FC2ブログ

母の日

 昨日は母の日で患者さんに何かもってくる家族が多かった。カーネーションいいね。今日は何度か夜目が覚めて寝た気がしない。きのうも新書を買った。著者を見たら僕が前に買った本の著者と一緒。前作も今回も惹かれたのはタイトル。本のタイトルは重要。でも内容はいまいちだけどね。テーマは仕事について。僕の悩みのひとつでもある仕事。うまくいくはずのないことばかりなんだけどうまくいくと思いすぎている。期待しすぎている。求めすぎている。そんな自分がどんどん疲れていく。仕事をしないとお金が得られない、そんな残酷な結末だけなんだろうね。あまりの疲れようにどうにかならないかって思うんだけど、薬を飲みながら仕事。無理はできない。
 話せないと言えるまでを読み終えた。先週の金曜に買った。実はもっと前に出てたのは知っていて買おうかどうかすごく迷っていた。実際に読み終えて著者が左利きだったことや上肢の麻痺で苦慮して、日常生活場面でのいろんな工夫がされていたことと、言語障害や高次脳機能障害になってみて著者自身が感じたこと、著者が寄り添って患者をみてきたということがときどき出てくるんだけど、それに対しての疑問など・・・。著者の知り合いたちが協力してくれたことにより、この本ができあがったことはわかった。
 もし同業者が入院してきたらやっぱり複雑な気持ちにはなる。高次脳の検査類も知っているだろうし、他の検査のことも知っているだろうからやりにくい。それでも患者の立場になってすべてを受け入れることが改善の近道だったのかと思った。この本はSTに限らずPTやOTにも読んでもらいたい。まだまだSTの認知度は低い。去年は言語聴覚士を主人公にしたドラマが放送されたが、まだまだ認知度は低い。
 今日はおなかの調子が悪い。僕は仕事量は自分で調節しているんだけど、忙しくしている人もいると思う。本来なら予防できてあたりまえなんだろうけど、無茶な生活を送っている人がいるならば見直したほうがいいだろう。
「話せない」と言えるまで: 言語聴覚士を襲った高次脳機能障害「話せない」と言えるまで: 言語聴覚士を襲った高次脳機能障害
(2013/02/22)
関 啓子

商品詳細を見る
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ