FC2ブログ

緊張

 面接はいつも緊張するし、疲れがどっとでる。明日は面接。また退職理由を聞かれるだろう。毎回聞かれるたびに、正直に答えたいが、正直に答えすぎると落とされてしまうのかもしれない。僕のようにたくさんの病院勤務をしたSTは必要ありなのだろうか?僕自身もたくさんの病院で経験したけれど、リハビリ医がいて、主治医と連携して、リハビリ医として意見をしてくれる、リハビリ医はごく少数。嚥下のことはわかっても、失語や高次脳はよくわかっていない感じ。でも協力し合えばいい話。職場の人間関係もぎすぎすしている職場もあったけど、ぎすぎすし合うことではいい発想が生まれてこない。この発想をもとに、僕が働きやすい職場、売上の維持、スキルアップなど考えるとよほどSTに理解がある医師が存在する病院じゃないと実現できないのではないかと思った。まただめかもしれないけれど、もう生活苦は少しずつせまっているので受けるだけ受けるしかない。建帛社から高齢者の言語聴覚障害という本が出た。図書館にあったのでかりてきた。高齢者に特化した本は前からあればいいなぁと思っていた。まだ読んではいないけどテーマは悪くないので、様々な機能が落ちてくる高齢者にSTはどう対応すべきかのヒントは載っているかもしれない。ほとんどの患者さんが高齢化してきているのが現実だろう。ときどき若い患者さんもいるかもしれないけれど。小児はまた別。高齢者というカテゴリーのこのような本が出てきたのはいいことだと思う。
高齢者の言語聴覚障害―症例から学ぶ評価と支援のポイント高齢者の言語聴覚障害―症例から学ぶ評価と支援のポイント
(2015/02)
飯干 紀代子、吉畑 博代 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ