FC2ブログ

胃痛

 昼食をとっていたとき、はきそうになった。あまりおいしくなかったことと、たいした量でもなかったのに、胸焼けした。
 初めて診た患者はジャーゴン失語?かなと思った。流暢なんだけど何を言ってるかはわからない。たまにまともな言葉も出現。
 訪問言語を探していたらしいけどなかなか見つからずに、たまたま僕の病院に来てくれたのはいいんだけど、交通の便がよくないので通院が大変そうだった。僕は、患者さんと接してみて決まりきった訓練は難しいと判断した。絵カードは拒否するし、絵、文字のポインティングをやってみたけど難しそうだった。症状はほぼ固定してる感じだ。家族の方が期待するのはわかるけど、難しいと思った。無理して訓練するよりも、家でのんびりすごしたほうが刺激にもなるし、訪問看護等を利用してリハビリもするだろうからそのときに簡単な言語訓練プログラムも入れるようだからそれでいいんじゃないかと言った。
 リハ科長の意見で僕にリハスタッフから患者を紹介するようにって言ってくれて2人紹介してくれて診たんだけど、症状自体が軽い方と失語症というよりかは、また別の要因で言語が解体している印象を受けた患者がいた。
 軽い方はほぼ聞き取れる構音障害。本人は多少気にしているようだけど、それは周りのスタッフがそういうから思い込みしてるんじゃないかなって僕は思ってしまった。せっかく紹介してくれて申し訳ないんだけど、軽い方は毎日じゃなくても本人の希望があればやってもよかったかなと思った。
 Xがメールで別に軽かったらフリートークすればって書いてきて、働いている以上は仕事してもらわないとだめと思うのは普通のこと。他のスタッフも軽いとわかっていてもボーッとされるよりかはましと思って紹介してくれるだろうし、相手の気持ちもくんだらと書いていた。
 僕にはこういう発想がなかった。
 確かに軽度の構音障害はあるものの、本人には大丈夫、心配しないでと言えば大丈夫じゃないかと思った。それで訓練をしてもお金の無駄遣いのような気がしてならなかった。言語の解体の症状に関してもいいアプローチ法が見つかるわけでもなく、いたずらに何かをし続けてもお金がもったない気がした。
フリートークをしてもいまいち楽しめなかった。なんだか話の内容がいまいちかみあってなかったかも。
 僕の稼ぎはマイナスだ。点数をあげろとはまだ言われていないけど、このままだともうすぐクビになりそうだ。
 自分が正しいことをしていると思っても、それを突き通せば算定できなくなるし、どんどん自分を追い詰めているようで、それに耐えられなくて家で泣いてしまった。はっきり言って辛い。せっかく紹介してくれた患者の訓練を拒否するわけじゃないんだけど、僕の考えからすると算定するレベルの患者ではないと思った。会って話をする分にはいいけれど、訓練して効果をあげることや維持だとしても算定することにものすごく抵抗するし慎重になるしためらう。
 今朝は2時半に目が覚めてその後眠れなかった。睡眠不足で胃痛で調子が悪い。
 クビになるかもしれないのに、100円ショップで病院で使うものを買ったり、物品を注文したりしているのも不自然。高額な物品は保留になると思う。
ビデオ録画システムとかだけど。
 鏡を見ながら暗いなぁ、なんか不気味だなぁなんて思いながら見つめていた。僕が帰った後スタッフたちはどんな話題をしているだろう。僕は定時に帰っている。
 入職手続きの書類をもらったけどまた誓約書とか保証人がいるとかある。そして給与振込銀行口座は某銀行指定で僕がずっと使っていた銀行には振り込まれなくなってしまったのが残念。銀行口座作るのに、公共料金の領収書もいるみたいでなければ住民票っていうのも面倒。
 ST免許は渡して戻ってきた。あとは検診が控えているが検診前に辞めるかもしれない。
 今、たまたまいたずらから久々に電話が来たので上記のことを話していた。金曜日辞めますと・・・。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ