FC2ブログ

老いていく自分へ

 こんなにたくさん変わって出会えたスタッフ、病院に感謝しないといけないのに、いい思い出が思い出されない。あのときあのPTにひどいことを言われたとか、心がやんだSTの話をひたすら聞いたとか・・・。僕はこのまま生きていてもただ苦しいだけかもしれない。生きていてもいいのか?言語聴覚士として貢献できているだろうか?今のリハスタッフはまた辞めたい人がでてきて、申し出ている。自由にやめてほしい。若手ばかりになるリハビリ。そのたびに自分の老いを感じる。あのとき僕より経験があるスタッフばっかりだったのに。急に若い人たちのたまり場になってしまった。それでも医師は年がいっているので、そういう人たちと話をしていると安心する。
 安楽死したいっておじいさん患者がいってて、整形の医師と精神的な問題?治療に非協力的だねっていうことで、様子をみることになった。あぁ難しい患者だ。今職場を辞めたいって思っている人は積極的にやめてもいいと思う。今よりよくなるか悪くなるかはわからない。僕はたまたまSTとして仕事を続けているけれど、本当に奇跡としかいいようがない。今週末予定していた検定試験がなくなってしまい、もう再試験しないのかなって思っているけど、これからも終末期や死について考えていきたいので、ここ数週間はそれに関連する本を読もうと思う。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ