FC2ブログ

患者微増

 しばらく患者数が少なくてやってきたけど、ここ最近で増えてきた。ただ転院や退院もある。リハビリ内ではすっかりういてしまった存在になってしまったと思う。どこにいってもなかなかなじめない。
 階段で転び、ときどきつまずいたり、疲れがとれなかったり、年齢のせいか、よくわからないけどそういうことがある。
 いいことあるといいなぁ。
スポンサーサイト



いろいろ

 脳血管疾患がいても発症からある程度経過していたり、やっぱり僕の病院のリハビリは整形外科がメインだろう。廃用症候群っていう診断もあるけれど、あまりSTでみたことがない。
 職場で話せる人できたらいいね。今日は仕事帰りに心療内科に受診し、また風邪をひいたことと、働くことが嫌になっていること、朝行くのが苦痛。そんな話をしていた。

難しい

 高齢者、誤嚥性肺炎、認知症、喀出力、声量の低下これだけそろうと、嚥下の予後は悪い感じがする。うちの病院は何度も繰り返して入院してくる患者が多く、施設でもどうしようもないから病院に入院することになるんだろう。
 この段階で僕に依頼されて、ゼリー等で嚥下訓練するけど、ごほごほむせるは、はきだすは、なかなかうまくはいかない。ゼリー1個食べられたところで、必要な栄養が経口から取れるわけでもなく、僕にそれが良くなることを期待されても困っている。誰でも食べられるようになるわけではない。
 昨日言語聴覚研究が送られてきたけど、封筒じゃなくビニールの袋に入っていた。ちゃんと読まなきゃいけなんだけどあんまり読んでないなぁ。僕のようにベテランでも新人でもない中間の人って少ないんだけど、論文を書けるわけでもなく、学会発表はやらないし、やはり、論文を書けるぐらいにならないとだめとは思っている。でもこのままだと書けそうもない。

苦痛

 電車に乗れば体臭がきつい人がいて苦しくなり、帰りは電車内で叫ぶ人がいて、僕は苦しくなった。病院では働く意欲が出ず、ただ退職することばかり考えている。仕事をせずにただ家にいたい。
 もう人生をやり直すことはできない。この仕事でなんとかやってきた軌跡。今の病院がものすごく最悪でいやだ。なんでこんなひどい病院が存在するのか、日本の終わりかと思った。
 経営学の本を読んでたけど働くってただお金を得るだけじゃないみたいなことを書いてあった。
 職場でいろいろ話せる人が欲しい。辞めたいなぁって何度も思うたびストレスだけが増していく。

殺人未遂?

 土曜まで見ていた患者が今朝亡くなった。不自然な点がある。でもなぜかそれはうやむやにされてしまっているような気がする。怖い病院。一時的にかと思うが僕の患者が増えてきた。あちこちでゼリーを食べさせないといけなくなる。それも結構疲れる。上向きに改善する人はほとんどいないし、僕が介入してせっかく良くなった肺炎が悪くなっても困る。
 うちの病院のグループのリハの責任者正直どっか行ってほしい。イメージが悪くなる。
 リハの電子カルテの台数が少なくてやりにくい。ST室にも電子カルテがほしいが、予算的に厳しいかな。いつまでいるかわからないし、請求しようがない。どっかいいところが決まればいいけれど。
 こんなひどい医療法人に就職はお勧めできない。なかなか仕事をしやすい環境がある病院のほうが少ないのかなぁ。残念なことだけど。

やっぱり嫌

 うちの病院は認知症の患者も多く誤嚥性肺炎も多い。認知症の患者を高次脳機能障害に診断名を変更してもらえとか誤嚥性肺炎を摂食機能療法で算定。これはしたないかもしれないけど、認知症を高次脳機能障害にしてしまうのは抵抗があるのでやってない。リハビリの責任者がいろいろ言ってくるんだけどこういう人と仕事をしたくなくなっている。なんでもかんでも算定すればいいものじゃないと僕は思っているので。リハビリの責任者はずっと今の病院で働き続けるだろうし、僕はそんな人といつまでも働きたくないし、いいことないよ。

今日という日のため息

 僕の病院はあまり飲み会がなくて助かっている。今日は歓送迎会がリハの中であって、参加してみた。もっと話せばいいのだろうけどやっぱりみんなで集まって話すのは苦手。今日はやたら時間が長かった。行く前まで咳がとまらなくなったらどうしようとか思ってたけど風邪の症状はそんなにきつくはなかった。僕のようなSTは気難しいというか、理解に苦しむだろうけど、僕自身も今のストレスを抱えたまま最低限のことをやるしかないと思っている。結果的に退職になっても、縁がなかっただけなのかもしれない。これからどんなことが待ち受けているかはわからない。朝、自分のカルテをあけたらナースからメールがきていて、主治医がむせないポジショニングがあれば知りたいという内容だった。僕は、ポジショニング以前の問題として、覚醒レベルに問題があることを主張し、しっかりしていてもむせるようなら90度から徐々に角度をさげていけばいいと書き、そのかわり自力摂取ができなくなることにもなることも書いた。メールを返信して読んでくれてるのかなって思ったけど帰り間際その主治医に出くわし「メールありがとう」と言われた。あぁちゃんと読んでるんだって思った。小さな活動を積み上げて僕のやり方を理解してもらうしかないかもしれない。受け入れがたいこも多々あるだろうけど、患者のことも考えたり、ナースの業務の負担の軽減のことも考えたりしながらベストなコメントが返信できたらいいと思う。こんなことがいつまでもできる自信はないし、もうすぐやめてしまうかもしれないけど、それはそれでいい。
 正高先生のブルーバックスのコミュ障害の本を昨日買ったけどまだ読んでいない。

風邪

 2週目の風邪症状は1週目よりかはまし。今日は帰り間際ロッカーで医師に会い、患者が少ないと言われたので対象者がいればお願いしますと伝えておいた。この医師は効果がないリハビリを嫌う傾向があるというか僕もそういう傾向をもつこともあり、収益だけのことだけを考えるとなんでも出せばいいんだろうけど。
 病床を削減するなんておそろしいことを言っているけど、僕は在宅へシフトすることに抵抗感を感じる。やはり病院で最期を看取る方が効率的なような気もする。
 おそろしい長寿社会をむかえて、医療費を抑制しようという試みもわからなくはないが、やはり長期的に療養できる病院は必要かもしれない。ただ必要最低限の医療行為だけでいいと思う。
 どんなに怒られてもタフな療法士がいる。僕はそんな療法士にはなれない。いつまで勤められるかはわからないけど、また長くは続かない気がする。

やる気がでない、そして退職なのか

 毎度のことながらやる気がでないけど、嚥下の評価に行ったり、ぜりーを食べさせたりしている。脳血管で算定したいけれど、摂食機能療法ばっかりになるので、本来ならナースに算定してもらいたいところだけど、面倒な作業は誰もやりたがらないだろう。
 そんな中患者数が少ないことも指摘され、いつか指摘されるだろうとは思っていた。積極的には探そうとはしていなかった。依頼する医師もあまり変化のない患者をわざわざ紹介してこない。多少期待をこめて紹介があるけど、結局厳しい人が多い。そうやって説明してわかるリハの統括責任者ならいいんだけど、わかる人ではないだろうね。やくざみたい。こわい。リハビリの上がこんなのだからこの病院も終わりかと思った。人格者というかあぁこんな人が責任者だったら心強いっていう人になってもらいたい。売上のことばかりいってくるリハビリスタッフにはろくな人がいない。そして僕は、反抗するわけでもなく、努力不足で体調不良で退職の方向になるのかもしれない。面白く仕事したいね。悪い仕事ではないから。少しずつ医師や看護師からもSTさんと遠くから呼ばれたり、電話がかかってきたり、色々きいてくる。ただ本来の脳血管疾患後の嚥下障害ならいいんだけど、消化器系の疾患とか認知症の患者のことをきかれてもよくなりそうもないし、きびしいとしかいいようがない。そんなに頑張ってはいないけど、もうすぐこの職場を去る日も遠くはないのかもしれない。
 仕事帰りに内科に寄った。先週からちょうど1週間が経過し、よくなってたら行かなかったけどまだ具合が悪い。病院にいると免疫力が下がるからか毎月調子が悪い。内科の医者はあまり薬を飲み続けるのもねーっていうけど、飲まないと苦しいし、もうすぐ治ることを信じたい。自分のこれからの暮らしがいつもわからない。でもそんな人生をずっと歩んできたね。
 ST協会の会報見てたけどもうすぐST3万人になるね。あっという間に増えていく。そして辻先生のガンリハの連載がスタートした。この先生しか頑張っている人いないのかな。ガンリハは興味があるけど全くよくわからない。
 品のあるスタッフと仕事がしたい。尊敬したい。売上も大事だろうけど、もっとほかに大事なことがたくさんあるはずだろう。

なぜ把握していないのか?

 いくつかの病棟があって、病棟の看護師に聞いても患者のことがよくわかっていない。また情報を共有できていない。ここまでひどい病院は今までなかったかも?それだけ看護師の業務が忙しいからなのだろうか。医師はおじいさんばっかりだし、若い医師を雇う考えはなく、法人内で僕の病院をつぶすんじゃないかって僕は思っている。
 昨日も今日も新患の嚥下評価がたてつづけにあって疲れた。あまり改善の見込みのある人がいないのが特徴。なんで僕が雇われているのかが不思議。やっぱり失語や構音障害もみたい。昼だけに業務が集中するので、嚥下は疲れる。
 みんなと仲良くはできないけれど、誰か職場のことで話せる人が欲しい。

暑い

 あいかわらずのどの痛みが続く。今困っていることはNSTのことがよくわからないこと。なんかわかりやすい本があればいいんだけど。地元の本屋じゃあまりいいのがなかった。
 仕事は不思議だけど続いている。もう辞めてもおかしくないんだけど。ⅹは海外に行き、たまに風景の写真を送ってくる。きれいな海だった。やる気も元気もない。風邪ばかりひいている。
 算定の日数を越えたリハビリは13単位。これで何が変わるというのだろう。患者の家族の期待はある。でも期待通りにはならない。僕の家族が病気になったらどう思うだろう。
 辞めてもすることはない。現実は厳しい。やっぱりお先真っ暗になってしまう。

のどが痛い

 昨日仕事が入りに内科に行って、薬を処方してもらって飲んでるけど、今日は昨日以上にのどが痛い。そして熱はそんなに高くないのにあつい。仕事を始めて体調がいい日の方が少ない。
 今日は委員会と患者家族の面談が重なり、面談を優先した。医師は食べられることを期待していたようだが、水頭症による認知機能の低下が著しく、改善は厳しいと思った。 
 今日はやたらいろんなスタッフから声がかかり、こんな日もあるんだなって思った。この病院にSTは必要なのだろうかって思うけれど。
 以前から書いているけど嚥下リハ学会の認定士が思った以上に評価されていない。とっても無駄な資格かもしれない。嚥下に対する意識が低いのか、せっかく金をかけてとったわりには評価されていない。嚥下リハ学会の内容も頭打ちというか、興味をそそるものを感じなくはなっている。学会に所属する意味、経済的な問題、あんまり関心がないという人が増えているような気もする。

サプリ

 日ごとに高まる退職願望。今日はやけにのどが痛くて、仕事帰りに内科に行った。またお金がなくなってしまった。毎月風邪をひいいている。どれだけのストレスを受けているかわからないけれど、もう働く気力も起こらないし、話す人もいないし、疲れてきた。

セオリー

 損傷部位にもよるが、だいたい予後の見通しがいまいちな患者はいる。そして患者や家族の希望もそれぞれ違う。僕はやたらやる気がでなくなってしまい、自分でも正直どうしていいかわからない。退職したほうがいいのかもわからない。
 ご飯を食べられるようになった患者が喜んでくれる。その笑顔を見ていたら僕は特に何もしていないけど、段階的に食事をあげていって特にトラブルがなくうまくいったのでよかったと思う。紹介状には高度嚥下障害って書いてあったので僕はもうこの患者は食べられないのかと思っていたが、のどを見ていると嚥下障害になるような感じはなく、えっこれがっていうのが正直あった。個々に書くことはできないが、その原因によって嚥下障害が引き起こされた可能性はなくもなさそうだ。
 医師や看護師は何もしない。そして僕も何もしたくない。それでも生き延びていく患者はいるし、なんでもかんでもリハビリをすればいいと言う問題でもない。やっぱり僕のやり方にケチをつけられたりすると気分を害するし、また僕の理解者も正直欲しい。1人職場は気楽だけど、ときどき話し相手もほしくはなる。
 相変わらずまた微熱が続いている。何が原因かはわからないけど、解熱剤を飲んでいる。
 僕が3月に就職をお断りした病院に僕の友達がたまたま就職して、今月で解雇になるそうだ。僕はまだ解雇になっていない。不思議だ。友達がかわいそうでならない。大した病院じゃないだけに辛かったとは思う。

おそい

 早く帰られると思ったら会議。みんな知っていたのだろうか。僕は知らなかったけど。みんな残業慣れしているのか体力がよくもつなって思った。僕はもう熱もあるし、体調がいまいちで早く帰りたかった。帰りに寄った飲食店、売り切れメニュー続出でもう入るのやめようかと思ったけど、僕が食べておいしかったメニューはあったので食べてきた。
 僕は病院に邪魔をしにきただけなのだろうか?STは必要なのだろうか?

疲労

 うちの病院でやりがいを感じている職員はゼロじゃないかともうぐらい潰れかけている病院なのだ。でも以前の病院が元気がありすぎてこわいぐらいだった。NSTをやっても肝心な医師はこないし、本格的に稼働しているような感じが伝わってこない。でもそれぞれのスタッフが持ち場を離れてきているわりには、内容が薄く、点数といっても少ないと思うので本当に必要なのか考えたほうがいいと思う。どうせ死ぬ人は死ぬ。そんな感じが伝わってきた。リハビリなんてはっきりっていらないのかもしれないし、邪魔をしているだけかもしれない。もう少し僕に症状がよくなってくれる患者がいればいいけれど。なかなか厳しいね。
 うちの外科医嫌われているけど、嫌われても図太くいるね。僕はそんなに図太くいられないから。つねに冷静に、相手に不快を与えない存在でいたい。

早く出して

 僕の病院は、僕からナースにこの食事をって言ってもすぐオーダーしてくれない。だいたい朝に嚥下評価をして昼に間に合えばと思うが、昼前にオーダーしたりするので困っている。主治医の確認が必要っていうのがやっかいで、その主治医が忙しいと食事が出ないのだ。今日は外科医から電話が来て、僕が覚醒状態がいまいちでチェックを見合わせている患者がいて、せかすように何か食べられないかと聞いてきたのでまたチェックにいって、今日の覚醒状態はまずまずだったので、軽めの食事をだしてもらった。これにどれだけ時間がかかったことか。もうこんな病院で仕事をしたくないって思ってしまった。ますますストレスが強まるばかりだし、体に悪い。辞めてどうするかは決めてないけど、そんなに長くはもたないだおろう。STがこの食事でってすぐ出してくれたらいちばんいいけどね。他の病院でもオーダーは色々ですぐ出してくれるところもあれば、時間が過ぎると翌日になることもあった。ただ今日の外科の患者は摂食機能の対象でもないし、サービス評価になってしまう。サービス評価ばかり増えて、収益が上がらない問題もある。とにかく問題のある病院なのだ。

あつい

 体があつい。でも熱はない。何が原因でこうなっているかはわからない。今看護学生が来ていて、前の病院では看護学生が全く来なかったから久しぶりだ。担当患者のために一生懸命になっている。たまたま僕も担当してる嚥下の患者。気難しい患者だけに担当するのが大変かなって思った。うちの看護師はちゃんと指導できるのだろうか。
 病院機能評価って必要なのだろうか。僕の病院は医師の高齢化、ナースのマンパワー不足、経営状態の悪化、どれをとってもお先真っ暗病院。完全につぶれてしまってもおかしくない病院だ。とんでもないところに勤めてしまったなぁ。なんかついてない。

いまいち

 仕事が充実せず、ストレスだけが高まっていく。以前のように普通に脳血管のリハの指示がでてやりたいし、摂食機能療法はナースにやってもらいたい。どんどん崩れていっている。だんだん思いつめてしまっている。
 摂食機能療法に関しては脳血管疾患や神経疾患にほぼ限定しているのに、それ以外の病名でくるのはいいけど返戻のケースもあるだろう。やはり今の病院はどこかがおかしい。とても根深いものを感じる。
 セブンイレブンにはお金を払いにいくぐらいしか行かないけど、おにぎり100円セールとサンドイッチの味が変わったということで2つ買ってみたけど、サンドイッチそんなにおいしくなかった。
 いずれ退職するにせよ次の職場はすぐ見つかるかわからないし、また体調が悪くなりそうだ。

疲労

 やっぱり疲れる。某社の滋養強壮剤を飲み始めて効果が出てるのかよくわからないけど、引き続き飲んでみようと思い買ってみた。医師からはイソジンを勧められて最近イソジンでうがいをしている。イソジンってよくないっていう説もあるし、のどがあれているときはアズレンがいいんだろうけどね。
 医師からイソジンぐらいだすよって言われたけど、毎回もらうのもなんか遠慮してしまう。抗生物質は欲しいけど。
 うちのリハビリスタッフは僕のように転々と病院をしている人はいないようで、今の病院でしか勤務したことがないようだ。それはそれでいいのだろう。僕のように転々としすぎているのもどうかと思うし。でも今の病院では看護師が食事介助をしないので困っている。嚥下食の段階をあげたくてもあげられいのだ。今までの病院ならナースサイドから食事あげれないのってきいてきたのに全くそんなのがない。患者なんてどうにでもなればいいとおもっているのかもしれない。ある意味おそろしい病院だ。そんな病院で働いていても僕自身が疲れてくるだけ。次の職場がうまく見つかるといいけどね。
 最近買った失語症等のコミュニケーション障害の本を読むとわからないことが多く、失語患者自体しばらくみていないし、嚥下ばっかりでなんだかSTなのに失語もみれないなんて恥ずかしい。今すぐにでも辞めたいけれど、別に誰かに責められたわけでもなく、まだいてもいいのか、よくわからないが、頑張らないように身を守りたい。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ