FC2ブログ

仕事おさめ

 今年もなんとか仕事を続けることができた。この病院にきて2年目。少しずつ僕が何をする人なのかがわかってきたような気がする。病棟の看護師も声をかけてくる。今年は、ホテルでの講演が1回、病院の会議室での地域の専門職への講演が1回とまずまずのペースだった。来年は話す機会があるだろうか?患者層は相変わらずの高齢者ばかり。食べて退院してくれる人もいるけれど、なかなか食べられずに亡くなってしまう患者もいる。石飛先生の平穏死は、病院だと厳しいのかなぁ。過剰な治療も見直していく時期にはきているだろう。なにがなんでも助けなければいけない時代でもないだろう。平穏死関連の本を読んでいると、命には限界があって、それに逆らうかのようにいろんな治療を施すことが自然で人間らしい死を迎えるのにふさわしいことなのか?このテーマはつねに頭の中にあって、ぽっくりいきたいなぁと話す高齢者の話を聞いていると耐性菌がでるほどの抗生剤投与は無謀な気がする。
 超高齢社会でいいことってあるのかなぁ。今年も認知症と運転についてはニュースで取り上げられ、法改正がある。いきなり突っ込んだり、逆走されたらこわい。車がないと不便な地域がどうしてもあるので、どうしたら高齢者が便利に暮らせるのかを考えていかなければいけないだろう。
 出版の夢は叶わなかったが、新聞にまた載ったし、資格関係でいくつか受けて結局落ちたのもあってショックだったけど、まだ結果が来年にならないとわからないのもある。
 自分の体も顎関節症になったり、今年もいろんな薬を飲んだね。
 先日スマスマの最終回を見て、メンバーが事件を起こしながらもなんとかやってきたこと。ちょうど僕と同じ世代のスマップだけにもっと続けてほしかったという気持ちもなくはなかった。彼らが今後どんな道にいくのかはわからないけれど、僕の病院も老朽化が激しく、医師の高齢化もはげしい。このままだと閉院になってしまんじゃないかと思うぐらい危機を感じる。
 同級生のXとさっぱり連絡が取れなくなり、スマホを解約するというメッセージだけきて、その後何もこない。こうやって不自然なかたちで終わっていくのはさみしい。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ