FC2ブログ

臭すぎ

 どこにでもいるわきが。僕は耐えがたい。それなりに気を使ってほしい。臭すぎる職場が。あついし、よけいにおってくるのだろう。
 今日も忙しかった。嚥下の評価が。ナースからよく電話がくる。病棟歩いてたら声がかかる。MSWからも電話がくる。充実しているかな。栄養士もリハビリも使えないやつがいていらつくが、そういう気持ちを軽減させるためにも気分転換が必要だ。ストレスがたまってしょうがない。いいことあるかなって思うんだけど。
スポンサーサイト



使えない栄養士

 僕から申し出ても何も返事もなく無視。こんな使えない栄養士とは仕事をしたくない。プロッカでむせる件は解決しそうにない。僕がこれ以上考えても変わることはないかもしれない。いったんこの問題は保留にして、自分のストレスにならないようなことを考えたい。今は無理でもいつか変わっていくかもしれない。僕は間違っていることはしていないので。

もめるPT

 朝からどうでもいいことでPTたちがうまくいかないことをなげいている。好きか嫌いかも大事だけど、仕事としてわりきらないといけないこともあるだろう。基礎からガタガタしている若手を再教育することはできるだろうか?

プロッカで悩んでいる

 プロッカを他のゼリーに変えたい。うちはアイソカルHCとブリックゼリーを使っている。それなりに使い分けている。本当は栄養士のフードモデルがもらえるまでシールを集めてもらったら栄養士はご機嫌だろう。一応糖尿病の専門士を取得している。嚥下よりも糖尿なのだ。僕にも栄養指導して3万弱お金が協会ケンポから入ると喜んでいる。憎たらしい一面もあるけど、誰も指導してくれる栄養士もいないし、2人いるけど2人ともまともな指導を受けずに勤務している。栄養士は絶対いない存在だけどSTは施設基準上必要ではない。それを考えるとあまり栄養士だけをせめたくはないという気持ちもある。プロッカが変わるわけでもなく、この問題から少し距離を置き、腹が立つ栄養士からも距離を置き、どうにもならない問題から少し離れない。いらいらする自分が疲れてくる。もっといい栄養士がいてくれたらってずっと思っている。今までいろんな栄養士の方と仕事をしたけど、みんな積極的で食事場面もちゃんと見に来てくれている。それが当たり前なのかと思っていたけどそうでもないようだ。あぁ悲しい現実だ。病院にいくたびに腹が立つ。

プロッカでむせまくり

 プロッカは結構使われているゼリーと思っている。管理栄養士と相談し、昨年から使っているが、ナースサイドからむせるという声が多い。ニュートリーに問い合わせると、許可基準を得るためにこの物性でないとだめとのこと。この会社のイメージは嚥下に力をいれているイメージだけど僕に対応したスタッフは高圧的だったので印象が悪い。管理栄養士はニュートリーからシールを集めたらもらえるフードモデルが欲しいらしく、栄養士は糖尿病の患者のことを優先的に考える。僕は嚥下の患者のことを優先に考える。そこからして意識がずれている。変えてもいいとは言ってくれている。あとでシールのことでうらまれたりして。でもやっぱり入院患者の大半になんらかの嚥下の問題があるのは事実なので、わざわざむせるゼリーを積極的に使わなくてもいいと思う。
 新卒PTだけど初期評価で患者のどこをみているのかわからない。初期評価シートってないのだろうか?今日もいらだってしまったけど勉強ができないPT、勉強しないPTと関わるとむなしくなる。

パーティーは不参加です

 僕はたくさんの人との飲み会は好きではない。これほど居心地がよくないのはないだろう。そんな苦しみを何度か体験して、最近はすべてお断りしている。でもNSTのやつは珍しく参加したけど。親戚の家にだって行きたくないけど、来月行く予定にしている。親戚には僕が泊まれないことを知っているので日帰りでと伝えている。うまく適応できないけれど、ひとりでいると寂しい時もあるけれど、気を使うことで身をほろぼすよりかは、自分の時間を大切にしたい。
 モンスターペイシェントといっていいのか僕に対しては誠実なんだけど、ナースに対しては厳しいご家族。今日は食べさせ方の指導を行った。患者は高齢であり、また誤嚥性肺炎をおこすこともあるので、状態が落ち着いているようであれば今が自宅に帰られるチャンスかもということで自宅退院に向けて話をすすめている。
 病院の病棟の回転がうまくいかず、患者が死なないという声まであがるほど、危機はある。亡くなるときは結構続くんだけど。経鼻栄養を永遠に続けるのもどうかと思う。やめることはできないのだろうけど。

固執

 すべて自分が正しい。そんなことを言う人を信じられるだろうか?なんでもかんでも許される世の中でもないだろう。固執するしかないということ自体損をしている。もっと多面的に物事を考えること、人の考えを受けれいることは大切だと思う。そこに気づけない人はいい仕事はできないだろう。自己満足に終わり、どうでもいいと思うのだろう。そんなスタッフにあきれている。あぁうちのリハビリのレベルは低い。全員がとは言わないけど、話していて楽しいって思える瞬間がない。

頑張っても評価されない

 頑張っても評価されない職場は辞めたほうがいいだろう。今の職場がまさにそんな感じ。このままSTを続けていくのだろうけど、今の仕事はほとんどが食事形態の調整だけ。家族が口うるさいみたいで、ナースの食事介助の妨害になるみたいで、食事の量を少なくできませんかっていうので、高カロリーゼリー2個出しておいた。こんなことまでしてナースを家族から守らないといけないなんて。ナースは辞めてもらっても困るし。それにしてもSTはいてもいなくてもいいっていうのはよく感じる。僕の仕事はみんながやれそうだけど、めんどうなのか、やりたがらない。特にナースは。もともとの食事が悪いのにそれを出して、僕がアレンジするだけで食べやすくなるのだ。そうすると僕に頼むナースが増える。単なるアレンジャーになる。それも苦しいわけではない。ただいつもつきまとう不安、僕と寄り添う不安、いつか辞めるかもしれないという不安、そんな不安の中で、楽しめることを探しながら生きている。職場の人と仕事終わりでどっか食べに行けるような仲間がいたらいいなって。なかなか難しいかな。朝時間が合えば一緒に通勤するPTがいるけど、今日も雑談しながら通勤。あぁ僕と合うところもあるなって共感しながら聞いていた。やっぱり話さないとどんな人かわからない。
 うちの病院の医師は変わっている。多死社会にふさわしい病院。帰りは駅まで医師に車で送ってもらった。すぐ着くけど。

疲労

 経口訓練はひやひやする。今日は吸引したからなんとか大丈夫か?明日熱がでているか、それとも急変して亡くなるか?どれも可能性があるだけにこわい。今日もMSWがきて、モチベーションがあがらないという。療養病棟で意欲的になるほうがおかしいだろう。このMSWは異業種からの転職。業務量は今のほうが楽なはずだが、サラリーマン時代の習慣というか考え方からなかなか抜け出せないのだろう。新しい道を選択するのは自由だけど、僕はSTをベースに何か認定の資格を取るとか、STと関連がなくても興味がある分野を勉強するかでモチベーションを保てているような気がする。MSWにも来年の3月までは頑張りたいと伝えている。1つの病院で続かない僕が5年目なんて最長記録更新中。僕は頭がおかしいのだろうか?

なんて忙しい

 朝は主治医と患者のことで話が長くなった。昨日嚥下の検査した人だけど熱が下がらない。そして、嚥下検査でだいぶ前に経口摂取困難で末梢の点滴のみで様子を見ている家族からの相談をきいていた。そして、あめをなめる訓練をしたい患者がいるのでその様子をみていた。この患者だけ特別扱いはできないというのは僕の意見。なんでもかんでもやってくれると思ったらおおまちがい。難しい患者家族。依存性なのか、注目されたいのか、ナースたちが大変。
 昼からは、業者の方との面談だったが、予想外の嚥下の検査が入った。その後。NSWの相談があり、カルテをうつ暇もないぐらい大変。どれだけ僕は人の話を聞けばいいのって思った。頭の血管きれそう。

嚥下の検査連発

 歩道橋で転んで、ひざを痛めてしまった。ズボンにはうっすらと線がはいっている。やぶれるかも。連休明けで嚥下チェック多い。そして嚥下の検査が連続。プランは明日考えることにする。検査したけどうまく食べられるほうが少ないのでやりがいはない。

いらつきまくり

 療養病棟に入院している家族が熱心すぎて、ナースが困っているとの子で、僕も困っている話をして、家族に何かできることをさせてあげましょうということで、そんなに難しくない課題を渡してもらうことにした。正直改善は見込めない。むしろ経口訓練はやめてほしい。家族が僕にではなく主治医に食べさせてほしいと強く希望したらしく、主治医はおしきられてしまったと言っていた。それはしかたがない。こういう熱心すぎるのもどうかと思う。変化のない病棟で僕はクールすぎるのかもしれないけどついていけない。極力最小限のエネルギーしか使いたくないのにすごく疲れてしまう。それはよくなってほしいという気持ちはあるけど、限界がみえてしまうこと。それしかない。どのように説明したら理解できるのかすらもわからない。
 もう一人の患者の家族も勝手なことばかりしている。病棟ナースがかわいそう。僕たちだけのストレスが増えていく。よくならない患者に対し、そこまで熱くはなれない。家族でもないし、赤の他人。僕が冷めてしまうのもどうしようもないこと。
 今日もとても疲れた1日になってしまった。僕自体は嫌気がさし、帰りは心療内科。生きているのがつらいと思った日でもある。たびたびあるけれど。僕と話す人もいないし、なんでもかんでも僕1人で解決していかなければいけない。経験年数があっても解決しづらい問題もある。お互いにとってベストな方法を探したいが、なかなか難しい。

いいことなし

 家に帰り知り合いと電話している時に、睡魔がおそってきて反応がなくなったのでびっくりしたと言われた。最近、疲れている。嚥下食で使っているゼリーが去年変えたばかりだけど、むせるというということで、困ったなぁと栄養士に相談した。うちの栄養士は消極的な栄養士なので相談相手にもならないんだけど。つらいのは患者と介助するナースかな。プロッカっていうニュートリーのゼリーだけど、そんなに物自体は悪くはないはず。もう一つアイソカルHCというのも使っているけどこれは僕がきてから採用したゼリーだけどこっちはむせないらしい。僕も食べさせてみて楽だと思った。ニュートリーの言い分では咽頭通過をよくするために水分を含まさせているとのことだった。ゼリーの許可基準に準ずるとのこと。嚥下には力を入れている会社だけど、この会社の商品は、薬品臭いのがあるのでそれをマンゴーとかでマスキングしているつもりでもなんか変な味がする。プロッカに変わるゼリーを探さなければ。見つかるといいが。うちの患者の嚥下機能が標準よりも悪いのだろう。もっと協力的な知識のある管理栄養士と仕事がしたい。あほとは仕事をしたくない。それはリハビリでも言えることでまともに話せるのは特定の医師のみ。話していて面白いのは特定の医師のみ。あと看護師もいい看護師がいるので助かっている。

よくしてはいけない

 高齢の誤嚥性肺炎を繰り返す患者。きっとまた繰り返すおそれがある。もうそろそろ限界なのかもしれない。また食べさせても誤嚥するかもしれない。一応VEをしてみようということになった。
 経口のみで栄養をまかなえるとは思えない。かといって経鼻を入れるような年齢でもない。見通しがたちにくい患者ばかり。すべて看取りでいいのではって思ってしまう。

なんでこうなるの?

 体調悪くても出勤というのは別に悪くはないけど、例えば人にうつるような病気の場合は出勤を見合わせたほうがいいかもしれない。感染対策っていうぐらいだし、その辺の意識が低いとあまりいいとはいえない。新卒はそのへんの意識が低い。今日はじめて先月から勤務したナースと話をした。嚥下の話ができたのでよかった。すぐやめなきゃいいけれど。

サマリー

 新卒が初めて書くサマリーは大変だろう。指導する3年目もたいした指導ができていない。読んでいて長い。もう少しまとめられるはずだろう。どこの病院でもこんなことがおきているのだろうか?僕は直接の指導者がいなかったので、他の病院から来るサマリーを参考にしていた。スマホで文字をうつ機会があっても実際にサマリーを作るのは難しそうだ。
 認知症があるかどうか検査してほしいという患者家族の希望がありやってみた。検査のみなので80点を算定。訓練の中でやるのは算定はしない。
 僕がこの病院に入ってきてから一緒に働いてきたナースが退職した。今日はあいさつにきてくれて辞めるとは知っていたけどしばらく顔を見れなかったのでよかった。事情はいろいろあるだろうけど、また違う病院でも頑張ってほしい。僕はなんとか来年の3月まではいたい。

体調不良者

 ナースもリハビリも声がれしているスタッフがいる。気温の変動が原因なのかはよくわからない。僕は咽頭痛と咳。薬は飲んでいる。仕事やりがいを感じられないけど、僕の理想のやりがいは理想が高すぎてそんなところで働かないほうが幸せなのかもしれないという理想。おかれた場所で咲きなさいというように、今の病院で咲いていればそれで充分。気にしすぎる性格はよくないので気にしないで気楽にやっていったほうがよさそうだ。
 先日某学術集会に参加したが、演者の医師が紹介状に嚥下機能のことが何も書いていないけれど経鼻になっている例が結構あると言っていた。看護師でもいいから何かしらのテストをしたとかそういうのを記載したほうがいいだろう。VEやVFがないところはしかたないし。
 みんなと仲良くしなきゃという気持ちが、別にそこまで仲良くする必要はないのに気にしすぎている自分が悲しい。

報告しないPTたち

 今日転院してきた患者のサマリーはなかったが、電話できたのかどうかも不明だが、昼のみソフト食を提供しているとのことで問題なく食べられていたが、STの介入もあったことを知らされていなかった。たまたまPTが話しているのをきいて見に行っただけ。うちのリハオーダーはPTのみしか出ないようになっている。そのオーダーにたまにSTもとか嚥下もとか書いてある。それすらない場合は見る必要もないのだけど、そんなときは病棟から連絡がきてみてほしい、そしてリハが入っているか確認してから入るケースもある。それでも全然かまわないが、チームを作ろうと言い出したPTが報告してこないので、いらいらする。このいらいらが原因で話したくもなくなるし、ばからしくなってくるのだ。そういうのはほっておいて、見つけ出せたらなんとかみていこう。あほを相手にしてはいけない。考えたり、創造したりする力が欠落しているようだ。自分さえよければそれでいい、多職種連携なんてどうでもいいという感じだ。特にPTだけしかいない環境下で仕事をしていた人に多いのかもしれない。僕は嫌でもSTだけの職場なんてないし、PTしかいないところもあったけど、なにかしら情報交換はするしかない。いろいろ課題が多いリハビリ部門だ。信頼れる部署へと成長してほしい。そして僕は、来年の3月までは続けたい。

免許をとりにいく

 新卒PTが地元の保健所で国家資格の免許をとりにいくらしい。STは郵送だから楽。僕はあんな賞状みたいなやつよりもカードにしてほしい。就職するたびにもっていかないといけないから面倒。ぜひカードにしてほしいと思う。少ない給与でどうにかやりくりしている。のどがずっと痛くて、診てもらっても異常がなくて、なんでこんなに痛いのかよくわからない。ロキソニンも効いてないようだし、葛根湯にすることにした。僕は知的好奇心をかきたてたれるようなスタッフと仕事がしたい。今の現状では難しい。物足りない。
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ