FC2ブログ

一生人間関係で悩む気がする

 日々不安に襲われる病気。僕はとてもこわい。仕事はしたくはないけど、生活のために仕方なくいく。今日は医者めぐり。お盆休みあけだからかいつもよりも待った。待つ時間用に僕は本を持って行っている。初めて曽野綾子氏の本を読んだ。口蓋裂の話もでてくる。曽野氏が支援しているようだ。障害時の赤ちゃんを産んだ野田氏の話がでてくるんだけど、医療費は国民が税金で支払って高額療養費制度など利用すれば減額はできる。あたりまえのように治療が受けられるんじゃなくて、なんでそんな無理な出産までにお金が使われるのかと思う人もいるそうだ。僕は医療者として、寿命が延びたのは悪くはないけれど、老々介護とかみていると、長生きすることが本当にいいことなのか疑問になる。また、リハビリを過剰にするのもどうかと思う。365日リハビリは必要なのだろうか?患者にも休みが必要だろう。こんなにリハビリスタッフを養成すれば、給与は下がり、国家資格の価値も低くなる。そんなことがわかっているのに増やし続けるなんてとても矛盾している。僕の知り合いはリハビリ批判ばかりしている。誰でもできるリハビリに国家資格なんていらないと。素人と有資格者のあいだにどれほどの違いがあるのか、また名称独占の資格では、本当に専門家と呼べるのか疑問な点もある。医師の指示のもとにっているのだろうか?僕はないほうが自由に仕事ができていいときもあるとは思うけれど。誰も思わないのだから不思議。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ