FC2ブログ

嚥下ばっかり

 僕の患者のほとんどが嚥下。今日も嚥下評価を医者とした。僕のところはVEだけ。医師がやってくれる。あとオーダーは出ないけど病棟でうろうろしていると、みてって看護師が言って来たり、今日は医師が言ってきて、僕も話を聞いて気になっていたので、評価した。とろみがいやでと家族が言っていて、なるほど、本当に嫌で0割が続いているのかなって思いつつ、僕がみるところをチェックして、思い切って食事内容を変えてみた。となりで一緒にみていた主治医がOKと言ってくれたので変えてみた。もう危ないんじゃないかって主治医は言っていて、家族も最期に食べられるならという思いだった。頭はぼけているようだけど、危ない感じはしなかった。それなりに僕はこの病院で役立てているのかと思っていないとむなしくなるね。STはいらないという病院はある。僕のような経験者は扱いづらいと思う。若手でかためて、ロボットのように言うことを聞かせて喜んでいるスタッフたち。こんな世界にいる僕はだんだん悲しくなってきた。リハスタッフの人口が増えるたびに給与が減り、価値が下がり、とんでもないことになっている。
 僕に話しかけてくれる内科医もほかの医師も僕が嚥下療法士みたいに思っているのだろう。最近失語はみてないし、高次脳はもともとそんなに得意ではないけど、やっぱり今までやってきた嚥下か。今年は糖尿病か認知症の知識を深めたいと思っている。糖尿病は多いね。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ