FC2ブログ

仕事納め

 あぁなんとか今日まで働くことができた。いつも不安だけど一緒に仕事をする医師が話しやすい人でよかった。ナースは一部話すだけ。僕のイメージはやっぱりまじめなんだろうね。それしかいいようがないけど。
 今年の4月から今の病院に勤務し始めて、なかなか患者がいなくて、増えても微増。あまり売り上げには貢献できていない。高齢で重症度の高い患者しか入院してこないけど、今の病院で勉強になったのは気管カニューレのこと。僕はあまり詳しくは知らなかった。STが抜去したほうがいいですよなんていうのも変だしなぁと思いつつ、何例かは抜去して経口摂取できる例があったので経過をみていくうえでは勉強になったと思う。
 リハビリスタッフとは仲良しではないけど、経験の浅い人たちが多いので、これも仕方がないのかなって思いつつ、ときどき仕事以外の子とも話す人もいる。ただ前の病院みたいに一緒に食事に行ける人はいない。
 病院自体が医師不足で大変な状態なんだけど、いったいいつ増えるやら。
 最近、経鼻栄養も本当にしないといけないのかって疑問に思うこともしばしばある。やはり人工的なもので長生きしつづけるのは正しいことなのか。こういう患者さんが増えて受け皿がないっていうのは、すべて在宅に返せるわけでもなく、やはり在宅ではみられない患者もいる。医療と介護のはざまにいる人たちをどこが受け入れるのか。介護療養型医療施設の廃止は納得がいかないところもある。急性期、回復期、在宅だけではみれない患者がどんどんあぶれてきてしまう。
 今年は講演をやったことが一番思い出になった。もうすることはないかなぁ。院内の勉強会ではするかもしれない。
 まだまだ嚥下に対する意識が低い人もいるので、少しずつ意識をもってもらえたらいいと思う。
 いつまで続くかはわからない。それでもなんとかやっていけたらいいのかなぁ。
 もう少しやりがいのある患者が増えますように。
 リハビリ部門なんだけど、やっぱりどこの病院も責任者がぱっとしなくて、いまいち。PT,OTとSTはやっぱり違う。なぜか一緒のくくりにされてしまっているけれど。僕はSTはリハビリ科所属にしないほうがいいと思っている。
 この人なら安心だっていうリハビリの責任者がでてきてほしい。人間的に魅力がないとね。たぶん欠落している人がほとんどだろうし、自分で気づいているのかわからないし、謙虚であってほしいし、病院全体のことも考えられる責任者の誕生を心待ちしている。そういう人材はなかなか現れないね。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ