FC2ブログ

面接のむずかしさ

 僕はたくさんの病院で勤務した。ある面接官はこんなに変わって続くかどうか心配ですねーという。大方そういう見方をするのだろう。でもごくまれに、こんなにいろんな病院で経験を積まれてきたのですねという評価を得ることもある。前者の見方をする人は視野が狭く、誇らしげに今の病院に不満がないかのようにふるまっているが、実際そうではなく、不安でいっぱい。本当は辞めてしまいたい、もしくは辞めてしまったリハビリの責任者も多々いた。好き勝手言うのは自由だけど、一応働きたくて面接しているのであって、僕を苦しめるような発言をされても正直困る。ただ、僕は見学をして、嚥下に協力的な医師や看護師がいる、そして理解し合えないだろうリハビリの責任者のどうやってやっていくかはとても苦労するところだろうという点が気にはなっていた。実際面接した人たちは別の病院に勤務しているので、僕が働く病院のことをあまり把握しているようには思えなかった。残念な結果が待っているかもしれない。面接した人は新卒でもいいと言っていた。だったら新卒でいいだろう。わざわざ求人票に経験者求むと書かなくてもSTは過剰で余っているのに、ST不在のまま放置しておくほうがどうかと思った。本当に雇う気はなさそう。ただ現場ではSTがきてくれたらありがたいようだ。コスト意識もまったくないわけではない。ただいくつかの病院で働いてみてどうしても売り上げがあがりにくいところもあった。なんでもかんでも点数を取れないだろう。不正だけはやりたくないので。今日の面接で不採用になってもしかたないと思った。僕の心のもやもやは働いて消えるわけでもなく、ただ医師や看護師と仕事をしたいという気持ちはあったが、視野の狭い、決めつけの人たちを相手にしているほど馬鹿らしいことはないだろう。ひとむかしの古い病院なので正直経営的にも心配なところはある。僕は面接する立場にはなったことがないけれど、誰もがそれなりの可能性を秘めているのであって、あらさがしばかりしてそれをつぶしてしまうのは正直もったいない。面接する時間も無駄っていう人もいるけれど、ちゃんと面接をしにきている人を見れる人はごくわずかとしか僕は思えない。人を見る力がものすごく欠けている。僕がこの病院で続かないとしても僕は自分の責任もあるかもしれないが、誰もが感じている嫌な部分を感じ、だからここのSTは辞めていくんだ、そして誰かがそんな嫌な部分を解決しようと動いたとしても、もみけされてしまうような病院だったのかもしれない。いっきに疲れてしまい、また変な病院かって思ってしまいそうになったけれど、やっぱり面接した人はいまいちだけど、現場の医師や看護師は僕にとって大切な仲間になりたいと思わせた病院だった。2、3日後に結果を伝えるとは言っていたけど僕はすぐ期待してしまう。昨日も不採用通知がきた。今のところ内定をもらっているところはあるにはあるけど、そこもいまいちの病院なので保留にしている。生活も大変だけど、少し慎重になりすぎたり、ひねくれたりしているかなぁ。気持ちよく働くことは不可能ではないとは思う。今回の面接は、面接官の資質を問われる面接だった。やっぱり人を評価するのは本当に難しい。僕はあえて縁があるかないかでしかないと思っている。絶対大丈夫っていって採用してもやっぱりやめる人はやめるし、その理由を改善しないかぎり、そこの病院は永遠にSTが根付かない病院になるだろう。それならSTを雇わないほうがいいんじゃないかと思う。たくさんのSTの被害者が出ている病院には近づかないほうがいいだろう。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ