FC2ブログ

採用へ

 面接したところから電話が来て、来てほしいとのことで、他にも採用が決まったところがあったが、病院見学をして、気になる医師がいて、この先生についていけたらいいなと正直思った。もしやめてもそれはそのときで仕方がない。早ければ4月からかと思うが、久々の仕事なので最初はかなり疲れるとは思う。辞めたくなったときどんなことを考えたらいいのだろう。就職活動は大変だった。僕が勤務したい病院には結局勤めることはできなかった。僕の理想の病院はSTとしては問題なく働ける病院のはず。スキルアップもできる。ただ今の病院ではスキルアップは厳しい。点数稼ぎのロボットでしかない上に、患者層がひどい場合や対象者がいない場合はSTを雇っても売上があがらない。その辺も含めて慎重になった結果、僕の就職先はなかなか決まらなかったけれど、今回の話を頂いて、できるだけ長く勤務できたらいいとは思う。僕自身年齢的にも若いとは言えなくなってきた。STは国家資格前から働いているSTと資格化になって働いているSTの格差が激しい。指導してくれる先輩STがいない中で業務を確立していったSTも少なくはないだろう。そんな問題をはらんだSTだけど、専門職としては、病院側にもっと勉強できる機会を与えて欲しいとは思う。点数稼ぎのロボットでは面白くはない。病院経営は年々大変になっているかのようにも思える。医療、福祉でバランスのとれた収益の確保。給与のありがたみもあるんだけど、やっぱり専門職として点数以外のことを考えることも必要なんじゃないかと思っている。売上られないからクビですということもあったけれど、そういう病院では長くは働けないし、今の診療報酬や介護報酬の中で給与を下げられ、生活苦に陥る職業としてSTも仲間入りしそうなので、介護職と同様待遇の改善を求めたい。リハビリの単価は安いのかもしれない。ただ、不正請求を多々行うと今後ますます規制が厳しくなり、最終的には包括。STの人口が増え、質の低いSTの供給過多。もうそんな未来が描けそうなのがこわい。これからこの仕事を選ぶ人は慎重に選んで欲しい。養成校だけが増えたが、指導できるSTはごくわずか。そこで幻滅されても困るので。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ