FC2ブログ

また退職者がでた

 うちの病院は毎年退職者が出るんだなって思った。新卒ばっかりになってしまう恐怖を感じている。僕自身も毎日単位数を気にして、患者は減ってるし、もう嫌になってきている。春までもつかどうか・・・。退職する人はもう次が決まっているようでうらやましい。僕はだいたい辞めてから決めるから。そんなすぐ環境になじむこともできないし、僕のような年齢でキャリアのある人を雇うところはあまりないだろう。STはほとんどが若いと思う。僕は自分が刺激を受けられる人と仕事をしてみたい。今のところには刺激はないね。ただ講演をする機会をいくつか与えてくれたのはよかったと思っている。出版の企画はぼつになり、今後何をテーマにしたらいいのかとか考える。本を出すって難しいことなんだね。
 たまたまバスツアーでとなりに座ったおじさんと話をしていて、仕事の話になって言語聴覚士っていってもよくわからないだろうけどそういうしかないし、おじさんはアルバイトで働いていると言っていた。もともと銀行員をしていたらしいけど、やめたのかリストラされたのかはわからない。銀行員を辞めていろんな仕事をしたみたい。よくそんな違う業種に変えられるなぁって思った。生きるためらしいけど。僕と違ってタバコはやめられないみたいだし、競馬、パチンコをするらしい。お金に困ってカメラを売ったらしく、また旅行にいくときに中古でイクシを買ってきたって見せてくれた。あぁこんなつらい話というかこのおじさんみたいに刺激のある生き方は僕には無理だなって思った。セーターには穴があいていた。鼻毛はボーボーだった。そして口が臭かった。それでも仕事をして生きていかないといけないって思っているんだからすごい。僕にはまねできない。僕はいつ死んでもいいぐらいに思っているから。
 退職するかどうかは勝手に答えが出るだろう。患者がいてくれたらいいけれどいないのに18単位もとれない。病院自体つぶれそうな感じ。
 今のトレンドというか就職のポイントは小さな個人病院やグループ病院、教育体制が整っていないところは避けたほうがいいようだ。給与は年々安くなっているようにも思える。STは脳外の患者がいないとやりがいはないだろうね。僕のところは脳外がないから廃用ばっかりになっている。スキルアップにはならないと思いつつもたまに嚥下評価を医師とやって高齢患者の嚥下ばかりみている。やりがいはあまりないね。療養型に長く入院していた患者が転院することになった。大きな変化はなかったけど僕なりのリハビリを提供した。あぁなんかむなしい仕事だなって思いつつも家族が満足してもらえるならと思いやってみた。それを1年半も続けてきたんだけど、今だったらもう終了なんだろうね。リハビリの終了って難しいと思う。終了がきたら訪問なんて必要ないしね。次期改定時にはリハビリは包括になるかもしれない。人員配置だけが問題になるかもしれない。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ