FC2ブログ

おなか痛い

 ついつい食べ過ぎてしまうとくだしてしまう。急激に寒くなり体がついていけない。風邪をひく職員もいる。あと2か月で今年も終わりと言われてもまだ2か月もあると思ってしまう。あいかわらず高齢患者が多い。ゼリー1個すら食べるのが大変。嚥下食ピラミッドのレベル0でゼリー出しているけど、ナースから離水してむせてると言われてしまい、栄養士に相談。うちはふつうのゼリー使っているからね。なんかいいゼリーがあればいいけれど。
 
スポンサーサイト



伝える難しさ

 地域のヘルパーさんやナースを集めて、講演するんだけど、毎回アンケートを提出してもらって、感想などを見ていると書いている内容がひどすぎてショックが大きい。僕が話したときはそうでもなかったけれど、今回はひどかった。こんなの見たらもう2度と人前で話すのがこわくなる。どうしたら人前でうまく話せるか、うまく伝わるか、いろいろ難しいね。

やりづらい

 職場内のコミュニケーションは大事だと思う。でもコミュニケーション能力が低いのが集まってる職場ってやりづらいね。患者よりもスタッフのほうが病気かって思う時もある。
 療養病棟ってあまり改善の見込みがない人たちが入院しているんだけど、たまに若い人もいて、ただ回復期のように集中してリハビリをできる環境でもなく、休みもあるし、家族が毎日やってくれるものだと思い込んでたり、説明不足の面もある。どこまでよくなるかはわからないし、若くてもこの先どうなるかはわからない。いろいろ考えさせられる患者だけどね。PTが結構熱心に取り組んでくれているけれど、病棟サイドは忙しくて協力はきびしい。家族もなんか変わっててきびしい。そういうの全部ひっくるめてこの患者にだけ集中的にリハビリを行ったり、特別扱いするのもどうかと思う。よくなったら、さらによくなるのではと思わせてしまうのもほどほどにしないといけない。回復期とは違う。その辺のスタッフの理解が乏しいというか、やたら僕を困らせるようなスタッフだとやりにくい。だから退職を考えないといけないかと思い始めている。どこに行っても勤まらないんだなってつくづく思う。

ストレスアップ

 嚥下の患者が多い。カルテの記載ミスもある。いらいらもある。それでもなんとかていねいにこなしていくことを心掛けている。今年度で退職になってもいいかもしれない。次の職場を探すのは大変だけど。
 今朝、安楽死希望の記事を見て、いつかは日本もこんな時代がくるのかなぁと。医師が積極的な治療をしなくても罪に問われないこと。死ぬ間際まで過剰な医療行為が必要なのか?そしてリハビリも。医療には無駄が多すぎるような気もする。
 経験者が少ないリハビリだけど、つらくてもつらいと言えないのかなぁ。なんか体調を崩している人もいて。リハの一部が働きにくい環境にいるのは確か。すべては売り上げのため。現実はきびしい。
 

患者が多い

 高齢の患者が多く、摂取量が少なくなってきたリ、食べられなかったりでなかなか厳しい状況が続いている。昼の食事をまわるのが大変。失語の患者は介護保険の認定がおりなかったらしく、意見書を再提出するようだけど、麻痺はあるかないかだし、でも進行性の癌があって、その辺のところをどう伝えていたのかはよくわからない。認定にあたって調査する人も失語症のことはわからなかったとしか思えない。この職場にいても得るものがないというか、それなりにスキルアップになっているのかはわからないけれど、そんなに上をのぞんでも今与えられたところでなんとかしなければいけないってことだろう。おかれた場所で咲きなさいっていう本があったけど、咲けなくても何かの役にたてたらそれでいいのかもしれない。僕は仕事を辞めたがるけれど、先のことは考えていない。今年度でおしまいっていうこともある。リハビリ業界はつまらない。とくにSTは面白いのがいない。待遇面の悪化、ストレスの悪化、いいことない。

失語がいた

 担当のPTからことばがおかしい人がいると聞いていてみにいってみた。そしたら確かにおかしかった。まずは呼称をさせると喚語困難や錯語が出た。あぁ久しぶりだなぁって思った。ただもう末期のがんなんだよね。余命1か月で言葉のストレス感じながらっていやだね。僕がよき話し相手になれればいいけれどそれどころじゃないかもしれない。主治医はNSTのことも中心にやってる人だけど、僕のことを嫌に思っているのか、何も言ってこない。失語がほったらかしにされてしまったことが僕には悲しかった。でも余命のことを考えると何を優先にすべきかは、患者さんが決めることなのかもしれない。僕がこの医師に嫌な感じをもったのは高圧的なところとピッチで電話したら急ぎかとかいうので、僕はそのことに腹が立ち、急ぎです、食事のことで相談ですという問い合わせをした。結果的に僕が決めていいっていうことに至ったけど。もう少しましな医師がいないかものかと・・・。あと言語障害の障害認定の意見書なんだけど、これまた別の医師が運動性失語って書いてしまい、失語じゃないのにって思いつつ、嫌な感じ。医師が勝手なことをするからSTにとっては面白くない。
 今日は自分の病院で受診して葛根湯を処方してもらった。
 今年度でもう退職かなぁ。なんか疲れてきた。

疲労

 NSTには参加しているけど、僕は嚥下についてのべるだけ。今年はもう嚥下について話す講演はないのかって思った。また講演したいけどなかなか声がかからない。
 よくナースがおかゆ作るのへただって言っている。栄養士は食事を食べているところを見に来ないのも問題。もっと嚥下食に興味をもってくれる栄養士と仕事がしたい。嚥下訓練は嚥下食がキーポイントだと思う。
 高齢患者が増え、食事介助が必要な人が増えた。いつまで生き続けるのだろう。

やりすぎの医療

 今の医療はやりすぎだと思う。感染対策にしてもどんどん耐性菌が増えてきている。結局薬が効かなくなってしまう。リハビリも期限をこえてするっていうことは、今のところ改善の見込み、結果をしめさなくてはいけないんだけどいっそ包括にしたほうがいいような気もする。人員配置で点数を決めたらいいのかもしれない。PTしかいなければ低くなるとか。
 今年の春に祖母が脳梗塞になり、この連休にお見舞いにいった。遠いので飛行機で行ったけど、ショックだったね。右半球のMCA領域の損傷って医師が患者向けに渡す説明書に書いてあった。あと失語って書いてたけど基本的に右半球で出にくいはずなんで、僕の見立てでは注意障害がきついね。注意障害ってよくなるものでもないし、麻痺はあるし、家ではみれないということで病院で入院している。食べられそうだけどSTはいなさそうだし、看護師や看護助手たちがプリン試してむせたみたいだし、でも経鼻の管がやたら太いので飲み込みにくいんじゃないかと思った。僕のほうから口出ししてもしょうがないし、病院のやり方もあるからね。
 祖母をみていると、かわいそうで自由にもなれないし、経鼻でずっと生きていても面白くもないし、もう死んでもいいんじゃないかって思ったけどね。患者より祖母をみているほうがつらい。

疲労

 先月から目のかゆみが続き、我慢できないのでステロイド点眼。連休後の仕事はいまいちはかどっていない。新患も増えた。どうしてもSTがかかわる必要があるっていう人は少ない。特に嚥下はナースにも協力してもらわないといけない。
 今日は養成校の話をしていた。PT学科しかない大学や専門学校もあることを。知らない人はPT,OT,STが必ずそろっていると思う人もいる。決してはそうではない。最近この3つの学科を設置するところも増えてはきている。
 

栄養指導

 嚥下食の栄養指導が今年から算定できるようになり、栄養士と一緒に栄養指導を行った。ただまだ2回目なんでどう説明したらわかりやすいかっていうのを考えないといけない。栄養士は病院で出している食事の通りほぼ伝えようとするが、僕は、食べられそうなら試してみてだめならやめるという感じ。あれもこれも禁止するのもどうかと思い、よく食べにくい食品とかリストであるのでそういうのを知らせて、あとは水分にとろみをつけるかどうか、ドレッシングやマヨネーズであえる、野菜は炊くなど調理の工夫を伝える。水分摂取は最低1000CCを促すように言ったりかなぁ。脱水する人多いから。
 栄養士が経験が浅い人なので、なんかいい方法ができたらいいなと思い、マニュアルのようなものを作ろうか、指導用のシートを作ろうか考えてみようかと思う。カルテにどう書いたらいいかわからないというので具体例の文章も考える。
 今週はなんか忙しかった。今日は突然の嚥下評価が3回入ったし、電話はよくなるし、忙しいね。
 3連休も忙しい。

STの知り合いが少なすぎる

 友達のXがSTを辞めて以来、ほかの同級生で親しくしているSTもおらず、STの話ができない。これからSTの友達ができるかというとできそうにないし、同じ経験ぐらいの人が極端に少ない。
 NSTに必要な知識を得ようとしているが、やっぱり入ってこない。それでも医師は点滴を選んで、薬剤を選んでいれている。
 医歯薬出版から出た嚥下の栄養指導だったか新刊を注文した。同じ時にでた嚥下リハ第3版は買おうかと思ったけど保留。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ