FC2ブログ

面接疲労

 続けて面接をしたおかげで精神状態がおかしくなってしまった。受けた病院ははっきりって勤めたくない病院ばかり。僕は脳外科のある1人職場で働きたい。僕の友達はそういう職場で働いているのでとてもうらやましく思える。患者層も若く、やりがいがある。ただ給与が安いとぼやいているけれど。僕は給与が安いのは仕方ないと思っているし、定時で帰りたいと思っている。実際サービス残業しているところは結構あるのかなぁ。だいたい18単位も取る方がおかしいと思う。勤務時間内に18単位を達成させるには患者のスケジュールもあり厳しいと思っている。セラピストはロボっトではないので、僕はいまだに回復期は嫌だし、急性期と回復期が一緒だった頃がよかった。在院日数短縮もよくない。仕事重視ではなく、プライベートも重視すること。より人間らしいSTになるにはバカみたいに残業しても意味がないだろう。そして老人病院だけどこれまたぜんぜんやりがいのない領域。死期がせまっている人たちにSTをするのは空しいだけ。終末期リハは苦痛でしかない。長生きすればするほど苦しくなる。平均寿命を短縮することはできないのだろうか。
 もうSTとしてやっていけないかもしれない。お金はそこをつきかけていて毎日嫌な思いをしながら暮らしている。大きな病院でも医師が辞めたりすると体制ががたがたして決して順調ではないんだなと思った。
 僕が関わったことがない小児領域の需要は結構あるけれど、訓練できるSTが不足している。多分ほとんどのSTが脳卒中後の言語障害か嚥下障害の訓練をやっていると思う。小児を専門にするSTが少ない。もともと小児の実習先や就職先も少ないからね。僕は子供が嫌いなので小児は無理。
 これといって何ができるわけでもないSTなんだけど、なんとか収入を得る方法を考えなければ。僕に死ぬほどの苦しみを与えた療養型病院にはもう勤務したくない。それなのに療養型病院に面接に行ってしまった僕は、すごくもやもやしてあー勤めてもまた辞めるとすぐ考えてしまう。
 疲れて疲れてしかたない。STは病院に1人で十分だろう。昔に戻りたい。STの数が急激に増えた。でも脳卒中の患者は少なくなりつつある。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ