FC2ブログ

あの人はいま

 嫌で辞めた病院でもホームページをたまに見たりして何か変化がないかチェックしている。こういう機器を取り入れたのかとか、リハの数が増えたなぁとかこんな医師がきたのかぁ、やめたのかぁなど。僕から連絡しても何も喜ばしいことでもなく迷惑かなって思いメール等はしていない。本当はメールしたいけどね。それってどんな感じとかね。
 体調がいまいちすぐれず、先月睡眠薬を増量したが、今日心療内科に行ってもとの量に戻すことにした。抗アレルギー薬も飲んでいるので、それで眠気もくるんじゃないかなって僕も思っている。ただあまり眠れていない感じはする。睡眠って難しい。
 どこかいいところに就職先が決まればいいがご縁がないね。悲しい。なかなか思うようにはいかないけれど、まだあきらめないほうがいいかな。わからない。
スポンサーサイト



どうなるのか?

 採用の電話をもらったけれど、他に応募しているところがあるので、保留にしてもらっている。あまり気乗りしないけれど。もし、取り消しされたらそれでもいいと思った。なかなか求人ないね。人材バンクにもお願いして来週人材バンクの人と会うことになっている。直接会わなくてもメールで求人を送ってほしい。僕がどんな人か確認しておきたいのだろうか?
 知り合いが仕事を辞めて、失業者になった。ずっと続けられたらよかったのにって思ったけど決心はかたかった。後任が決まったのかどうかはわからない。僕もこの知り合いの紹介で受けたけど不採用だった。
 医歯薬出版の高次脳のポケットマニュアルが新しくなった。嚥下の方は3版も買ったけど、高次脳は中身がどれだけ変わったかによるね。ポケットっていうわりにはあまり分厚くなってほしくはないけれど。
 最近精神状態が不安定で、前の職場の人に電話を頻繁にかけている。迷惑かもしれないのでやめなければいけない。メールもするけど、電話で話すほうが気楽。金銭的にも悩みがあってやりたいことがあるんだけど、そこへお金を投資したら生活に支障が出るかもしれないと思うとお金を出せない。お金はやっぱり大事。

さて結果は?

 面接は試験と面接。僕はこの病院でSTとしてどうしていきたいかを書きなさいという定番の作文が出題されるかと思ったら、今まで受けたこともない試験内容で驚いた。これは何を試す試験なのだろうかと疑問に思った。面接した人はPTだった。話しを聞いているうちにやっていけるかどうかの不安が高まってしまった。面接の前にネットで評判などを調べていたんだけど、その投稿は数年前のものでこれが今でも続いてたら誰も病院に勤めたがらないんじゃないかって思う内容だったけど、今でも続いているようだった。まだ受けている病院があるので、面接したところに決めないといけないわけでもない。ただ、病院前の駐車場にいた警備員のおじさんが僕の顔を見て、いきなり○○さんですよね、今連絡しますからお待ちくださいと言われたときは驚いた。不思議な病院だった。できれば不思議じゃない病院で勤めたい。

緊張

 面接はいつも緊張するし、疲れがどっとでる。明日は面接。また退職理由を聞かれるだろう。毎回聞かれるたびに、正直に答えたいが、正直に答えすぎると落とされてしまうのかもしれない。僕のようにたくさんの病院勤務をしたSTは必要ありなのだろうか?僕自身もたくさんの病院で経験したけれど、リハビリ医がいて、主治医と連携して、リハビリ医として意見をしてくれる、リハビリ医はごく少数。嚥下のことはわかっても、失語や高次脳はよくわかっていない感じ。でも協力し合えばいい話。職場の人間関係もぎすぎすしている職場もあったけど、ぎすぎすし合うことではいい発想が生まれてこない。この発想をもとに、僕が働きやすい職場、売上の維持、スキルアップなど考えるとよほどSTに理解がある医師が存在する病院じゃないと実現できないのではないかと思った。まただめかもしれないけれど、もう生活苦は少しずつせまっているので受けるだけ受けるしかない。建帛社から高齢者の言語聴覚障害という本が出た。図書館にあったのでかりてきた。高齢者に特化した本は前からあればいいなぁと思っていた。まだ読んではいないけどテーマは悪くないので、様々な機能が落ちてくる高齢者にSTはどう対応すべきかのヒントは載っているかもしれない。ほとんどの患者さんが高齢化してきているのが現実だろう。ときどき若い患者さんもいるかもしれないけれど。小児はまた別。高齢者というカテゴリーのこのような本が出てきたのはいいことだと思う。
高齢者の言語聴覚障害―症例から学ぶ評価と支援のポイント高齢者の言語聴覚障害―症例から学ぶ評価と支援のポイント
(2015/02)
飯干 紀代子、吉畑 博代 他

商品詳細を見る

不安

 このままずっと仕事が決まらないのだろうか?他の仕事をしないといけないのだろうか?

いろいろ

 履歴書がなくなったので100円ショップを見ていたが、多くて7枚入りだった。他の100円ショップもみたが5枚入りが多かった。前に20枚入りっていうのがあったけどなかった。切手も買ったし、昨日新たに応募してみた。応募しても返事がこないところがあるからこわい。だんだん生活苦が近づいてきている。それまでに決まればいいけれど。

なかなか

 あいかわらず仕事は見つからない。募集してるところは僕が辞めたとこもある。なんとか春までには見つかるといいが。これから花粉の飛散がはじまり、もう抗アレルギー薬を飲み始めている。目は年中かゆい。

介護報酬

(5)介護保険施設等入所者の口腔・栄養管理(地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護を含む。)
① 経口維持加算の充実経口維持加算については、摂食・嚥下障害を有する入所者や食事摂取に関する認知機能の低下が著しい入所者の経口維持支援を充実させる観点から、多職種による食事の観察(ミールラウンド)や会議等の取組のプロセス及び咀嚼能力等の口腔機能を含む摂食・嚥下機能を踏まえた経口維持支援を充実させる。

※ 算定要件等
○ 経口維持加算(Ⅰ) (1月につき) 400単位については、現に経口により食事を摂取する者であって、摂食機
能障害や誤嚥を有する入所者に対して、医師又は歯科医師の指示に基づき、医師、歯科医師、管理栄養士、看護師、介護支援専門員その他の職種の者が共同して、食事の観察及び会議等を行い、入所者ごとに経口維持計画を作成している場合であって、医師又は歯科医師の指示(歯科医師が指示を行う場合にあっては、当該指示を受ける管理栄養士等が医師の指導を受けている場合に限る。)に基づき管理栄養士等が栄養管理を行った場合、1月につき算定。
○ 経口維持加算(Ⅱ) (1月につき) 100単位については、当該施設が協力歯科医療機関を定めている場合であり、経口維持加算(Ⅰ)において行う食事の観察及び会議等に、医師(人員基準に規定する医師を除く。)、歯科医師、歯科衛生士又は言語聴覚士が加わった場合、経口維持加算(Ⅰ)に加えて、1月につき算定。
○ 経口維持加算(Ⅰ)は、栄養マネジメント加算を算定していない場合は、算定しない。
経口維持加算(Ⅱ)は、経口維持加算(Ⅰ)を算定していない場合は、算定しない。

② 経口移行加算の充実
経口移行加算については、経管栄養により食事を摂取している入所者の摂食・嚥下機能を踏まえた経口移行支援を充実させる。
経口移行加算(1日につき) 28単位

※ 算定要件等(変更点のみ)
○ 経口移行計画に従い、医師の指示を受けた管理栄養士又は栄養士による栄養管理及
び言語聴覚士又は看護職員による支援が行われた場合、1日につき算定。
○ 栄養マネジメント加算を算定していない場合は算定しない
③ 加算内容に応じた名称の変更
口腔機能維持管理体制加算、口腔機能維持管理加算については、入所者の適切な口腔衛生管理の普及を推進するため、口腔衛生管理体制加算、口腔衛生管理加算に名称を変更する。
④ 療養食加算の見直し
療養食加算については、入所者の摂食・嚥下機能面の取組を充実させる観点から、経口移行加算又は経口維持加算の併算定を可能にするとともに、評価を見直す。
療養食加算(1日につき) 18単位
※ 算定要件等(変更点のみ)
○ 経口移行加算又は経口維持加算との併算定が可能。

 介護報酬は診療報酬よりもわかりにくいね。ミールラウンドって面白いね。集まってラウンドするのはいいけど時間的に大丈夫なのかなぁ。色々工夫をして報酬の算定を積み重ねていくしかないね。

ST室

 ST人数分のSTを確保してほしいね。嚥下中心だから部屋はいらないというのはやめてほしい。摂食機能療法よりも脳血管リハで算定したほうが、効率的だし。できるだけ早く脳血管リハの対象に嚥下障害を加えるべきだろう。摂食機能療法の項目は必要なのだろうか?STがいないところは看護師が算定すればいいが、この辺が難しい。嚥下といえばSTのみというわけでもなく、看護師や歯科衛生士も頑張っている。STを雇うならちゃんとST室を用意してもらわないと困る。基本的にST室がない病院は応募しないほうがいい。

2月になった

 ここ数日冷え込んでいる。あいかわらず就職先は決まらない。そんなに病院の求人ってないものだね。最近朝の3時に目が覚めることが多くなり、心療内科医に相談し、睡眠薬を変えてみようかという話になったが、僕のほうから増量はどうですかというといいですよというので増量したけどあまり効果がないみたい。1錠を2錠まで増やせるらしい。
 先の見通しが立たない不安ははかりしれない。もうSTとして働けないのか?STでもなんでもない人が教員はどうですかっていうけど、この精神状態でつとまるだろうか?確かに5年以上はあるけれど。まだ教員は非常勤でしか経験したことがない。教員をやっている知り合いの先生からは大変ですとは聞いているけど、学校を転々としながら続けている。
 どこか決まればいいけどね。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ