FC2ブログ

本届く

 医歯薬出版から出た認知症のリハビリテーション栄養が届いて読んでみた。最初は認知症の説明。そして、栄養とリハと口腔ケア、音楽療法のことも書いてあり、僕の感想では、認知症の本だなって思った。リハビリ栄養のところをもっと掘り下げていかないと、単なる認知症の本で終わってしまう。口腔ケアも摂食嚥下も他に本があるので、そこはそんなに掘り下げなくてもいい。ただ認知症のリハ栄養にただ必要な栄養素を与えていても認知症が改善するわけでもなく、リハビリと並行して、認知症の特徴をよく捉えながらみんなでアプローチしてみましょうという感じだ。今後ますます認知症の方が増えるので、こういう関連の本がもっと出てくれたらいいと思う。医歯薬出版は嚥下やリハ栄養関連の図書出してくれるね。
 僕が欲しかったのは老年医学の観点から高齢者とは?老人とは?っていうのもあってもよかったかなとは思った。この本を読んで、よかったところは排泄障害のリハ栄養のところ。あとはBPSDについての記載が多いこと。この分野に積極的にPT,OT、STはまだまだ関われていないのは確かだろう。脳血管障害リハの疾患名にさっさと認知症を対象にすべきだろう。そうしないと算定できない。
 いろいろ書いたけどこのような本に携わることもないし、まだまだ課題のある本なので、第2版以降も作れるようにしているのかもしれないと考えてしまった。毎回僕は本の価格を気にするけれど、この本は定価4000円と税なので内容のわりには高くないと思う。リハ関係の本は5000円以内におさまってほしい。神経心理学の本は高いし、手の届きやすい価格にしてほしい。
 あいかわらず病院見学を申し込んでいる病院からは連絡がなく、もうあきらめようと思う。通勤少し大変そうだし。いつ決まるだろうか?仕事もしてないのに本を買ってしまった。仕事をしてからでもいいのに。金がなくなる。
 新卒は結構雇ってくれても僕のような経験者のわけありはなかなか難しい。悲しいね。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ