FC2ブログ

どうしましょう

 面接を終了させた感想だけど、1つは明らかに病院サイドの求人票に小児と書いてなかったおかげで、面接のときに小児と言われ、あれっ全然違うって思いながら、ここはやっぱり小児なんだって思い、話しはなくなった。そしてもう1つだけどここは変わった病院だったが、訪問は今のところなさそう。経験者が欲しいようなので返事を待っているということだった。ここに決めてしまったほうがいいのか悩む理由としては今後回復期にするということ。病棟を回復期に転換していくことは経営の面からしてメリットはあるのだろうか。
 久しぶりに前の病院の科長に会い、元気そうだった。僕の仕事はまだ決まるかわからないという話をした。前の病院の雰囲気があまりよくなくて、また看護部長も変わり、体制ががたがたしているようだ。僕を辞めさせた事務部長はあいかわらずやる気の空回りなのだろうか。女性の理事がこんなに自由に出来る病院なのになんでみんな辞めていくのって言っているそうだ。
 科長が今勤めている病院は老朽化しつつも、わりと保守的な経営をしているらしい。リハもPTだけだし、僕はリハビリは別に3つの職種を雇わなくてもいいと思うし、PTだけでやっていけるのなら無理してSTやOTをいれなくてもいいのではないかという話をした。急性期の脳血管Ⅰで算定しているところは売上アップなのかも。ただ運動器は、売上はさほどあがらず、外来が多くなればなるほどあがらないようだ。科長がリハスタッフの昇給を決めているようだが、科長が新人の頃から勤めていた時代からすると昇給は下がりつつはある。給与も下がりつつある。いくらぐらいが適当だろうという話だった。僕は他の病院の昇給を見ていると2000円位が多いですねと言った。
 新しいことに手を出すより、手堅く現状維持のほうがいいのではないかと思い始めている。診療報酬改定するたびに思うのはある程度マスコミなどにより話題になっている事柄に対しては報酬アップしたり、新たに算定できる項目を作ったりしているのと高齢社会になった今としては、療養病床こそ残しておかないといけないのではないかと思っている。老健、特養だけでは足りないし、たいした治療もできないだろう。社会的入院を切り捨ててしまうのはこわいし、まだまだ問題はひきずりそうだ。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ