FC2ブログ

クリニカルリハ

 クリニカルリハの最新号は高齢者の嚥下の特集。本屋で立ち読みをしていた。あと協同医書で最近でた嚥下関連の本がよさそうって思った。
 土曜勤務がなくなればどれだけ楽か。やっぱり週休2日制がいいね。そんな病院のほうが少ないのかもしれない。
 リハの学生に大きな期待はできないけれど、僕の方針としては、できがわるくても卒業だけはしてほしいので、合格を与える。それでいいと思う。実際に働いてみて学んでいけばいいことだし。学生のあいだで適性を決めるのはとても難しい。バイザーとしてはかなり甘目でもよさそう。以前は厳しいところもあったけど、今後学生の教育に対してもバイザーは対応をいろいろ考えないといけないだろう。
 
スポンサーサイト



殺人

 朝から、障害者施設で殺人が起きたという報道を見て、死傷者の数に驚いた。彼は障害者には安楽死をという思いをもっていた。殺さなければいけなかったのだろうか。安楽死のことを訴えるだけでよかったのではないかと思う。障害者のことをどう捉えていたのか、施設で働いて、色々思うことがあり、だんだん腹立たしくなったかもしれない。他の施設職員は殺害すら思いつかないだろう。障害者や高齢者がターゲットにされる事件は増えるかもしれない。
 今日嚥下内視鏡検査をした人だけど痰の貯留がひどく、水分とゼリーが痰と一緒にずるずると気管にはいってしまった。こういうケースの誤嚥って痰が少なくなればよくなるだろうか?前にも似た例があったけどよくはなった。抗生剤を何度か投与しているが、今回どのぐらいでこの痰の量が減っていくのかが気になるところ。痰の量でVFではわからないよね。やっぱりVEのほうがいいかもしれない。

余計なことをしたり、後悔したり、さみしくなったり

 たまたまあるところにしこりがあって、なんだろうって思って、後日主治医に言ってみて、悪性か良性かを調べるらしい。僕が見つけたのが気に入らなかったのか、見つけてすぐ言わなかったことに気分を害しているのか・・・。食欲不振があって、今日は嘔吐した。それでも食べなければいけないとは思ってはいない。うちの病院にまともな医者はいないのか?このままつぶれていくというのも悪くはない。以前の知り合いが勤務していた病院はつぶれて、院長が最後の日に泣きながらスピーチをしたという。医師の撤退により、今年度の赤字は膨らむ。さんざんリストラしたけれど、次は僕の番かと思っている。あぁまた退職するのかって。次見つかるかなぁって。言語聴覚士は必要ない。嚥下は看護師で十分対応できる。やりがいのない仕事だなって思う時もたまにある。

新製品

 口腔保湿剤でかなりのシェアをしめてきたリフレケアのスプレータイプの保湿剤をもってきてくれた。計○本。さっそく病棟に持って行った。スプレータイプだけどわりと粘性は高い。実際患者の家族にチューブタイプを使って下さいって言ってきたけどまさか素手で塗るのは抵抗あるだろうし、本当に使っているかもよくわからない。スプレーなら家族は使いやすいかもしれない。誤嚥のリスクは全くないわけではないが、これからいろいろ試してみてどうかだね。
 今日は仕事帰りに栄養に関連する勉強会に参加してみたけど、やっぱり僕には栄養のことはいまいちよくわからない。面白味を感じないと言うか、難しすぎる。
 来月も栄養に関連する勉強会に参加する。ちょっと勉強会の方は休憩してもいいかもしれない。

覚醒

 食事中に口の中にためこんでなかなか飲み込めないケースを担当しているけど、明らかに覚醒は悪い。施設にかえる準備をしているわけだけど、このままじゃ食べられない。なんで覚醒が悪いのか?その辺が高齢者は難しい。こういうケースについてカンファレンスをしてどうなるのかって思うんだけど、こういう患者が今は多い。送りこみが悪ければ、リクライニング位で食べてもらったほうがいいかもしれないがそれでも寝ている場合は食べられない。医師の指示のもとにっていうけど医師はよくわからないし、医師の指示をなくして動けたらもっとこの仕事は楽だったかも。

食事形態

 例えばペースト食と言っても病院や施設によっては粘度がちがうことはしょっちゅうある。今の病院でソフト食で訓練していて次の施設にそれがない場合それに近いものでやってもらったらいいと思う。食事も違うし、食べさせる人も違うし、はっきりいって統一は難しい。そんなことに固執してもしかたがない。水分が摂れないならそれはそれでもう寿命としかいいようがないと思う。誤嚥するってわかっているのにとりあえず施設にかえられなければいけない現実。なかなか難しいね。
 今日は仕事帰りに心療内科に行った。なんかふらふらした女性がいて大丈夫かって思ったけど。変わった人多い。

居酒屋は嫌い

 ふだん居酒屋を利用することがないので、居酒屋メニューっていうのがあんまり好きじゃない。料理がいいと値段も高くなる。リハビリ部門の歓送迎会はかなりの人数だった。無理をしなくてもよかったのにって思いつつも、これだけは参加したほうがいいかと思ったけど別に参加しなくてもよかったかもしれない。
 みんな経験年数が若くて、ちゃんと将来のことを考えているのかはわからないけど、てっとりばやく他の病院に転職して自分を鍛えたほうが僕はいいと思っている。ひとつの法人にとどまると面白くない。
 この先不安な学生と話をした。人の役にたちたいといいつつも話が苦手だという。まだ若い。学生の教育はとても難しい。僕はいつまで今の病院にいられるだろうか?なんとか1年は続いたけど。知的な人とであって刺激を受けたい。そういう人が今の職場には少ないかな。医者と話すときがいちばん楽しい。過去、リハスタッフでもすごいなって思える人は数名いた。売上のことばかり言われて、点数算定ロボット化してしまってからは、質が落ちてしまった。いまだにリハなんて必要ないっていう考え方もなくはない。この仕事で定年をむかえるのだろうか?他にしたい仕事がなくもないんだけど給与が安すぎる。今までいろんな人に注意されたり、怒鳴られたり、嫌な思いを何度かした。ストレスが悪化して、今はまた熱が出たり出なかったり。面白くないのでさらに憂鬱になっている。どっか行きたいなぁと思っても行く元気が起こらない。嫌なことばかりは続かないだろう。僕のリハビリはたいしたことないけど、たいしたことを成し遂げられる人物にはなってみたい。大学院にも進学してみたい。

NST

 僕は栄養療法のことについてはくわしくない。仕方なくNSTのメンバーとして参加しているけど、STは参加しても点数になることはない。今の病院のNSTはまとまりがなく、ばらばら。時間の無駄かもしれない。だんだん憂鬱になってきている。
 嚥下食もいまいちだし、栄養士はやる気なし。STとしてはやりにくい。そんなストレスからかまた熱が出たり出なかったりでだるい。

資格

 言語聴覚士の資格があるとこの資格は取りやすいとかあればいいけど、知っている限りではあまりない。医療や福祉ではない分野を勉強してもいいが、これといって何かいいのがない。まだ探しきれていないだけなのかもしれない。

またストレス

 どうみても食べられそうにない患者なのに、主治医は食べられるかどうか僕に聞くように看護師に言ったのかと思うが、厳しいことを伝えた。主治医はりはびりやってるのになんできびしいのって言ったらしいけど。もう少し頭のいい医師と仕事がしたい。直接僕に状況をきいてきてもいいと思うが。直接電話で聞いてくる医師もいる。
 今日は石飛先生が書いた新しい本で「平穏死」を受け入れるレッスンというのを読んだ。今は病院で亡くなるというのは珍しいことではないが、老人に過剰な医療は必要なのかという内容に思えた。僕も石飛先生と全く同じと言えるかわからないけどなんとなく共感できる。石飛先生が平穏死のすすめという本を出した頃、僕は人工栄養の意思決定プロセスについて勉強をしていた。僕の最期は何もせずに自然に逝きたいけどね。今すぐにでもいいけれど。やりがいも生きがいもない。

プロッカ

 ここ数日サンプルでもらったニュートリーのプロッカを食べている。ゆずはおいしかった。いちごはいまいち。コーヒーはまずまず。このゼリーは飲み込みやすい。
 暑さのせいで体がだるい。もう仕事辞めたいなぁとか思う時もある。ⅩはSTを辞めて深夜の仕事をしている。STに固執することはないけれど。あぁまた講演などの機会があれば引き受けていきたい。

暑さとだるさ

 もうすでに夏の暑さを感じている。患者層はだんだん悪くなって会話すら成立しない患者ばっかり。昨日の介護殺人じゃないけど、超高齢社会の歪みが介護殺人を起こしてしまうきっかけになるのかなって思った。認知症がひどくなり、周辺症状が出てくると、介護者もストレスがつのる。その辺のコントロールは認知症の知識の不足もあるのかもしれない。介護殺人がどんどん増えないように、僕は殺人は許しがたいことだと思うけど、介護殺人となると、単に社会的資源の活用をうまくできなかっただけだとは思えない。長年連れ添った夫婦だからこそ楽にしてやりたい、楽になりたいと思ったのかもしれない。そこまでおいこんだのは社会の責任もあるとは思う。

選挙

 通勤途中に選挙活動している人たちにびらを渡されるけど受け取らないときと受け取るときがある。東京都知事があんな辞め方をして、自民党はやたら憲法を変えたがろうとする。僕は改憲には賛成できない。ただ、民進党は名前だけでなんか統率感がないような気もするし、どこの党に投票するか迷うところ。
 グループ間での異動があり、今日から新しいスタッフを迎えいれてのスタートをきった。経験者なので、即戦力にはなってくれるだろう。ただ、ワークライフバランスのこともあってか、育児との両立は大変なんだろうね。もしかしたら辞めたいって思っているかもしれないし。仕事をしていると子育てが難しい女性もいるだろうけど、365日もリハビリしているとリハ従事者の出生率が減りそう。単位ばかりに偏重してしまう今のリハビリだと結局診療報酬が引き下げられるだけだし、18単位やり続けていると、厚労省は今後もますますしめつけにかかることは目に見えている。
 新しいメンバーといい仕事ができればいいと思う。リハスタッフが経験をそこそこ積むとなんらかの壁にはぶちあたるとは思う。その壁を乗り越えたれたらプロ。乗り越えられない人は単なるきどりや。それが現実かなって思った。本物と偽物の区別は容易につくだろう。ただもっといいところをのばしていくべきだろうと思う。
 先日の研修会で僕が講義をしたけど、アンケートの結果、よかったという回答ばかりでよかった。今後も人前で話す機会があれば話していきたい。もう少し大きな規模でやってみたい。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ