FC2ブログ

ぼくがどこまで

 嚥下改善目的の入院もまれにある。他の病院で専門的な嚥下訓練を受けられず転院してきた患者。今日VEしたけどやっぱり誤嚥していた。覚醒もいまいちだった。PTはそれなりにがんばってくれているんだけどなかなか厳しいかな。VEした先生と話をして今後も経口摂取は厳しいのではという見解にいたった。それを主治医から話してもらうしかない。本当は僕から話すっていうのもあったけどやっぱり主治医がいいんじゃないかって。明日その家族と僕は面談の予定。何か聞きたいことがあるらしい。
 ぼくがどこまで発言していいのかはわからないけど、STにもある程度の権利はあってもいいのかもしれない。
 祖母が亡くなったのは仕方ないんだけど病院から弔電すらないのかって思って話を聞くと、送っていいのか悩んでいたらしい。それで送れなかったと言われた。香典はいらないけど弔電くらいいいんじゃないのって思ったけど。僕の身内の勤務先からはちゃんと送ってきていたのに僕だけなし。気分が悪かった。内科の先生にラインで送ったら院長に言いましょうかってかえってきたけど結局いいですといってしまった。弔電なんかいらないだろうってXに言われたけど、やっぱりいる。この病院退職すべきか悩んでいる。別に働きにくい病院じゃないけど。職員も悪くはないし。ここまで続いたのも職員のおかげだと思っている。金曜、一緒にVEをする先生が食事に連れていってくれた。それだけでもありがたい。こんな僕を相手にしてくれるのだから。基本的に僕にかかわりたいと思う人は少ない。よほどの人だと思う。だから僕は一人でいることのほうが多い。そして生きることに疲れている。
 ブラックペアンの最終回のようにとかいとさえきのやりとりのようなことができたらいいね。僕が尊敬する人っていうのは誰って特定しづらいけど、信頼できる人がそばにいれば仕事はかなりやりやすくなる。もうだめかなって何度も思いながら今までやってきたけど、僕のやりたいことは実現できていないし、今の病院で仲良くできる人もいないし、これからも出てくるのかわからない。ST室にも電子カルテがほしい。だけどお金がないから買えない。ネットにつなげられるパソコンも欲しいけど。以前はあったらしいけど、以前のSTが辞めたときにほかの部署へいってしまった。取り戻すことはできない。新たに買い足すことも厳しい。あまり悪いように考えると息苦しくなる。心が晴れるような出来事を探すしかない。
スポンサーサイト
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ