FC2ブログ

2016年をふりかえる

 今年は比較的穏やかな年になったと思う。STの売り上げは軌道にのり、病棟でもST業務がやりやすくなった。病院の医師の数が増えないのと看護師も少ない。患者もそんなに多くはない。来年の目標はさだまっていない。普通に暮らせたらそれでいい。
スポンサーサイト



仕事おさめ

 今年もなんとか仕事を続けることができた。この病院にきて2年目。少しずつ僕が何をする人なのかがわかってきたような気がする。病棟の看護師も声をかけてくる。今年は、ホテルでの講演が1回、病院の会議室での地域の専門職への講演が1回とまずまずのペースだった。来年は話す機会があるだろうか?患者層は相変わらずの高齢者ばかり。食べて退院してくれる人もいるけれど、なかなか食べられずに亡くなってしまう患者もいる。石飛先生の平穏死は、病院だと厳しいのかなぁ。過剰な治療も見直していく時期にはきているだろう。なにがなんでも助けなければいけない時代でもないだろう。平穏死関連の本を読んでいると、命には限界があって、それに逆らうかのようにいろんな治療を施すことが自然で人間らしい死を迎えるのにふさわしいことなのか?このテーマはつねに頭の中にあって、ぽっくりいきたいなぁと話す高齢者の話を聞いていると耐性菌がでるほどの抗生剤投与は無謀な気がする。
 超高齢社会でいいことってあるのかなぁ。今年も認知症と運転についてはニュースで取り上げられ、法改正がある。いきなり突っ込んだり、逆走されたらこわい。車がないと不便な地域がどうしてもあるので、どうしたら高齢者が便利に暮らせるのかを考えていかなければいけないだろう。
 出版の夢は叶わなかったが、新聞にまた載ったし、資格関係でいくつか受けて結局落ちたのもあってショックだったけど、まだ結果が来年にならないとわからないのもある。
 自分の体も顎関節症になったり、今年もいろんな薬を飲んだね。
 先日スマスマの最終回を見て、メンバーが事件を起こしながらもなんとかやってきたこと。ちょうど僕と同じ世代のスマップだけにもっと続けてほしかったという気持ちもなくはなかった。彼らが今後どんな道にいくのかはわからないけれど、僕の病院も老朽化が激しく、医師の高齢化もはげしい。このままだと閉院になってしまんじゃないかと思うぐらい危機を感じる。
 同級生のXとさっぱり連絡が取れなくなり、スマホを解約するというメッセージだけきて、その後何もこない。こうやって不自然なかたちで終わっていくのはさみしい。

腹痛

 便通を整える治療をしているけれど、食べ過ぎなのか風邪薬を飲んでいるせいなのか腹痛が起こった。下痢はしていない。でも下痢しそう。
 今の病院にきて1年と9か月目になるが、まぁ続いているほうだろう。3月までは続けたい。今後のことも考えないとはいけないんだろうけどまた充電したくなってきた。
 今の病院は慣れてきたせいもあるのか穏やかな病院なのかもしれない。80代、90代が多い。僕は特定のスタッフとしか会話しないけれど、仕事終わりで一緒に食べに行くとかいうのはない。そういうのがあった病院もあったけれど。
 また1人退職者が出るので送別会をひらく。リハビリ部門は病院、通所、訪問とあって僕は、訪問と通所はほとんど関わりがない。病院だけのスタッフで催してほしいのだけど、結局全体になってしまう。人が多いのは苦手。
 何か刺激がほしいなぁ。講演会の依頼とかきてほしいけどなかなか来ない。
 STの求人が減っている。たくさん養成校ができたせい。卒業しても教育できるSTはごくわずか。使えないスタッフばかりになる。だから進路としてSTの選択肢はやめたほうがいい。給与も安い。前にも書いたけどよっぽど金持ちでどうしてもやりたいっていうのがなればいいと思う。

こわい

 インフルやノロなどウイルスはこわい。インフルは去年インフルもどきになってつらかった。予防接種をしてもかかる人もいる。リハじゃないスタッフが最近かかった。今日病院で手帳を手に入れることができてよかった。カレンダーももらった。ただ年々減っているとは聞く。ダイソー等でも買えるようにはなったけど。以前一緒に仕事をしていたSTから久しぶりにメールがきて、嚥下の勉強会をやるらしく、質問のメールだった。少しずつ嚥下に興味をもってもらうきっかけになればいいと思う。
 

続かない理由

 リハビリ科になじむことができない。それが僕の悩み。変わった組織。ついていけない。人にどう思われているのかを気にしすぎる傾向もある。いいように思われたいという気持ちもあると思う。また辞めたくはなっているけれど、なるようにしかならない。

難しい現実

 嚥下食を作れないのに家でみるというんだけど、栄養士から指導してもらったけど、作るのは難しそう。高カロリーゼリーと宅配であまりお金がかからないようなプランを考えてみた。この人たちだけじゃないとは思うけどね。老老介護はやっぱり大変。
 今日は昼の嚥下評価が大変だった。いっきに食事をスタートした時や食事形態を変えたときはまわるのが大変。やっと医師とラインがつながった。返事は何もないけれど。

ライン

 ラインにうとい僕だけど、メッセージのやりとりはほとんどない。相手がいないし。今日は病院の医師の携帯番号を教えてもらったのでラインでつながることができるかどうか?でも毎週1回か2回は会って話すからね。今更電話番号を聞かなくてもよかったのかもしれない。便利だけど使わない。僕のように友達がいない人にとってはあまり必要ないかも。
 電話もかけ放題にしているけど、家族や親戚と話すぐらいで、5分以内ではおさまらない。5分だけとか10分だけっていうのはやめてほしい。会議で発言するって勇気がいるね。僕のキャラクターには合わない。傍観者が僕には合っている気がする。またストレスがアップする。いつまで今の病院で勤務できるやら。細木数子でいう金星人タイプが責任者だと突っ走る傾向がありついていけない。リハ部門の責任者で尊敬できる人に出会えていない。たいした人材がいないのかなぁ。上からの命令で点数を稼ぎましょうって感じで何も面白くないんだけど。いまどきまだリハビリ業界を夢見て養成校に入るなんてもう時代おくれかもしれない。とにかく待遇が悪すぎる。こんな安い賃金で雇われて数が増えて価値がなくなってしまうなんて悲しすぎる。

あぁ

 今日は歯科衛生士の苦悩を聞いていた。歯科の内情はよくわからない。先生がころころ変わるのでやりにくいのかなって思っていた。歯科があっても病院とのかかわりがうすいと歯科部門の消滅もありうるかもしれない。歯科以前に病院自体が経営の危機にさらされているのに、あぁまた就活しないといけないのかと思った。探すのは本当に大変。だけどこんな僕でも雇ってくれる病院があると信じたい。
 今日は2人嚥下評価したけど、1人は首がかたい。1人は口をあけない。難しいね。

宇治園

 宇治園からでた分包タイプのとろみ茶3種類の味を試飲したけどあまりおいしくなかった。感想はそのまま伝えたけれど、もっと味が強いほうがわかりやすいような気がする。ただドロドロしていただけ。これじゃ味覚の落ちた高齢者にはつらそう。この辺のニュアンスが宇治園の人に伝わらないかなって思った。もっと改良してほしいけど、たいした商品じゃなかった。とろみ茶をそのまま売るとなんでこんなにまずくなるんだろうって思った。他社も同じ。
 いろんな商品の選択肢が増えるのはいいんだけど、まずいものを消費者に売るのはどうかと思う。
 口腔保湿剤も保湿剤を使うより、リキッドタイプのやつを使ったほうがいいとナースには言われたし、口腔内に保湿剤がこびりついていることもあり、薄くぬればまだましなんだろうけど、難しい。

様々な症状が

 僕の体のあちこちに異変が起きている。これらが重なると体もつかれていく。今日は内科医に嚥下評価を頼まれて、うまくのみこめないので脳の画像と神経内科の医師に診てもらったほうがいいとお願いした。ここまで僕が言うのもどうかと思ったけれど。なんかこんなことばかりしていると病院にいづらくなる。リハの再オーダーを別の内科医に依頼したら忙しい、今日は無理と言われた。あっさりと言えることのほうがいいのだろうけど僕にはここまで言えない。明日からもまた憂鬱だな。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ