FC2ブログ

2009年を振り返る

 失業ではじまって、失業で終わった1年になってしまった。なんとか次の職場が決まるよう願うだけ。仕事のほうはうまくいかなかったけど、趣味というか、自分でやりたいと思って始めたことがなんとかうまくいってよかった。
 先日辞めたPTと会ったときに、新しく入ってきたPTが経験者で看護師らにこうやれ、ああやれという感じで悪気はないとは思うが頑張っているらしい。ベテランでもある程度の距離を保ち、職場の雰囲気を知ってから協力的にやっていけばいいのにとは思う。人間関係をわざわざ壊すことはないと思う。居心地の良い職場はあるだろうか。僕だけなら居心地はいいんだろうけど。奇跡が起きたらあるかもしれない。奇跡よおきろ。
 2009年は新型インフルエンザ、政権交代、他にも色々あったけれど、今思いついたのはそれぐらい。
 来年はどんな年になるだろう。僕に合った職場はあるだろうか。
 
スポンサーサイト



絶望的

 図書館に行ったらもう休みに入っていて本をかりることができなかった。一緒に仕事をしていたPTが今月辞めて、家も近所でよく食事をしたけど、次の職場が決まっていてその付近にもう引っ越してしまい、会いにくくなってしまった。結局仕事を辞めると人間関係も終了してしまう感じはする。仕事を辞めて今でも関係が続いている人は1人ぐらい。1人もいないよりかはましだろう。
 なんとか1人で働ける職場はないだろうか?栄養士と一緒に嚥下食を考えたり、ナースと摂食機能療法を算定する流れを考えたりできた今まで働いてきた病院はもうないだろうか?あとカルテは電子カルテがいいね。
 今、病院よりも厚生局に対して憎しみというか怒りを感じている。僕に回答しなかったことに対して謝罪を求めたい。
 気分が晴れないまま、苦痛な面接を受けなければいけない。年末年始の就職活動予定はまったくないけど、また出たら出向かないといけない。もう嫌だ。面接は地獄だ。殺人未遂に近い。不況下で何社も落とされたというニュースを見るとぞっとする。僕は資格や経験があっても使えない人材。それでも僕なりのやり方でやらせてもらえるところはないだろうか。Ⅹはそんなところないでしょうって言うかもしれない。やっぱりないとなると僕はもうこの仕事を続けることができなくなってしまう。
 最近部屋にいることが多いせいか外で歩くと足が痛くなったりして、運動不足を感じる。そして良く食べるから太る。心も体も病んでいきそう。心療内科は年末年始はお休み。かかりつけの内科もお休み。薬がないと不安でしかたない。ストックはもらっているけれど。鼻の調子が悪くなるとは思ってもみなかった。
 嫌なことばっかり。胃も痛いし、話し相手もいないし、新しい出会いがあるのは悪くはないんだけど、必ず別れが来るのが僕には寂しくてたまらない。引っ越してしまった職場の人もそんなに会えないし、また会いたいと思ってないかもしれないし、メールも頻繁に送ると迷惑だし、僕は満たされないまま1人でいるしかないのと、携帯電話に触れないように手をしばるかしておかないとメールを送ってしまいそうで危なくなる。もうだめだ。お先真っ暗な気がする。
 また眠るしかない。肌が乾燥してかゆい。かきむしるたびにストレスがアップする。傷つく体。薬を塗れば楽にはなる。今は薬しかない。抗不安薬にビタミン剤にかゆみ止めに・・・。仕事をせずに薬だけ飲み続けてあと少し生きてみたい。決心するにはまだ早すぎる気もするけど、面接と言う地獄から逃げたい。人を選ぶなんて残酷なこと、そう簡単に決めれない。僕は面接官にはなったことがないのでよくわからないけど、選べるほどのSTがいる中でやりにくい人を選ぶところはわざわざないだろう。奇跡が起きてくれるのなら僕を雇ってほしい。僕がいきいきと働ける職場で。

生活のリズム

 仕事を辞めてから、生活のリズムがやや崩れて気分は落ち込むし、変な夢を見るし、あまりいいことはない。ようやく離職票が送られてきた。これからっていうときに僕がしてしまったことはとても残念に思う。また辞めなければいけないほどのことをしてしまったのかという点についてもうやむやのまま辞めさせられてしまった。
 栄養リハビリテーションの本を見たけど、内容的には3000円も出して買うものでもないなと思いつつ、最後まで悩み買うのはやめた。これが2000円なら買っていたかもしれない。
 Ⅹにメールしたり、職場で良く話をしていた人にもメールを送ったけど、返信がなく、夜中に返信があった。この人も辞めたのと、家が近いので会おうと思えば会ってくれるかもしれないけどわからない。次の仕事が決まっているのでその準備にとりかかっているかもしれない。積極的に僕に会おうっていう人はいない。
 そういうことでテレビを見るか、何か食べるかで太ってしまう。
 空気が乾燥しているせいか、皮膚がかゆい。皮膚科からもらった保湿剤やオイラックスもあるけれど、これを使わず、ドラッグストアで買ったものを使っている。かゆみも結構疲れるし、いらいらのもとになる。
 元気が出ないのはもともとだけど、さらに元気が出ない状況下で就職活動をしていくのは厳しいね。仕事をしないわけにもいかないし。あーいやだ。

ニュース

 昨日ニュースを見ていたら嚥下障害最新治療ということで川崎医大の先生が食道の入口が閉じている患者にボツリヌス毒素を注射して改善した例を報道していた。患者はNさんだけど、のみたくてのみたくて点滴まで飲んでしまったらしい。食べられない苦しさは死にたい気持ちにもかられたらしい。

新刊

 医歯薬出版から「PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養栄養ケアがリハを変える」という本が出た。興味があるんで見てみたい。
21862-4.gif

不採用

 寒い中、不採用通知がきた。この病院ではやっていけないだろうって思っていた。なぜならば回復期だったから。なんとか急性期で1人職場のところはないだろうか。離職票がこない。

雇ってください。

 こんな僕でもどこかで雇ってくれるところがあるだろうか。そろそろ年賀状を書かないといけない。離職票こないし、ハローワークに行けない。STの求人は少なく、職場環境は悪化し、リハビリ科内のSTの地位は最悪。僕としては、残業などせずさっさと帰ってほしいと思う。今まで勤めていた病院ではさっさと帰っていたが、僕の給与は新人PTより安かったので、僕自身の売り上げはすごかったと思う。そして看護師には摂食機能療法を算定してもらっていたので、その分も含めると僕はかなり頑張っていたんだけどね。摂食機能療法は看護師や歯科衛生士、PT、OTも算定できるんでSTは脳血管で算定したらいいと思う。言語室を確保し、基準が低いからといって摂食機能療法で算定せざるおえない事情があるかもしれないけれど、言語室がない環境下でSTやるのはかわいそう。僕なんかこの世から消えればいいんだけど、なかなか消える勇気もなく、リハビリたちとは決してうまくいくような人物ではないけど、またどっか見つかるかな。この仕事を目指そうと思うんならやめたほうがいいね。こんな値崩れした職業いやだ。病院もバカ病院が多く、何を考えているのかわからない病院があるね。誰のための病院なのか?診療報酬が下げられたこともひとつの要因かもしれないけれど、人間関係の問題もあるんで、これからのSTに求められるのは訓練よりも管理能力じゃないかと思っている。訓練も管理に含めていいんだけど、うまくマネジメントできると仕事が楽しくなるんじゃないかと思いながら僕なりにやってきたつもり。だから僕はSTが複数いるところでは働けないし、僕の考え方と合う人がこの世界中にいるかどうかすらもわからず、多分いないんだろうと思う。こんな変人死んだ方がいい。
 Ⅹが教員を勧めたが、教員募集出てるところ意外とない。教員になって挨拶回りをして、学生集めをして、また薬をが増えても困るけど。養成校が増えすぎてしまったというのも辛いね。定員割れ起こすのもしかたないと思う。誰も将来性がない仕事に就きたいと思う人はいないだろうから。
 医師か看護師の免許でもとって社会に貢献してほしいと思う。

戻れない道

 また辞めさせられた病院で働けたらと思っている。そんなことはもうできないけど、あまりにも急だったから。次の就職先はいつ決まるかわからない。久しぶりにⅩに会った。Ⅹはなんと続けて行けそうなことを言っていた。通勤が大変らしく、車を買いたいとも言っていた。僕も仕事をしていたら車欲しかったな。でも乗らないけど。
 特にすることがないので、ほとんどテレビを見て過ごしている。あと肥満だけどなかなかやせる気配がない。結局何か食べてしまう。

お先真っ暗

 憂鬱ながらも面接に行ったがさらに憂鬱になってしまった。1年目のST女性がいるらしく、僕の嫌いな夕食までも訓練しているらしい。面接したPTの代表は強制はしてませんとは言ってたけど。これから回復期を作るようだ。時代の流れからすると回復期は危険かも。
 今回履歴書には短い期間の職場は書いていない。事務長に退職の理由を聞かれたが、そんなに深くは聞かれていない。給与が安すぎる。前の病院でもリハスタッフの最低ラインでの給与だっただけにそれ以上に安いっていうのがショックだった。もうお先真っ暗だね。まだ若いスタッフなら耐えられるのかもしれないけどそれにしても安い。PTは好き勝手できていいね。STはPTとかOTとかに邪魔されるから。
 帰りに胃もたれなのにやけぐいしてしまった。もう食べたらいけないのに。すごく疲れた。次はいつ面接、見学に行くやらわからない。
 やっぱり偽らずに履歴書書いた方がいいのかな。

退職へ

 昨日退職した。今日から失業。またかと思うぐらい失業しているけどしかたない。でるかでないかわからなかった歓送迎会だけど、僕が参加するということでスタッフ同士のトラブルがあって最悪だったけどなんとか参加できた。昨日も荷物が重かった。
 栄養課からお世話になりましたということでお菓子をもらったのがうれしかった。リハビリ科からはなし。なんかくれるのかと思ったけど期待外れ。
 やりがいのある職場だっただけにもうこういう職場で勤めることは無理かもしれない。途切れない患者のオーダー。いろんな患者をみれて刺激になった。ここに勤められるSTはしあわせかもしれない。
 なんか胃もたれする。最後保険証とか事務長に渡しにいったけど、大した言葉もなくおしまい。そばにいた医事課の人が僕に話しかけてきて辞めるんですかなんて言ってきて、場所を変えて話をした。この人、僕よりあとに医事課にきたんだけど、以前事務長をやっていたらしい。事務長職も大変らしく、院長とうまくいかなかったようだ。今は事務長としてではなく、事務員として雇われているほうが楽だと言っていた。でもまたどっかの病院でやるんじゃないかな。事務長はなんでもやだってどこかの事務長が言っていた。
 今回僕が行ったことは常識外れだったかもしれないけど、悪いことをしたとは思っていない。病院も厚生局も悪い。僕だけが被害をおうことになってしまった。
 STの部屋が人数分ないと不便なんて僕にしかわからないのかもしれない。
 明日面接するけど、気乗りしない。寒いし行きたくないけどね。またユニクロでも寄ってこようかな。
 昨日も涙が出なかった。悲しかったけど涙が出なかった。ホームから飛び降りたい気分だったけど飛び降りることはできなかった。地元まで一緒にPTと帰ってきた。科長の最後のあいさつで感動した人もいるかもしれないけど、一緒に帰ってきたPTは泣くどころか泣いてる人を見て笑いをこらえるのが必至だったと言っていた。
 たくさんリハビリスタッフがいるとやりにくいね。ST同士だってうまくいかない確率の方が高そう。今すぐ死ねる薬があるのならそれを飲んでもう消えてなくなりたい。疲れてしまった。
 保険証ないから任意継続の手続きをしようと思う。なんか協会けんぽに変わってから支部に行くか、郵送もできるようで、前のやり方が違うのにとまどう。
 自分で自分を苦しめる僕。何が楽しくてこんなことをするのかわからない。ただ黙ってSTを増員されるのは困る。また1人職場がいいな。複数でもなんとかうまくやっていければいいけど、雰囲気が合わないとまた病気が悪化する。どうせ雇ってくれるところなんてなさそう。さてこの失業期間に何をしよう。

天職

 この仕事が天職かどうか、他の仕事をやったことがないのでわからない。別にこの仕事が嫌いというわけではない。僕が職場の環境になかなかなじめなかったり、不満の解消がうまくできなかったりで、辞めざるおえなくなってしまうんだと思う。
 お金がないのが辛い。今回の退職は突然だったんでまだ実感がない。
 職場の人に会えないかとメールしたが無理だった。僕の悪い噂を勝手に流した介護士が出勤しているらしい。僕がやめるとわかってしめしめと思ったのだろうか。もう嫌なことばっかり。こんな僕につきあってやろうと思う人はいない。仕事辞めたら関係もそれでおしまい。僕の心がどんどん痛んで人を信じられなくなっていく。今日はメールを送って会えなくてとても残念だった。嫌がってるんじゃないかとか不安が止まらない。明日行くのがこわい。生きた心地がしない。それでも明日は最後なんでいかなければ。世渡り上手にはなれない。新しい友達はできない。だいたい今までの勤務した職場で今でも話をしたりする人なんていない。そういうもんなんだな。バカみたいに信じた僕は辛いだけ。

大丈夫ではない

 もうすぐ保険証を返さないといけないので、また医者に行き薬をもらってきた。その時に科長から電話があり、元気?って感じの内容だった。あさってだけ出勤するけどね。
 仕事する気になれないなぁ。探す気にもなれないし。いいことないかなぁ。
 マクドナルドで食べたり、すき家で食べたり、みかん8個食べたり暴食している。どんどん太っていく。そしてあれていく。

暗い顔

 寒い冬になりそうだ。今日は家にほとんどいてネットしたりしていた。仕事もちらちら検索しながら見てたけどなんかいまいち。働く気力もないし。今の病院で仕事続けられたらよかったけど。

疲労

 運気が上昇していたかのように思えたが、下降してきたかな。僕が信頼しているナースからメールがきて、辞めるなんて驚いたって書いてた。なんで辞めるのかは噂で知っていたのかはわからないけど、辞める理由を書いて送った。
 嚥下の新刊買ったり、勉強会への参加も積極的にしようと思った矢先の出来事であり、僕としてはとても悩ましいが、辞めることにより、すべてを捨てることにより、改めて自分のことが理解できなくなってしまった。でもこう言う不器用な自分が社会に存在して迷惑をかけることもあるということも仕方ないと思っている。今の自分を好きか嫌いかと問われると多分好きだと答えるだろう。間違ったことはしていないから。どこの病院にいってもまた同じようなことをするかもしれないし、それはわからない。死ぬ勇気もないし、今後のことはどうなるかはわからないけど、なるようにしかならないだろう。

相談

 ハローワークで労働相談のチラシを見て、こういうのがあるんだと思いつつ、勝手に増員するという話をきいたときだったんでそのチラシをもらって、今日相談に行ってみた。相談員は何者かはわからないけど、弁護士会に相談するのもいいし、なんらかの形でだめもとでもいいから慰謝料を請求するのもかまわないと言われ、とても難しい選択だと思った。弁護士を雇うほどのお金はないし、負けるとわかってる件に関しては引き受けるまでもないでしょうけど、そうでないときもありますからとは言っていた。そして僕に対してボーナスをあげるからボーナス日まで退職日を延長したこと、雇用保険が待機期間なしにもられるようにしたことは、あたりまえのことであって、ボーナスは僕がちゃんとボーナス算定期間働いたからもらえるわけであって、ボーナスまで奪う権利はないことと、雇用保険だって国のお金なので、病院側は何も責任を感じていないということで、慰謝料を請求できるんですよと言うものの、実際のところはもらえないだろうね。色々勉強にはなったけど。とにかくいろんな法律があるんだと思った。
 病院が信用できなくなってしまったのは事実だけど、仕事はすぐ見つからないだろうな。こんな僕を雇ってくれるところはあるかな。間違ったことをしたとはやっぱり思えない!
 弁護士とか友達にいたら心強いけど、僕には友達自体少ないんで、弁護士の友達はいない。今日は弁護士会を紹介してもらったけど、勉強がてら行ってみたらどうですかと言われたけど、検討中。弁護士と話すのもいいかもしれない。
少しお金取られるけど。
 僕は勝負とか、争いとか嫌い。厚生局に文書を送ることはそんなに苦ではなかったけど、病院に対して簡易書留で慰謝料を請求するのはとても悩む。もっといい方法はないのだろうか?がまん、がまん、がまん、どれだけがまんすればいいのか?僕の心のクセはなおらない。
 職場のPTにメールしたら病院訴えてくださーいだって。訴えるっていうことの重さがずしーんとのっかかってきて、気弱な僕だけに今日はさらに疲労感を感じている。
 Ⅹは労働局が職務上で言ったことを真に受けたらだめって言うし、職務上っていうのがひっかかるんだけど、なんか僕は損をしている感じがするし、腹立たしい思いもなくはないし、ストレスアップだし、生きた心地もしない。早く死んだ方がよさそうだ。

涙が出ない

 悲しいんだけど涙が出ない。なぜなんだろう。仕事辞めるし、次の職場見つからないし、涙が出ない。今日は師長とかに簡単に辞める挨拶をした。
 看護部長にも僕のやったことは非常識と言われてしまった。僕は悪いことはしていない、勝手にSTを連れてくるのもどうかと思うし、病院への不信感が高まったと言った。
 僕は死んでも変わらない。明日から数日お休みするけれど、本当に疲れた。なんであんなことしてしまったんだろうっていう気持ちもなくはないけど、やっぱりSTの人数分部屋は欲しい。僕って本当にバカなSTだと思う。部屋にこだわりすぎてすべてを失うのだから。失い過ぎだね。涙が出ない。悲しいのに涙が出ない。
 次の就職先を探さないといけないけど雇ってくれるところなさそう。困ったな。変えられない僕。引き抜きとか実際あるんだろうけど僕には縁がない。だいたい厚生局にFAXを送ってSTの施設基準のことを問い合わせる人はいないんだろうね。なんかずっともやもやしている。なんとか、なんとか次の職場が決まりますように!おなか痛い。
 ネットで見つけた気になった文章を引用する。

 私たちは誰かとトラブルがあると、つい「あいつは常識がないな」「普通だったら、ああいうことはやらないな」と思ってしまうことがあります。
 私もついそう思ってしまうことがありますが、相手の言動に対していちいちそう感じていると、結局は自分が嫌な気持ちになってしまうだけですし、相手にもこちらがそう思っていることは伝わってしまうものです。
人には誰でも「心のクセ」がある

 相手に対して「非常識だ」とか「普通はやらないのに」と思ってしまった場合は、「これはあの人の“心のクセ”なんだな」と思ってしまった方が楽なものです。
 私たちが誰かに愚痴を言う時には、「こういうことがあったの。普通だったら先に言うべきだよね」とか、「常識じゃ考えられないでしょ」などと言ったりします。しかしそう言っている自分も、誰かからそう思われていたりするものです。そして誰かから「非常識」だと思われていた場合、自分にもそれについての理由や言い分があるものです。
 このように「自分の常識は他人の非常識」「他人の常識は自分の非常識」に過ぎないことも多いものです。
 私たちは「常識」や「普通」にこだわって生きています。
 ちなみに常識とは「一般の社会人が共通にもつ、またもつべき普通の知識・意見や判断力」(『大辞泉』)、普通とは「特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること」(『大辞泉』)です。
 私たちは、これらを守って生きることが「大人になること」であるとも思っています。もちろん、こう考えることは間違いではないでしょう。
 しかし私たち一人ひとりの経験は、それぞれで違うものです。今まで育った環境、出会った人、仕事の内容、読んだ本、見た風景、そんないろいろなものによって、その人の「常識」や「普通」は出来上がっているのですから、人と人が出会えばどうしても、常識も普通も相容れなくなりがちです。
 それは、人間同士が完璧には分かり合えないのと同じことですから、結局常識や普通は通じ合わないのだと、割り切った方がいいのです。
 このテーマになると、「日本語の“常識”は英語の“common sense”とは違う(だから日本は遅れている)」などと言う人がいますが、どんな国でも、common senseについて全員が一致することなどありません(ちなみに常識とは、common senseの訳語として明治時代から使われている言葉です)。
 また「“常識”より“良識”を」と言う人もいますが、「良識」もすべての人の見解が一致しているわけではなく、同じように「正義」も一人ひとりで解釈が違うのは当然のことです。
 自分と「常識」や「普通」や「良識」や「正義」についての解釈が違う相手に対して、私たちは否定したり、非難したり、直そうとしたりしてしまいがちです。そうしてしまう理由は、結局自分の中の常識や普通に自信がないためなのです。
 私たちは自分と違う価値観を持った相手を否定することで、自分の常識を補完したいと思ってしまうのです。
自分が困る他人の「心のクセ」にだけ、手を打てばいい
 相手の言動に対して「非常識」とか「普通ではない」と思った場合に、絶対に許せないのであれば、指摘してもいいのですが、しかしそこまでではない場合、相手がそういう言動をしてしまうのは、「心のクセ」とか「趣味」なのだと置き換えて考えられるようであれば、大騒ぎすることもないでしょう。

この文章を読んでなんかぴんとくるものがあった。今の病院のことをとてもよく現している。
僕は非常識な事務長、看護部長、病院の常識や普通に自信がないからなんじゃないかなって思ってしまった。
未熟なリーダーでは崩壊する。早急に交代すべきだと僕は思う。
こういう文章で説明できたらよかったけど、僕の今の思いはこの文章を読んで共感をえることができた。
うちの病院内での常識や普通をスタッフにおしつけがましくするたびにスタッフは離れていくだろう。
離職率を下げたければ、病院内での常識や普通を捨ててしまおう。そうすれば風通しのいい病院になるかも。
もう辞める僕だからこんなこと書いてもしかたないけどこのブログを読んでいる人でやめかけている人は辞めずになんとか続けていってほしいと思う。

体調不良

 仕事行きたくないし、おなか痛い。登校拒否児みたい。Ⅹが1日が長いと言っている。僕はそんなに長くない。なんやかんやで1日は過ぎていく。脳の可塑性可塑性のメカニズムという本が出たようだ。気になるタイトルなんで本屋にあれば見てみたい。
 通信教育で勉強したいやつがあるんだけど、価格は3万ぐらい。3カ月で終了。直接STには関係ないけど、看護師向けの講座。仕事辞めたら意味ないけど。
 本当に僕みたいな気弱な人って損だと思う。仕事は続かないし、困ったものだ。生きた心地がしない。
職場に行き厚生局に送った文書を見た事務長は僕にやめてほしいと言ってきたので応じることにした。スタッフはみんな驚いていたようだったけど、仕方ない。そして僕は正しいことをしたと思っているので反省していない。確かに仕事を失うのは嫌だけど、本当にしかたない。
 有給があるので使ってもいいといわれた。来週で仕事はおしまい。ひきつぎなし。
 こんな病院困るな。僕は死んだ方がいい。言うことを聞かないから。勝手に増員されたことによる医事課に対する不信感はどうしようもなかった。
 心療内科に行ったけど気を落とさないでと言っていた。
 

退職

 STを増員するということで、やっぱり1つの部屋じゃ仕事やりづらいだろうなと思いつつ、施設基準のことが気になり、厚生局にFAXで問い合わせてみた。そのことで事務長に連絡が入ったようでその後、事務長から勝手なことをされたら困ると言われて、常識がないとか、色々言われた。クビかなって思ったけど。
 なかなかST室2つ要求するのも大変だと思った。4月から来る予定の人のためにも僕が辞めたほうがいいのかなって思っている。1人1室の意味をわかってもらえる人がいないよ。OTなんかそんなの1つでいいでしょうなんて簡単に言うし、僕は傷ついてしまった。ことばって本当にこわいね。
 事務長には悪いけど、僕はSTの環境を守ることで必死だった。でももう少し頭のいいSTならこんな手段には出なかったのかもしれない。こういうヘマをするのが僕らしい。笑ってしまうほど悲しいけど。
 事務長はよその病院でこういうことをやってくれと言っていた。うちの病院でやらないでほしいと。法人の方針に合わないということだ。あぁ苦しい。頭痛がしたので仕事帰りに内科に寄った。もう死のうかとも思ったけどまだ死んでない。
 僕の嫌なところかもしれないけれど、僕は間違ったことをしたとは思っていない。ただ事務長は間違っているという。そしてこのブログを見ている人たちも僕が間違っているというかもしれない。
 辞めたくはないけど、新しく来るSTとうまくやっていく自信はないし、事務長も言ってたけど比較されて、僕の評判がますます悪くなり、いづらくなるのも嫌だなって思った。事務長には僕はこういう人間ですし、いい印象はもたれないしょうねと伝えた。あとフィリピンのセクハラの件は否定しておいたが、彼がなぜそういう発言をしたのか、逆に僕は心配ですと答えた。彼が嘘をついたのは困るんだけど、嘘をついた理由がわからない。このフィリピンが昨日も今日も来ていない感じだ。フィリピンの話も聞いて、また僕に話を聞くと事務長は言っていた。
 なんかもうすごくいやだ。苦しすぎる。生活苦しか待ってないのはわかるけど、僕がどうしようもなくおかしい人間なので辞めるしかないのかなって思っている。親にも申し訳ないし、ST室確保できなかったことも含めて、僕は今の職場を新しいSTにゆずったほうがいいのではないかと思っている。1人1室のほうがいい。あぁもうだめだ。
 患者層はいい病院なのでやりがいはある。次、来るSTにとっては勉強になるし、スキルアップにもなる。 
 こんな僕を雇うところはないだろう。どうしよう。
 久しぶりにいたずらから電話があり、勝手にST連れてくるのもどうかなと言っていた。そのSTも不安じゃないかと・・・。確かに不安じゃないのかな?僕ならSTに合わずに決めてしまうのはどうかと思う。以前就職活動をしたときにSTが出てくるところと出てこないところがあった。やっぱりSTがいるのなら出てくるべきだと思う。それが勝手に事務サイドで決められてしまうのはあまり好ましくないと考える。実際ST同士で話をして決めるべきじゃないかな。色々書いても退職かもしれないし、僕の悪い癖というかそんな感じ。いたずらは僕に大丈夫でしょうと言って電話を切ろうとしたがなんでそんなことがわかるのと聞くと多分と言われた。辞めずに続けてると思っているのだろうか。
 なんか労働局のほうでお仕事悩み相談をやっているようなので相談するのもいいかもしれない。事務長が僕は残業しない代わりに給与を最低ラインでいいという契約をしたけど、事務長が言うには残業代込みの他のリハスタッフのがんばりを評価すると言っていた。サービス残業までしてがんばってくれているのがいい印象で、早く帰る僕のことをあまりよくおもってないようだ。新人PTより給与を引き下げられているのに。この辺も納得はいってないけど、とにかく失礼なことをいう事務長だなと思ってしまった。僕は生産性をつねにあげることばかり考えているので残業はありえない。こういうことを考えているSTは僕しかいないのだろうか?残業は美しいのか?僕はどこまで否定されるのだろう。他の人とは明らかに違うということだ。だから群れない。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ