FC2ブログ

食事介助の限界

 食事介助は結構大変な業務だと思っている。今認知症の嚥下障害の患者が増えて、食事形態を考えるけど、案外普通食に近い物が食べられたり、患者によりさまざまなので内容を考えるのがとても難しい。
 うまくいかず結局亡くなってしまう方もいる。入院する前にいた施設の食事介助の状況は人で不足でほったらかしにされていると家族から聞いた。それでも家でみれないとなるとあずけなくてはいけないだろう。
 食事介助ができるスタッフの充実って難しいだろうか、また栄養士の知識のなさにだんだん腹立たしくもなってきているんだけど、変わるわけないし、僕自身が思いつめないように気をつけたい。毎日いらいらのしっぱなし。うまいくいかないものだね。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ