FC2ブログ

送別会

 送別会に参加した。やめる方には今後もご活躍してほしいと思う。僕もたくさん辞めたんで今があるんだけど、奇跡としか思えない。今日はまた熱が上昇してだるい。6月が終わる。蒸し暑い夏が到来する。
スポンサーサイト



医者の診察態度が悪い

 今日も心理検査をしたけど、この検査依頼を出す医者の診察態度が悪いので医者を変えてほしいとのこと。この患者家族以外にもそう思う患者家族はいただろう。確かに態度が悪い。そんな医者をいつまでも放置している。僕はもう退職したいんだけど、生活苦が心配。

時間が重なる

 心理検査の依頼と嚥下評価の時間が重なり、心理は外来なので待たせるわけにもいかず、今日は食事場面を少ししかみられなかった。こんな変則的な勤務いやだなって思いつつも今日検査した1人は比較的症状が軽くていろいろお話をした。MCIなのかはわからないけれど、MCIのみかたがいまいちわからない。

患者増

 こんな時期に嚥下の患者が増えるなんて思ってもみなかった。次から次へと誤嚥性肺炎。食べられる人もいるからまだましか。今日は2件VEをやった。意外と大丈夫そうに見えても喉頭侵入していた。これは老化のせいか?難しいけど。
 スタッフによく忘れ物をする人がいるんだけど注意が必要だね。自分でもわかっているとは思うんだけど。あと訓練時間を勝手に変えるのでこっちの設定を変えるのが面倒。新卒は自由だ。それにしても使えない新人。いらつく。わからないことを聞かないのが気に食わない。わかったふりしてやるのが一番こわい。

体調不良

 先週はのどが痛くて熱が出たり、咳が出たりした。内科と耳鼻科で診てもらった。そして昨夜ひどい下痢をした。あっちもこっちもおかしくて今日ももらしそうな感じがして不安だった。言語聴覚士になるにはっていう新刊をざっと読んでみたけど、社会人経験者が多いね。確かにSTが働く場所は病院だけじゃない。ただ数が足りないっていうのは、学校も学生集めが大変だからそう言わないといけないのかなって思った。年収300万で暮らせなくはないけれど、現実は厳しいだろう。それでも運がよければよき指導者に恵まれ、患者さんや利用者さんと一緒に成長していける仕事かと思う。僕は今の病院には好き勝手しほうだいの医者がいる限り不満を持ち続けるかな。どこにっても不満があるのかもしれないけれど。困った僕だ。いつ辞めるんだろう。いつ終わるんだろう。そんなことばかり考えてしまう。僕が働けるところはこの先あるだろうか?経験を重ねれば重ねるほど必要にされなくなるし、雇う側もお金がかかる人よりも新卒を雇いたいだろうから。なんかお先真っ暗だな。それでも本を買って少しずつ読んだりして無駄かもしれないけれど、つい気になった本を買ってしまう。

暴言、暴力

 豊田議員が暴言と暴力をしていた報道を見て、うちの医者となんか似ていると思った。うちの医者は自分が一番偉いと思っている。そして放置され、誰も何も言わない。僕も今日電話して、嫌そうに出て、すぐ切る人。電話の応対すらまともにできない。患者への説明もわかりづらい。ある意味コミュニケーション障害にも思えるし、人格障害にも思える。そろそろやめないといけないなのかなぁ。うちは禁煙外来もやってるけど、リハの新卒がたばこを吸うんでそれもやめたらいいのにって思うけどやめられないのかなぁ。ナースもすってるしね。こんな病院で働くのが嫌になってきた。いまさらだけど。

憂鬱だ

 いきなり認知症の検査の依頼が入るのでスケジュールはくるう。今日の患者さんの成績はそんなに悪くはなかった。これをMCIというのだろうか?それがよくわからない。
 僕が新卒に話しかけるのは迷惑だろうか?嫌に思っているかなぁ。
 あいかわらず体調不良。糖尿病教室でお話しませんかって言われたけど何を話せばいいんだろう。糖尿病と歯周病とか?最近楽しいことがなくて憂鬱が増している。変な医者ばっかりで日々忍耐。看護師はすごいと思う。だから看護師もあれるんだろうね。廃院でもいいんだけどいつまでこんなじりひんの経営を続けるのだろう?危機感まるでなし。

いいことない

 熱があがってきて、解熱剤を飲んだ。やっぱり風邪か?新刊でヒューマンプレスから出ている言語聴覚士リスク管理ハンドブックを購入した。直接ヒューマンプレスから買ったので中身を見ずに買ってしまったけど、今までこういう本はなかったし、新人さんにはおすすめかもしれない。
 以前一緒に仕事をしていた医師に久しぶりに手紙を書いて、返事がないからもうだめかと思ったけど返事がきた。
 病院はますます荒れてきた感じがする。新しく来た医師のトラブル続き、売り上げが減少。もうつぶすしかないんじゃないかって思うけど。
 やっぱり新卒はいまいちだ。このレベルの低さ耐えられない。養成校で何を学んできたのか?養成校なんて必要ないんじゃないかと思うぐらいおかしい。うちの病院はわざとできないやつを雇うのか?それがなぞだ。

元気がない

 体のあちこちに症状がでてきて、今は微熱もあって何が原因の熱かよくわからない。新人のトランスファーを見ていたけどあんなにおおげさにしないといけないのかと不思議に思った。もっと楽にできないのかと。僕自身トランスファーしないんでよくわからないけど。事務の人と楽しいことがない話をしていた。なんかあまりマンネリ化してくるのもつらいものがある。病院経営は大変みたいで、いつつぶれてもおかしくないぐらいの状況。病院経営は大変だ。病床を少なくっていう案もあるらしいけどそれでもいいんじゃないかって思った。STはいてもいなくてもいい職種。嚥下は看護師でもみれるから。
 最近売れている西山耕一郎先生の肺炎がいやなら、のどを鍛えなさいという本を買って読んでいる。嚥下のことについても参考になるのでぜひ読んでほしい。

小さな巨人

 職場のスタッフが小さな巨人を見ているというので途中から見ている。最終回でどんな展開になるのか気になる。新聞の本の売り上げランキングに載っていた肺炎がいやなら、のどを鍛えなさいという本を買って読み始めた。著者は耳鼻科の西山耕一郎先生。僕のはこの先生の話を聞いたことがない。この本はおそらく一般向けに書かれたものだと思う。飲み込み力を鍛える方法が書いてある。
 あいかわらず憂鬱が続き、僕は今どうしたらいいのかわからない。もうこのまま退職するしかないのか、仕事を休むほうがいいのか悩ましい。何をしてもつらまないっていう時期がきた。時間が解決するんだろうけどこの憂鬱さにおしつぶされそうだ。

崩壊する日常

 変わった医者がのさばるおかげでどんどん気が滅入ってきている。このまま続けることはできるだろうか。いつかは辞めるんだろうけど。また次を探すのも大変だし、このまま居続けることができるなら居続けたい。

やっぱり嚥下

 今日は嚥下についての講義。これをあと2回行う。久しぶりに話したけど、スライドも以前のやつを使いまわししたけど修正している。やっぱり対象者に合わせて作らないととは思っている。
 また心理検査の依頼。それも極めて複雑な検査を2つもオーダーしてきたのでびっくり。この医者は人格障害。だけどほったらかしにされている。そんな病院でこの先勤めていけるのかはわからない。ただ医者だからなんでもしてもいいのかって思うと悲しい。
 新卒たちはいまいち育っていない。ちゃんとわからないことは質問するように伝えた。だけどしないんだろうね。その時点で終わっている。だから養成校はいらないし、これだけセラピストの人口を増やしたところで何も学ぶ気のない集団をいくら養成してもこの業界はよくならない。もうお先真っ暗としかいいようがない。STは待遇面が悪すぎる。僕の給与は手取り20万ない。いつ20万をこえるんだろう。永遠にこえることはないのだろうか?

患者が減っている

 僕の患者が減っている。これはやめろっていうメッセージだろうか。あぁこわい。昨日久しぶりに、以前一緒に働いていたPTと偶然会った。このPTは仕事を辞めて医学部へ行く勉強をしている。僕が最初に聞いたときはびっくりしたけどもう誰も止められないようだった。悔いのない人生をおくっていることがやっぱり人間らしいかなって。たとえ無理だしとしても夢にむかってがんばってほしい。勉強に集中したいとのことで連絡もしなかったし、もし昨日会わなかったからずっと会えなかったかもしれない。僕は憂鬱が止まらなくなってきた。やっぱり職場で無理をしている感じがする。ずっと勉強してたらしいけど最近そのPTの知り合いから声がかかって通所リハでバイトをしていると言っていた。通所の利用者がいろいろ文句を言ってくるので嫌だと言っていた。訪問もそんなところがあるね。営業しないと言えないような感じ。僕は以前から介護保険領域のほうは縮小すべきだと考えている。在宅で看取るという考え方も悪くはないけれど、僕は最期は病院でいいんじゃないかと思っている。結局病院が原点なんで原点回帰かな。診療報酬を見直し、病院のリハの点数を再度見直してほしい。介護保険下のリハビリは療法士じゃなくてもいいと思う。

新卒たちへ

 なんか思った仕事と違うとかこいつと働きたくないとか我慢の限界が来ている人がいるかもしれない。今日も新卒と話していて同期が危ないと言っていた。新卒なりに思ったんだろう。話をきいているうちにすごい観察して、気にしているんだなって思った。うまくいってもいかなくてもそれはそれでしかたない。辞めたかったらやめたらいいって思う。僕もそうやってきたんで、やめるなとは言えない。今の職場は本当におかしい。僕自身の精神的苦痛が止まらない。こんな僕を雇ってくれるところがあるだろうか?いい職場が見つかりますように。

やりがいはないね

 スポーツ選手のリハビリとか整形のリハがやりたい新卒たちはほどとおい廃用の患者ばかりみせられて嫌気がさしているようだ。やがてそういう病院に転職したいと思うだろう。やっぱり声をかけても何も反応がない患者ばかりだとはりあいもないだろう。僕だってそう思う時もあるから。今の病院にいて何もいいことはないのかもしれない。新卒たちにとって何か学んでほしいとは思うけど難しいだろう。患者がどんどん減って困っている。僕もいつまでもいられるかわからないし、病院をつぶすために変なのを雇っては、評判がたおちでもうお先真っ暗なのかもしれない。再就職もきびしい。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ