FC2ブログ

あぁ

 今日も仕事だ。あたりまえだけど行くのはつらい。また何かあるんじゃないかとか思ってしまうけど、まだそんなに恐怖なことは起こっていない。ひたすらダメージを受け続けてもストレスばかりがたまる。
 そんな僕を癒やすものは特別ないけど、苦しい中で今を生きている。
 今日も無事に帰ってきたけど、自分の中で色々考えた結果3月で退職することにした。もう少し頑張ればよかったかもしれないし、頑張れたかもしれないけど、もうこうするしかなかった。嚥下訓練を夕食までみることに抵抗感を感じたのが大きな理由。他にも辞めるまでに至った理由はあるけれど、色々積み重なっていった。掃除や勉強会は残業にはならないことはしかたがない。あとは1日のスケジュールとてらしあわせてたとえば30分ぐらいあいているけどなんでここに患者をいれられなかったのかとかとにかくきちきちにうめていってそれでもはみ出したら残業代を出すという感じ。どうしても患者の都合であとまわしにすることもある。でもそれはわかっていてもスケジュールの時間があいているということでなかなか認めにくい現状があるようだ。
 あと、もう1人のSTからなるべく働いているようにふるまってと言われた。お金をもらっているのだから、ぼーっとしないでと。あともう1人の見学をしているときに疲れたので腕を組んだり足を立ちながら組み始める行動が出てしまい、それも他の職員や患者がみるといい印象じゃないので気をつけてほしいと言われた。
 もう1人のSTが言ってることはもっともだけどだんだん息苦しくなってきた。それで夕食の嚥下評価もしてもらう話になり、ますます息苦しくなった。
 まわりの評価を気にしすぎて委縮し、ストレス増悪。クレームもあるかもしれない。でも心の中ではクレームはしかたないし、これ以上無理してまでバイトをする意味もないだろうと思った。こんな軍隊チックな職場いや。
 今回のスピード退職は誰も理解できないかもしれないけどもう我慢したり気が変になるのは避けたいね。逃げてばかりのようだけど。
 僕は患者の都合で昼食が評価できないときは看護師にまかせていったほうがいいと考えている。でもそれをSTが絶対にその日のうちに初回の評価をしなければいけないというのは間違ってはいないけど、納得することはできなかった。看護師には無理しない程度にということで後日改めて評価をする。でもたまたまだけど患者のスケジュールの都合で今日評価しないと食事変更がだいぶおくれてくしまうケースもあることがわかった。確かに夕食に評価をすれば患者は次の日から食形態をアップして食べられるようになるかもしれない。でもそこまでしていると勤務時間はオーバーするし、どんどん仕事は増えるし、どこかで断らないと身が持たない気がした。僕は究極に頭がおかしいのかもしれない。STとしてどうかしているかもしれない。でもこうするしかなかった。これでまた大切な何かを失ったかもしれない。一生仕事に就けないかもしれない。命がけの結論だった。死も考えてのことだった。
 僕はただ邪魔をしにいっただけかもしれない。そして生活苦になるわけだけど、また別の職場を探さなければ・・・。見つからないかもしれないけれど。
スポンサーサイト



リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

ことばつかい

Author:ことばつかい
「言語聴覚士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

   

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ