FC2ブログ

やりがい

 口の悪いおじいさんの患者がいて退院したけどその後どうなってるんだろうって気になり、その人の家に突撃訪問してみた。そしたらベッドで寝てたけど、けがをしていて転んだらしい。入院してた頃よりも元気がなくてあれだけ元気になって退院したのにがっかり。また入院したらいいのにって思ってしまった。老老介護ってやっぱり大変だね。このおじいさんとにかくわがまますぎて奥さんはふりまわされているような感じだけど、こうやってわがまま言いながら死んでいくんだろうって思った。ある意味これだけ好き勝手言える分うらやましいと思った。僕は我慢ばっかりしているのかもしれない。だから気が病んで、心療内科受診でからだのだるさを訴えて、漢方薬を飲んで様子をみている。
 退院したあとまで患者の保障はできないけど、この患者はもとのかかりつけの病院で再受診することになっていて薬をいったん整理されたようで、皮膚掻痒感がずっとあるまま退院したんだけど治ってはいなかった。うちの病院は患者を雑に扱うので皮膚搔痒があってもほったからし。退院まじかになって薬を処方したけどおそすぎ。本当に人殺し病院はこわいよ。僕はこんな病院でいつまでも働きたくないし、評判が悪すぎる。医師も看護師も質が悪い。今まで勤めた病院でこんなに悪いのははじめて。なんでこんなひどい病院に就職してしまったんだろうって悔やんでしまうけど、次が見つかるまでは仕方ない。
 今日のおじいさんを見て、退院後楽しそうにやってなかったことがものすごくショックだった。僕は、食べさせて、声を出させてきたけれど、その部分以外は全くダメ。栄養士が勧めた配食サービスはまずくてお断りしたそうだ。治療者側の言うことを聞く人と聞かない人はいるだろうけど、こういう結果がだとなんだかこの仕事をやっていて虚しくなるね。ただでさえ虚しくて憂鬱になっていたからこのおじいさんの家に行って元気をもらおうかと思ったけど無理だった。行ってよかったのかもわからない。口は悪いけど人は悪くない。僕たちはそんなに話さないけど、あまり飲まないビールとほんの少しの焼酎のお湯割り、そして奥さんが焼いた肉とスーパーで買ったざるそばのパック。おじいさんと乾杯できただけでもいいかな。食事のあと薬を飲むんだけど、薬を落としてしまい、仕方なく拾って口の中に入れて、あとゼリータイプの薬があってそれを食べさせて素直に食べてくれてよかった。ベッドがあるのに布団で寝ると言い張り、布団まで連れて行った。朝起こすのが大変だと奥さんは言っていた。
 また行ってみたいけど迷惑かなぁ。もう死んでるかもしれない。かわいそうだけど。僕たちは無駄な医療行為をやりすぎているような気がしてならなかった。僕の存在意義もあんまりないし、言語聴覚士としてやってきたけど、空しさだけ残ってしまった。きっと明日以降も強まっていくだろう。
 どうしようもない気持ちでいっぱい。今後、臨床以外の仕事が控えていて、講演したり、次世代の学生たちにSTとは何かを伝えて言ったりするんだけど、耐えられるかなぁ。もう仕事をせずに家でじっとしていたい。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ