FC2ブログ

ナースたちが声をかけてくれる

 こんなにナースから声をかけられて、さわられて、僕は人気者なのかって思ったぐらいだ。つねひごろコミュニケーションすることを実践し、やっと結果が出つつあるのかと思いつつも、苦手な人はいるけれど。仕事がやりやすくなればそれでいい。
 頑張っている人に頑張っていますねと伝えてあげたい。
スポンサーサイト



なんだこれは?

 嚥下の評価にいったときにベッドに置いてあったじゃばらの筒のようなもの。助聴器らしい。僕はこんなものを見たことがなかった。ナースが患者の耳元にあてて話しかけていた。もしもしふぉんという。
 あいかわらず一部のリハビリスタッフとは合わず、でもひどく嫌っているわけでもなく、ただリハビリごっこをやめてほしいことやもっと他職種とコミュニケーションをしてほしいだけなんだけど。難しいかな?あとは、食べているところもみてほしい。昼寝ているやつがいる。もっと他の職種から信頼されるセラピストに成長してほしい。もっとコミュニケーションが上手なセラピストを雇ってほしい。僕はつらいし、精神的苦痛を感じている。いつまで続くのかわからない。

食べてくれたらいいのに

 なかなか食がすすまない患者がいる。患者の好みもあるけれど。結局高カロリーゼリーをつけることになる。以前入院したときと同じ。何か食べてもらわないとよくなるものもよくならない。

相手にできない

 頭の障害をもつPTはやっぱりどこか変だけどなんとか業務には支障はなさそうな気がする。ただ脳は疲れやすいのかもしれない。冷たい態度をとることもあるが、何を考えているのかわからないので相手にできない。訪問リハでは運転ができないことになり病院に異動してきたので、いろいろわからないことをたずねられたときは答えてきたし、ナースからもどんな人かわからないという話を聞いたので病院は初めての人だけど訪問リハをずっとやってきた人だから僕たちの知らないことは知ってますよと。僕なりのサポートにより、ナースもそれなりに受け入れてくれているとは思う。もう1年以上たっているし。あとは新卒たちだけどもう4月からは3年目に突入。僕が3年目の頃もいろいろあって、大変な目にあった年になった。結局3年で退職することになったけれど、この1年目から3年目はとても貴重で、疾患別リハでもなく、国家試験の合格や新規開設、PTとOTとの関係づくりの難しさ、医師や看護師とのコミュニケーションの難しさを感じつつもSTとしては優秀でも社会人として失格とリハビリの責任者に言われたことは今でも覚えている。今でもそれは変わっていないのかもしれない。いろいろ言われたけど、そんなに変わらないような気がするので僕がどうこういっても相手は変わることがないだろう。だから今やれることだけをやればいいし、さほど気にする必要もないはずだ。無視されようが何を言われようが、おそらくそんなことをした人になんらかの罰が与えられるような気がしてならない。過去を振り返ってもそんな気がする。僕の芽はゆっくりと成長している。まだまだ結果は出ないようだけど。今の病院では続く限り仕事を継続する。ただどうしても無理な場合は続けられないかもしれない。金曜の会議で少し退職の話をしただけでナースからの反発があった。タブーな話題をしてしまった。僕のことを気にかけてくれるリハビリスタッフはいないけど他の職員ではいるのでそういうひとを大切にしていきたい。

疲れた

 今は患者が多い。それだけでも気持ちのゆとりがなくなって、すりへっていく気がする。それに加えて非協力的な一部のPTが勝手なことばかりして困る。腹もたつけれど、職種が違うのでなんとか気にしないでおくことを考えたほうがいい。たとえ一部のPTに無視されても僕は僕に依頼されたことをやるしかない。冷たいリハスタッフよりも優先しなければいけないことがある。もうやめる話もしてしまったけれど、今はどうしても辞めることができない。病気で休んでいる医師が帰ってくるまで、その先生の分まで頑張らないと。変なPTのことは気にすることはないですよってMSWに言われた。このPTは高次脳機能障害かもしれない。観察している限りは普通なのかなって思うけど、何かおかしいものを感じるときもある。好意的に話しているかと思ったらいきなり冷たい態度をとる。なんだこの人急に態度わけもなく変えて、理解ができないという感じ。交通事故にあったことがあり、頭をうっているかもしれない。うちのスタッフには発達障害を公表しているスタッフもいる。覚えることが苦手だけど、なんとかやっている。リハスタッフより他のスタッフに支えられている気もした。一部の看護師や助手が僕に話しかけてくれる。こんなにいい気持になれるなんてよかったなぁって思う。リハスタッフが成長しない限り僕は心を閉ざしているだろう。ラインでメッセージを送っても返信こないし、ブロックかプライベートの時間はおくらないでだって。僕は仕事が終わってからどっかで食事でもできるスタッフができたらいいなといつも思うけどそれは難しい。あぁいいスタッフに来てもらいたい。ぜひに。どこかに僕と合うスタッフがいないだろうか?つらくてしかたがないんだ。

退職

 辞めて開業する医師、辞めてお母さんの世話をするナース。目的があっていいと思う。うちのリハビリも誰か辞めたらいいんだけど。やっぱりうちの病院のリハビリの場合は、勉強する気がない人のほうが多いから違う病院にいったほうが刺激になるかもしれない。どんどん辞めて刺激を得て、成長していけばいいのだと思う。そのために資格があるのだろう。
 向上心って邪魔なのかなぁ。僕は少しでも持ち続けたいけれど。この仕事のモチベーションを保つために。今、リハビリスタッフで楽しく会話できるのはごくわずか。正直いってコミュニケーションべたが多すぎる。セラピストとしてはいまいち。リハビリごっこはやめろっていいたい。
 僕の退職は医師に止められている。だからしばらく退職の話題は禁忌。リハビリスタッフは僕のことをあまりよく思っていないとは思う。それでも僕は今の病院でできることをするだけ。あまりにリハビリスタッフのことを気にしすぎて気を病んでも悲しいだけ。
 電話すらとらないPT。暇そうにみえた僕に電話を取らせようとする嫌がらせ。お前がとれよって言いたかった。そういえない僕だからしかたないけれど。そんな小さなストレスが積み重なって辞めたくなるのだろう。尊敬に値するほどの人ならまだしもお前もごっこの仲間かっていうくらいの程度。口だけ。

だるい

 認知症の検査依頼があり、物忘れの自覚がある患者さんだった。僕だけで判断できるわけでもなく、神経内科で診てもらうことをすすめた。明日は嚥下機能検査の予定。非常勤の耳鼻科医とはじめて。呼ばれなければやることはないけれど。
 高次機能障害豆ブックを買った。たまたま本屋で見ていて、シンプルな構成がよかったかな。空いた時間にこれを見ていたら暇つぶしになるかなって。あとは神経内科医が読むシリーズがあってその最新刊のパーキンソン病。おととしに認知症もこのシリーズで買っている。クリニカルクラークシップの新刊も見ていたけどSTというよりかはPTより。いまさらだけどうまくいっている人の考えたも読んでいる。僕の自尊心どうなっている?

実習終了

 学生がきても経験年数の浅い者につくので、勉強にならないと思う。うちの新卒たちはあまり勉強しないし。いきあたりばったりという感じ。自分で考えてわからないところを聞こうとしない態度が僕には理解しがたいし、そういう世代なんだと決めつけてしまうとこういう専門職を選択するのは間違っているのかもしれない。単におもいつきでりはびりごっこを永遠とつづけられるうちの職場だけど、それはそれでよしとするしかないのかもしれない。誰もかれもが傷つきたくないし、自信満々でやっているつもりでもないだろう。今のリハビリ部門がもっと信頼される部門へと成長してほしい。

バレンタイン

 例年そんなにもらわないのに今年は多い。そして1つ1つが高いのでお返しが大変。でもそんな高いのお返ししていたら生活に支障が出る。うれしいけどあんまり喜べない現実がある。

実習指導で大切なことって?

 指導は大変、そして疲れる。今回来ているPTの学生はまだまし。実習以外の普段の姿がわからない。指導者は一応5年以上10年未満。やっぱり指導者にも教育は必要だと思う。それはPTの質を落とさないためにも。うちの病院の実習は楽だ。誰も怒らないし、わりと自由。患者をみたり、触れたりできることが一番大切なことかな。クリニカルクラークシップの改訂版が出た。僕はこの本を読んだことがない。患者から嫌われる実習生はいるだろうか?見ているよりも実際にやってみる。そしてやっていることにどんな意味があるのかを伝えたり考えたりすることが大事なことかもしれない。

学生

 僕はICFがわからない。最近の学生はICFにもとづいてレポートを書くみたいで、これじゃわからないなぁって思った。また機会があれば勉強してみたいけど、僕は学生を指導するつもりはない。
 職場のPTで嫌な奴がいる。でももともとはそんなに嫌な奴ではなかったけどだんだん腹がたってきた。腹をたてたところで僕が損をするだけかなとも思う。気にしない性格の人がうらやましい。

患者が増える

 地域包括ケア病棟のベッド代は高いのはわかるが、1日2単位以上のリハビリの提供というのがネックになる。リハスタッフのマンパワーが足りない。これを廃止できないのかなって思うけど。365日提供しているわけでもないので、土日祝の分を取ろうと思うと3単位ぐらいになるので大変になる。
 リハビリ対象者が増えた場合が大変だ。
 僕が残念に思うことは、誤嚥する可能性のある患者を地域包括ケア病棟に転棟させて死亡させてしまうケースと失語症の方を認知症の方だと思われてしまうことだ。いまだにうちの病院ではそのようなことがあるのでスタッフの質が悪いことが言えそう。もっと勉強してほしいというか向上心をもってほしい。

 リハビリスタッフとの会話だが、まんべんなくしているつもりだが、話したくない人もいる。それは単に僕を裏切ったから。だんだん溝ができて、もう会話は厳しいのではないかと思っている。そして退職に至るのかと。
 医師や看護師には退職はまだ反対されているのでこのままの状態になっている。悪い病院ではない。やっと話せる看護師も増えてきた。医師はくせのある医師が多いが、変に圧力をかけてくる医師すらいなければこの病院は平和だと思う。ただ赤字が続いているのでそれがネック。あまり悩みすぎなようにしたほうがいい。リハビリスタッフとうまくいかなくても生きてはいけるだろう。なぜ僕だけが苦しい思いをしなければいけないのか、気を使わないといけないのか、バカバカしく思えるときもある。
 ナースから教えてもらった、ナースが勉強するeラーニングをやっていた。全く僕の領域とは関係ないので試験の点数が低いが、知ってても損はないかという程度。だいたい僕が採血するなんてありえないし。STは非侵襲的なことが多いので、いまいちの仕事。公認心理師のほうがいいかもしれない。あまり自分で自分を苦しめないように。今の自分でも話しかけてくれるナースはいるし、そういう人たちとのつながりを大切にしたい。また向上していくような人とかかわっていけたらとは思う。それが僕にとっていい刺激になるのなら。ラインって便利だけど、仕事時間外で送信すると不快な人もいるんだね。だから極力送らないようにはしているけれど。そういうのもバカバカしくなってくる。なんか疲れているのかなぁ。話し相手が欲しいだけなんだけど。辞めるときは辞める時でしかたない。

節分

 鬼は外、福は内。こんな僕にも幸せが訪れるのかと思っている。今は心がすさみ話し相手すら職場にいない状況。明石家さんまじゃないけど人と話していないと落ち着かない感じ。今PTの学生が来ているけど、家族が医療関係というのは以外と多い。影響されるのかもしれない。たとえPTにならなくても免許だけは取得してほしい。2年生でやめようかと思ったらしいけど、親に説得されてなんとか続けている。10代後半で自分の進路を決めるのは案外難しいかもしれない。40代だって転職して別の仕事に就いている人もいるのに。やっぱり全く違う仕事に転職するのは勇気もいるし、今までやってきたことを否定するかのようでこわい。できるだけ関連のある職種を選ぶべきだろう。僕はたくさんの病院で勤務し、どこの病院でもなんとかST業務をやっていけることはわかった。ただ問題なのは人間関係。これは働いているあいだ一生つきまとう問題だろう。今のリハビリスタッフですら関係性がいまいち。仕事が終わったあとにどっか行くこともなく、僕はまっすぐ帰宅する。たまには一緒にどっか行きたいけどそんな人がいない。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ