんなこんなでうまくいかないこともあるんだけど、悩み過ぎてもきりがないので気分転換したいけど体調が悪い。
 メール出しても返ってこない、手紙を出しても返ってこない、嫌われているのかなんなのかよくわからないけど、無駄なことをしたのかもしれない。

品のいいスタッフはいないのか?

 あいかわらずリハスタッフに対しては批判的な僕は、ますますリハスタッフ言動についてもっとまともなことが言えないのか、考え方ができないのか?軍隊チックなリハビリスタッフはどうにかならないのかと考えている。リハ科に所属するのはやっぱり体に悪い。もちろんリハスタッフの全員が悪くはないんだけど、やっぱり若手はもひとつだ。かといってベテランも考え方に偏りがあったり、思いやる気持ちもなく、言いたい放題の人もいる。そんなリハビリスタッフが患者をみているということで悲しくなる。リハビリスタッフの品格は最低かもしれない。
 医者と看護師ぐらいしかいなかった時代のほうがよかったかもしれない。リハスタッフの養成も限界にきているだろう。専門学校の閉鎖、統合はしかたない。どんどんリハスタッフを養成しても仕方がない。これはSTにもいえるけど、STは不足しているとは思えない。学校があるから不足していると宣伝しなければいけないけど、待遇もいいわけではなく、今の仕事を辞めてこの業界にわざわざこなくてもいいんじゃないかと思う。

悩ましかった

 今月は3つの職場をまわった。どの職場もなんとなく手ごたえがあり、2つからオファーがあった。そして悩んだ結果、とある病院で勤務することになった。
 たった数日の差でもうひとつの病院から僕を雇い入れる方向で考えており、色々話を聞かせてほしいとの連絡があった。この病院の雰囲気は悪くはなかった。そして僕が最初にお会いしたときに語ることができなかったこと言語聴覚士のことを伝えた。
 ずっと決まらなかったSTの仕事。でも今回は何カ月も失業せずにすんでよかった。でも僕の場合仕事が続くかどうかがわからないのでそれが心配。
 数年前から考えていたプロジェクトも実行することにした。今はじめたいことがようやくはじめられる。最終的にどんな結果に終わるかどうかはわからないが、なんとかこのプロジェクトをうまく終了できればいいと思っている。

疲労

 疲れがとれない。明日から仕事かと思うとまた憂鬱になる。疲労、孤独感どうしようもない。薬でよくなるようなものでもない。体重が増え糖尿にでもならないかすごい心配。どんどん太っている。おなかがすごくすく。家でじっとしていようと思ったけど医学書院から出ることになってる言語学・音声学の本が売ってないか見に行ってみたがなかった。たまたま本棚にあった下記の本が気になりチラチラ見ていた。内容はSTが読んでもいいと思う本だと思う。聴診器のことから、頚部胸部聴診のポイントまで書かれている。

書籍名 頚部胸部聴診法
出版社 星雲社
発行日 2009-02-10
著者 井上登太/監修

4月からどこに行くの?

 毎週就職活動してるけど連絡がこない。今回応募しているところは珍しく新設のところだ。STの開設でお金をかけたがるSTもいるだろうし、僕のようにお金をかけないSTもここにいる。必要な機器はこれじゃないとだめとこだわるSTもいるかもしれないが、僕が今まで開設を手掛けてきたいくつかの病院では安いものでも大丈夫だった。
 リハビリ科ってやっぱりまだまだPTやOTが属する軍隊というイメージがあり、僕はリハビリ科に属さないSTがもっと増えてくれたらありがたいと感じている。やっぱりPTやOTとやってることは違うし、同じ病院の職員だとしても給与の差があったり、同じリハの視能訓練士のようにリハ科には属さない資格もある。PTがSTを理解しきれないように、STはPTが干渉するのを好むとは思えない。だいたいリハビリの代表はPTだけど、STをどう扱うか?残念ながらSTつぶしをしているとしか思えないほど職場は荒れ気味。よっぽどできたPTじゃないとだめ。管理能力を問われるところだけど、臨床だけじゃつちかえない難しさでもある。若いSTが色々提案なり意見を言っても却下とか。悲しい現実もある。そのストレスをどう自分で解決していくか、そして最悪の退職に至らないように保護する必要がある。
 以前僕が勤務していた病院ではリハ科には属していたものの指示系統はPTじゃなく院長に変更した。これでとんでもないPTから解放され、業務はしやすくなった。STは奴隷じゃない。若すぎるSTの集団は成長するどころか心がゆがみ、おかしな方向に向かっている。たくさん養成校を作ったばかりに大きなひずみが生じてしまった。STは崩壊している。悲しいほどに。
 STの給与は高くはない。安くてもいいし、病院側出せる範囲でかまわない。それでも僕を雇ってくれるところはなくて、首つりの日だけが近付いている。桜が満開のころに・・・。

メールがこない

 仕事のこと、プライベートのことで3人ぐらいの人にメールを送ったけど返信がないので悲しい。
 昨日は20時過ぎに横になったまま寝てしまったおかげで只野の最終回を見逃した。最悪だ。疲労度が強く、眠れるのはいいんだけど、やっぱり疲れている。
 次の仕事が決まらない不安は大きい。小室の借金をエイベックスの代表が払ってくれたようだけど、僕にもこういう支援者がいるとありがたい気はする。またいい曲を作ってほしいけど。
 言語聴覚士の認知度はなかなか高まらない。患者が知らないのはともかく、医療スタッフの関心度の低さが悲しい。言語聴覚士を雇っておきながら排除しようとするようなことをされるとつらくなる。僕は看護師の仕事の負担を増やしたくないと考えてはいるけど、どうなんだろう。リハビリを積極的に行う病院なら看護師も協力的であるかもしれないけど、急性期になるとリハビリだけじゃないので、検査や他にもいろんな業務があるので、嚥下の食形態を変えるにしても介助とか見守りでとかお願いするとその分時間がとられるわけで、本来なら患者優先に考えなければいけないところを、看護師が嫌がらず時間的にもそんなにかからずできる範囲での食形態にしないと嫌々されても困るし、難しいところだ。こんなことを考えるのは僕だけなのかもしれない。

悩み多き日々

 今知りたいこと、調べてもほとんどわからない。どうやって他の施設ではやっているんだろうって思うんだけど、いちかばちかでメルアドが載っている医療関係者に質問メールを送ってみた。わからないっていう回答がくるかもしれないし、無視かもしれないし・・・。
 いくつか応募しているところからはあいかわらず返事は来ない。首吊る日もそう近くはないのかもしれない。
 僕の後任は決まったのだろうか。今の職場は本当に大変だと思う。指導経験のないSTが色々説明してくれるのはありがたいことだけど、自分のやり方がつねに正しいという考え方のもとに指導や説明を受けると僕のやり方を否定されているように思ってしまうし、この辺は説明する側も注意しないといけないのかもしれない。ペアの相性もあるだろう。なかなかST2人で運営していくのは難しい。
 1人で立ち上げて最初はいろんな職種の人からひどいめにあったり、混乱したりで大変だったかと思う。僕も何度か立ち上げて大変だったような・・・。でもバックに大きな存在がいてくれたのでそうでもなかったかも。あぁ僕は守られているんだなって思ったら、失敗してもものすごく悩んでもいつか立ち直れる日が来るのかと。結局業務内容に不満が生じたために退職してしまった。
 

疲労

 今日もあいかわらず疲労。また不採用通知がきた。とどめをさされたかのようだった。仕事の方はもう辞めるので少しは楽にやっていきたいと思っているのに、もう1人のSTが僕を悩ます。
 僕はどうやら思ったことを言語化するのが難しい人なのかもしれない。もう1人のSTは僕にいらだち、僕もまたかと思いつつ仕方なく言うことに耳をかたむけるものの、解放されたいって思う。経験年数の下の人から色々言われるのは気分を害する。
 多分言い方の問題だとは思う。
 1人VFを取った方がいいのかどうか迷う人がいる。一応食形態は限定されており、今後よくなることはない病気の方だ。今はかろうじて摂取できているが、いずれ摂取できなくなるかもしれない。
 現状確認の意味では有効かな?でもVFをして食事をするのが危ないとなるとその人から楽しみを奪うことになり、僕はあまり積極的にVFをすることを考えていない。あと忙しいのもある。
 僕はVFなしでやってきた経験のほうが圧倒的に多いので、あまりVFを信頼していない。
 VF時にどれだけ訓練場面に近いことが再現できるのかは疑問である。
 VF時にはよくても、訓練場面ではうまくいかないこともあり、逆もある。となると手間もかかるVFは本当に必要かは疑問になる。ファーストチョイスになるのかもしれないけど、教科書どおりにすればVFをすべきなのだろうか。僕はマニュアルから逸脱し、自分で考え、応用していく力こそが仕事を面白くさせる原動力になるんじゃないかって思っている。テキストを信仰するのも悪くはないのだろうけど、しすぎるのもどうかと思う。そんなマニュアルSTじゃ寂しい。
 でもそんなマニュアルSTのほうが生き残っていけるのだからすごいね。僕はもうすぐ辞めるわけだし、どこも雇ってくれないだろうから首つりしかないかもしれない。

あぁ

 たかがバイトにいろんな責任を負わせるのもどうかと思う。僕がずっと同じ食形態で様子をみたいのは、誤嚥のリスクが心配だからだ。例えばいつまでもペースト食じゃ見た目も悪いし、食欲も出ないかもしれない。そして患者から違うものが食べたいと話があれば、できるだけリスクを軽減した食形態のアップの仕方で検討している。そのペースがおそいみたいな感じで批判されるのだけど、実際食事を上げたり下げたりするのも手間だと思う人もいるとは思う。この辺はずっと僕のやり方できているのでやり方が間違っているのが正しいのかはっきりしたことは言えない。やっぱり経験からくるカンでやっているとしかいいようがない。それを理解してもらおうと思っても理解はできないだろう。話を聞けない人たちにいくら何を言っても僕が疲れていくだけだから。夕食の評価をもう1人のSTはしているが、僕は無理だと言った。とにかく残業はしたくない。
 僕が定時に帰る理由は、仕事をしたくないというのもあるし、疲れを残したくないというのもあるし、残業代がもったいないとうのもあるし、とにかく生産性をあげて効率よく仕事がしたいだけ。
 今の職場で僕は孤立し、社会人としておかしな人として扱われている。
 患者のことで問い合わせてきたナースの口調がびっくりするほどきつすぎる。なんであんな言い方しかできないのかと悲しかった。こんなナースがいる職場いやだよ。STつぶしかと思った。
 交渉力、面白さ、忍耐力、話し上手、聞き上手などSTにも色々求められるとは思う。残念ながら僕は自信をもってこれだけは優れているというのはない。おばがメールを最近くれたときに僕は人の話をちゃんと聞ける人だと書いてくれていた。僕は話すよりも聞くことが多い。
 意見することもないし、諦めが早い。そして人よりストレスを感じやすい。
 やっぱり仕事はうまくはいかなかったけど、待っているのは地獄だけ。あと3週間ぐらいだけど僕はいいともみて徹子の部屋を見ているような毎日が好き。やっぱり仕事が嫌いみたい。
 患者さんに失敗から学びなさいと言われた。失敗をおそれてはいけない。僕はすぐ委縮してしまうタイプなので、もっと主張すべきなんだろうけど、パワー不足。自殺したいと思うぐらいなら色々できそうなんだけど、自殺するならするで静かに死にたい。電車に飛び込んだりそんな大迷惑なことだけは避けたい。後ろから押されたら仕方ないけど。
 STがつぶされていくこの職場で生き残るのは大変。もう1人だけはなんとかやっていけるだろう。
僕は辞めて正解だと思う。そして失業という地獄を味わい、改めて仕事の意味を知るだろう。
 僕に色々いってくるPTやOTやST、ありがたいと素直に受け止めなければいけないのだろうけど、話を聞く方は大変。全然感謝の気持ちはないね。ひねくれていく。自分の言っていることが正しいと言い放つのはその人のキャリアからかもしれない。だからそこに意見するのも疲れるし、気の利いたお返事もできない。横やりとか妨害とか干渉とか僕は思うけれど、なんでこうも言いたいことを言いたい人ばかり増えちゃったのか最悪だなって思った。う~んやっぱり悩ましい。今日はとても悩ましい。誰かに助けを求めてもどうしようもないけれど。
 とにかくこの頭でちゃんと考えていかなきゃ。考えて考えて仕事をやっていかねば。失敗を恐れずに。感謝の気持ちも忘れずに。僕って不機嫌になるとますますだまってしまうからね。毎日なんらかの発言により気分を害している。悲しいほどに。仕事行きたくないなぁ。僕は今までの職場のほとんどが電車通勤でラッシュには慣れている。でもふんばるのが大変なときもあるし、思い切り押されることもある。このときに生きてる実感を感じることもある。もう人生投げ出したい。もうすべておしまいでもいい。

疲労

 あいかわらず花粉で悩まされている。昨日は日中外出していたのでその影響か鼻水、くしゃみ、目のかゆみがひどくなった。これでまた仕事の能率が落ちるし、もともと仕事が嫌いな僕は憂鬱度が増す。
 某病院でSTのことを全く知らない人にでくわし、短い時間ではあったけどこんな仕事をする人だというのは伝えた。やっぱりまだまだマイナーな仕事なんだと思った。
 求人は少ないね。今年はどのぐらいの合格率だろう。新刊でSTのための言語学とあともう1つ関連する本が医学書院から出ている。これでほぼ国家試験に使える教材はそろったのではないだろうか。
 でも医療業界は厳しいし、いくら景気が悪いからといってSTになろうとするのは辞めた方がいいと思う。
 福祉業界では訪問リハがじわじわやりだしているところもあり、STも訪問リハをしているところがある。でもまだ数は少ない。僕は訪問リハの話がでるたびに憂鬱になる。僕は車の運転が苦手だ。そして頭が痛くなるし疲労度がアップするのでできるだけ訪問リハは避けたいと思っている。
 でも40分で6000円になるのはたしかに収益としてはおおきいかもしれない。
 前の職場の人にメールを送ったんだけど返ってこないよ。嫌われているのかなと思ってしまう自分が悲しい。メールなんてなければこんなに寂しい思いをすることもないのになんて思うこともある。

精神的苦痛

 僕は会えないけど僕の後任はどんな人がくるんだろう。でも僕みたいに短期間で辞める人はいないとは思うけど。だいたい1人で開設してその人がやめたり、増員したりする2番手って続かないことは多い。だから3番手は2番手の続かない経験もあり、まわりも気を使う。3番手もすぐやめればこの職場はよくないということだ。
 STは他のスタッフと違いまだ1人職場もある。1人のほうが動きやすいのはいうまでもない。2人はお互いの理解がないと難しい。また理解できない人が多そう。
 3人もまずいらしい。4人がいいらしい。でも僕は人数分の部屋がないといやなので4つも部屋のあるリハビリ自体珍しいかも。
 どうしてもリハビリ所属にしないといけないわけでもなく、耳鼻科や神経内科、他の科の所属でもいい。視能訓練士が眼科にいるように。
 なかなか言語聴覚士の認知度はあがらない。もっと認知度が上がるにはどうしたらいいんだろう。これも言語聴覚士特有の引っ込み思案のようなキャラをもちつつ、変に目立つ人もいるし、厳しく意見する人、こわいもの知らずのように見える人もいるし、他の職種に比べてはおとなしい団体のような気がする。ただ素直に言うことを聞くような団体ではなさそう。だから孤立しちゃいそう。
 今日はいつも以上に忙しくなる。頑張らなくては。花粉よどっかにいってほしい。
 

どんどん太ってる

 朝も昼も食べる量は減ったけど夕食が多いのか体重が増加して困っている。明日から気をつけないといけない。僕は太りやすい体質なので。
 仕事ではもう1人のSTと考え方が合わないといらいらしてしまう。それを我慢し続けるとストレスになり、行く気がなくなる。なぜあそこまでこだわるのか?それがこわい。どうしても僕のやり方が気に入らないのならしかたない。
 あと僕がどこで何をしようと勝手だと思う。たかがバイトなのに監視するのはやめてほしい。刑務所かと思ってしまう。そりゃ軍隊リハなのでどうしようもないかもしれない。
 なんともいづらい職場なのだ。今募集中なので受けるSTはかわいそうかも・・・。なんとか頑張れるって言う人もいなくはないと思うけど給与と内容のバランスが悪い。
 みんな都合のいいことしかいわない。そんな嘘を信じてしまってもいいんだけど、自分を殺してまで仕事をするのもどうかと思う。でも自分を殺して、嘘だとわかっていても仕事をするんだろうね。
 僕には受け入れがたい現実。
 とにかく今は疲労。僕が今年計画していたプロジェクトは資金繰りがうまくいかなくてはじめるのは難しいかもしれない。タイムリミットは今月末。無理やりはじめるか?末まではもう少しあるので考えたい。
 花粉症、炎症、不安神経症、不眠症といつも何らかの不調なり憂鬱を訴えてはいるんだけど、このまま生きていくのは寂しい。
 どこかに気の合うSTがいないものだろうか。STってみんなやりにくい人ばかりなの。固執しちゃうの。
 どうにもならないことで悩んでもしかたないので適当にきりあげて、さっさと帰ることが健康的かと思う。どうしてもリハビリに所属しているとPTやOTに支配されかれないのでそれは残念に思う。
 ST同士もうまくいっていない職場もあるだろう。うまくやっていける職場で仕事したいね。 そのためには干渉しないこと、監視しないこと、軍隊にならないこと、効率をあげること、定時に帰ること、色々できることはある。
 とにかく干渉は精神的によくないので僕は極力何も言わない。相手が何をしていようが興味はそんなにない。
 今日は予定にいれてなかったけど、半年に1回通院している歯科に電話をして無理やり時間を作ってもらった。そこで歯の点検及び掃除をした。2300円程度毎回かかる。
 磨き方を変えてから歯茎のはれがなくなり、よく磨けていると毎回言われている。
 明日は新しい歯科の内覧会がある。あさってもやるみたいだけど行けたらいってみたい。
 地元には歯科がたくさんあるので必要ないと思う。皮膚科が少ないね。
 あぁすごく疲れた。あと3週間乗りきれるだろうか。プロジェクト実現させたかったなぁ。後悔するなら無理してでも実現すべきかな。

地獄行き

 僕の地獄行きは決定したようなものだ。次の職場がないからだ。それを知ってて今の職場をやめるんだけどね。新卒は出てくるし、僕の職歴を見てどこも雇ってくれなさそう。短い期間で辞めてるし。
 もう1人のSTとまた夕食の件で話をして僕はまかせられるところは看護師にお願いしているのだけど、もう1人のSTはどうしてもSTが評価しないとだめという考え方なので仕方ないと思った。だから僕の患者の夕食の評価をお願いしている。もう1人のSTはどんどん仕事が増えている。僕は看護師にお願いする分仕事は減っていく。
 僕が評価しても失敗することはあり、看護師がやってうまくいくことも結構あるので、Wチェック体制がいちばんいいかなと思っている。
 不完全なSTだからこんなことを言っているのかもしれないけど、やっぱり残業はしたくない。
 この時期に辞めていくスタッフは多い。多くは次の職場が決まって辞めるのだろう。
 でも僕は辞めてから探す方が楽。
 大殺界のはじまりの年だけどやっぱりいいことはなさそう。
 鼻をかみすぎて鼻血がでやすくなっている。薬も色々飲んでいて疲れる。
 こんな僕にいいことろがあるとしたら何なんだろうか。自分のいいところって何?

今後について

 まだ次の職場が決まってないので悩ましくなるとは思う。もうすぐ今の職場は辞めるし、今僕の後任を募集中だ。
 今日は仕事を楽しめた感じがした。少しは慣れてきたのだろうか。
 花粉の症状がまだ出ている。早くピークが過ぎてほしい。
 疲労感があるね。

死ぬ

 目が痛かった。眼科に行こうかと思ったけど少しおさまってきたのでやめた。地元の眼科は早く閉めてしまうので間に合わない。
 今日も忙しかった。あんまり働かない僕にとってはなにかひとつ忘れてしまうことがある。患者に注意しなければいけないことを言い忘れたり、カルテを書き忘れたり、予約をし忘れたり・・・。ヒューマンエラーというべきか、眠くなるような薬ばかり飲んでいるので気をつけないといけない。
 どんどん看護師さんに食事介助してもらわないとお昼回りきれない。
 ひとりやけに僕にほほえむナースがいるんだけど、気になる。あと1カ月なんとかもつかな。
 定期券の更新をしたんだけど、すごい並んでた。並ぶのがだるい。定期は3日以内なら払い戻しがきく。
 みんな忙しい中で自分1人がさっさと帰るのはやっぱり気が引けるけど仕方ない。やっぱり帰りたいから。こんな僕でも今日は定時より1時間オーバーしている。突然の水飲みテストの依頼が入ったらからだ。みんな冷たい目で僕を見るだろう。でも僕のようなバイトにいくら頑張れといっても給与は決まっているし、退職金もボーナスもないので限界はある。そして、単位め一杯取っているようだけど、摘発されるんじゃないかって心配する。上限いっぱいいっぱいだときついだろう。この職場は残念ながら僕には合わなかった。もっとゆったりしているところが理想。

花粉

 たぶん花粉の影響だろうと思うが、症状が出てるので薬をもらってきた。夜寝る前に飲むタイプのやつ。漢方も勧められたけど、面倒なのでやめた。
 今日の求人はやけに少なく、STはもちろんない。どこかに決まりますように。
なんか食べ過ぎた。お金がないので時計と服を売りに行った。どうせ1000円にもならないかと思っていたけど、時計が思ったより高く買ってもらえてよかった。こうやって持っているものを売っていくしかない。
 明日から何もしない・・・という手もなくはなかった。一応自分の患者の予約を入れているので行くとは思う。でも僕の中ではもう辞めてしまっているので、今さらあーだこーだと言われても仕事がやりにくい。なんでこういうことになってしまったのか。僕はSTが邪魔をしているようにしか思えない。もう1人のSTが勝手に仕事を増やし過ぎている。もっと効率よくできないものかと。でもそれは難しいのだろう。だから僕の後任で来る人がどう考えるかだ。多分うまくいくだろう。そう願うしかない。
 とにかくこのアレルギー症状最悪。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ